蒼月浩二の小説一覧

小説家になろう

劣等紋の超越ヒーラー  〜「お前の回復魔法が必要なんだ」と頼んできてももう遅い〜《毎日更新中 ※明日も更新します》

「聞こえなかったか? 周りくどい言い方をしたが、要するにお前はお払い箱。追放するってことだ」 回復術士としてSランクパーティに長年貢献してきたユージは、劣等紋はパーティのお荷物だという理由で追放されてしまう。 しかし、 (え、俺を本当に追い出していいの……?) 追放したSランクパーティは知らな....
著者 : 蒼月浩二
小説家になろう

劣等紋の超越ヒーラー  〜「お前の回復魔法が必要なんだ」と頼んできてももう遅い〜《期間限定増量中!》

「聞こえなかったか? 周りくどい言い方をしたが、要するにお前はお払い箱。追放するってことだ」 回復術士としてSランクパーティに長年貢献してきたユージは、劣等紋はパーティのお荷物だという理由で追放されてしまう。 しかし、 (え、俺を本当に追い出していいの……?) 追放したSランクパーティは知らな....
著者 : 蒼月浩二
小説家になろう

劣等紋の超越ヒーラー  〜「お前の回復魔法が必要なんだ」と頼んできてももう遅い〜《新ストーリー解禁!》

「聞こえなかったか? 周りくどい言い方をしたが、要するにお前はお払い箱。追放するってことだ」 回復術士としてSランクパーティに長年貢献してきたユージは、劣等紋はパーティのお荷物だという理由で追放されてしまう。 しかし、 (え、俺を本当に追い出していいの……?) 追放したSランクパーティは知らな....
著者 : 蒼月浩二
小説家になろう

劣等紋の超越ヒーラー 〜「お前の回復魔法が必要なんだ」と頼んできてももう遅い〜

「聞こえなかったか? 周りくどい言い方をしたが、要するにお前はお払い箱。追放するってことだ」 回復術士としてSランクパーティに長年貢献してきたユージは、劣等紋はパーティのお荷物だという理由で追放されてしまう。 ソロ冒険者となったユージは厳しい世の中を一人で生き抜くハメになったのだが……。 「あれ....
著者 : 蒼月浩二
カクヨム

劣等賢者の学院無双 〜現代知識と努力チートで世界最強〜

働き詰めで過労死した社畜は、前世の努力がチートとして報われて異世界に転生する。 前世の記憶を引き継ぎ、生まれながらにして恵まれた能力を持つアレンは、十五歳になり王都の高等魔法学院へと入学することになった。 辺境の貴族として育ったアレンは、自身の能力を客観視できていなかった。 「あれ……? 俺またなん....
著者 : 蒼月浩二
小説家になろう

転生無敗の異世界賢者 〜「勇者じゃないから」と追放されたが世界最強〜

ぶっ壊れキャラ『賢者』で人気ネットゲームのラスボスを倒した祐樹は、強制的に異世界に転生した。 目が覚めると、そこは7人の勇者と王様が集まっていた。 8人目の勇者として召喚された祐樹。 しかし、 「賢者? 知らんな。勇者じゃないのならば去るがよい!」 一方的に追放された祐樹は、一文無しで異世界を生き抜....
著者 : 蒼月浩二
タイトルとURLをコピーしました