ヘリオトロープの箱庭

著者:水無月

聖女は辛い思いをしていた。それでも、愛する人の為ならばどんなことでも耐えられる。
この愛の為ならば、どんなことでも乗り越えられる。
そう、思っていた。

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました