みこと。@【とばり姫ほかコミカライズ】の小説一覧

小説家になろう

わたくし、恋する相手を盛大に間違えていました。〜婚約していた王子殿下が、私を嵌めようとした結果。

第一王子デュランが、浮気相手を妊娠させた! 王子の正統な婚約者である公爵令嬢イーディスは、デュランの気持ちを自分に振り向かせるため、媚薬を求めて裏町を訪れる。 そこで、"未来から来たイーディス自身"だと名乗る老婆から、起こる未来と、デュランの悪しき計画を知らされて──!? 勘....
著者 : みこと。@【とばり姫ほかコミカライズ】
小説家になろう

ある公爵家における、父親の苦悩~娘が突然「婚約破棄」されたらしい

「大変です! 夜会にてお嬢様が、王太子から婚約破棄されました!!」  公爵邸にもたらされた突然の報せ。その思いがけない内容に、父親である公爵は硬直した──。  お馴染みの婚約破棄テンプレが進行した場合、お父様の心境やいかにと思いを馳せて書いた短編です。  ゆるふわな舞台裏コメディをお楽しみください....
著者 : みこと。@【とばり姫ほかコミカライズ】
小説家になろう

おっとり令嬢ですが、婚約破棄なら受けて立ちましょう!

「リリアーナ・エルデン公爵令嬢! 数々の嫌がらせに気づかないそなたは、未来の国母に相応しくない!」  王太子の婚約者リリアーナは、最近様々な嫌がらせを受けていた。らしいのに、当の彼女はどこ吹く風。 「嫌がらせなんてありましたかしら?」  その、のんびり発言になぜか痺れを切らせた王太子が、婚約破棄....
著者 : みこと。@【とばり姫ほかコミカライズ】
小説家になろう

婚約破棄された令嬢が、「仕返しに元婚約者の彼女を寝取る」と言っておりますが、いやどうやって?

「カロリーナ・ファサンテ伯爵令嬢! お前との婚約を破棄し、俺はこのヴァンナ嬢と結婚する」 婚約相手からの一方的な宣言に、カロリーナは激怒した。 「私がヴァンナ嬢を寝取って、とっておきの屈辱を彼に与えてやるわ!!」 「いやいやいや、待ってカロリーナ。どうしてターゲットが相手の女の子なの、そもそもどうや....
著者 : みこと。@【とばり姫ほかコミカライズ】
小説家になろう

宇宙の果てから絶縁を叫ぶ。~追放聖女を求めても、もう遅い。地球では数百年経ってますから!

とある星で、追放劇が起こった。 婚約破棄されて地球に来た貴族令嬢ティア。 そこで地球人と愛を育み、子をなし、連綿と続く彼女の子孫たちの元へ、ある日、"聖女の血"を求めて宇宙人が来訪した。 やってきたのはティアを追放した元婚約者本人。 地球の数百年が、かの星では半年だったという。テ....
著者 : みこと。@【とばり姫ほかコミカライズ】
小説家になろう

「はなさないで」と言ったのは、きみだったのに。

雪の激しいその夜、一組の夫婦が危機を迎える。 夫と妻、どちらが悪いの? 誤解から始まるすれ違いに、ふたりを待つ未来とは。 昔ばなしをベースに、軽く甘いファンタジーに仕上げました。夜のひとときをお楽しみください(*´v`*) ※1000文字短編。「カクヨム」様にも掲載しています。....
著者 : みこと。@【とばり姫ほかコミカライズ】
小説家になろう

義妹が本物、私は偽物? 追放されたら幸せが待っていました。

 その国には、古くからの取り決めがあった。  "海の神女(みこ)は、最も高貴な者の妃とされるべし"  そして、数十年ぶりの"海神の大祭"前夜、王子の声が響き渡る。 「偽神女スザナを追放しろ! 本当の神女は、ここにいる彼女の妹レンゲだ」  神女として努めて....
著者 : みこと。@【とばり姫ほかコミカライズ】
小説家になろう

【コミカライズ短編】冤罪で投獄ですって?! 地下牢の地縛霊に身体を譲って、逆転を狙った公爵令嬢のお話。

「フィオリーナ・ヴァレンティ公爵令嬢! おまえとの婚約は破棄する!」 第二王子カルロより、謂れのない罪で地下牢に投獄されたフィオリーナは、そこで"城に縛られた霊"と出会う。 「私は人生に絶望したの。良かったら私の身体を使って?」 誰とも知れないモヤ相手に身体を譲っちゃったたけど....
著者 : みこと。@【とばり姫ほかコミカライズ】
小説家になろう

君との思い出が欲しい僕は、"秘宝の帽子"で姿を変える。

好きなのに、拗らせてしまった! 婚約者との関係を悪化させ、後悔の日々を送る王子。 その上お相手の令嬢には恋しい相手が出来たと聞き、婚約解消を決意をするものの。 "最後に笑顔を向けて貰いたい"。 思い出作りのため、プライドを捨て、想う相手の姿に見えるという「変身帽子」でデート....
著者 : みこと。@【とばり姫ほかコミカライズ】
小説家になろう

三日月姫は、満ちる時を待っていた

王国には、ふたりの王女がいた。 離宮に暮らす、骨ばって瘦せっぽちな"三日月姫"と、後妻が生んだ美姫、第二王女の"星夜姫"。 粗暴な北の王からの要請に、三日月姫を嫁がせることで話を纏め、次に王家と家臣は王子を授かるための祈りを神に捧げるが……。 そこで神の起こし....
著者 : みこと。@【とばり姫ほかコミカライズ】