熊ごろうの小説一覧

小説家になろう

家の猫がポーションとってきた。 ~どこからとってきた!?(||゜Д゜)と思ったら我が家の庭からだったので、飼い猫と一緒にダンジョン攻略したいと思います。~

テーブルに置かれた小さな瓶、それにソファーでくつろぐ飼い猫のクロ。それらを前にして島津康平は頭を抱えていた。 ある日どこからかクロが咥えて持ってきた瓶……その正体がポーションだったのだ。 瓶の処理はさておいて、島津は瓶の出所を探るため出掛けたクロの跡を追うが……ついた先は自宅の庭にある納屋だった。....
著者 : 熊ごろう
小説家になろう

俺んちダンジョンあるらしい ~ある日、飼い猫が咥えてきた瓶、その正体はポーションでした。 せっかくなのでお宝求めて攻略したいと思います~

『タイトル変えてみました、すみません。 旧題 うちの猫がポーションとってきた。』 テーブルに置かれた小さな瓶、それにソファーでくつろぐ飼い猫のクロ。それらを前にして島津康平は頭を抱えていた。 ある日どこからかクロが咥えて持ってきた瓶……その正体がポーションだったのだ。 瓶の処理はさておいて、島津は....
著者 : 熊ごろう
小説家になろう

家の猫がポーションとってきた。 ~お庭にダンジョン出来とった(´・ω・`)

テーブルに置かれた小さな瓶、それにソファーで寛ぐ飼い猫の「クロ」。それらを前にして「島津康平」は頭を抱えていた。 ある日どこからか「クロ」が咥えて持ってきた瓶……その正体がポーションだったのだ。 瓶の処理はさておいて、「島津」は瓶の出所を探るため出掛けた「クロ」の跡を追うが……ついた先は自宅の庭に....
著者 : 熊ごろう
カクヨム

家の猫がポーションとってきた。

両親と死別し飼い猫のクロと二人静かに暮らす主人公。 そんなある日、クロが瓶を咥えて持ってきて……。日常の中に急に現れたダンジョン……主人公はある目的のためダンジョンの攻略を決意する。 短編を長編化したものです。しばらくは毎日更新予定です。....
著者 : 熊ごろう
タイトルとURLをコピーしました