月明かりの下、聖女は嗤う

著者:高山千穂

聖女アイラは、聖騎士団と共に魔物の軍勢を討ち取った。
それを祝う宴が始まったが、エスコートするはずの婚約者、皇太子の姿がなく、アイラは聖騎士のディランと共に宴に参加したが……。

月明かりの下、聖女は嗤うのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました