雲雀湯の小説一覧

小説家になろう

転校先の清楚可憐な美少女が、昔男子と思って一緒に遊んだ幼馴染だった件~あれ、俺の前でだけ昔のノリって、いや、ちょっと!~

再会した幼馴染は、清楚可憐な美少女になっていた。 「久しぶりですね、隼人」 「はるき、なのか?」 かつて田舎で一緒に泥だらけになって遊んでいたガキ大将で、てっきり男だと思っていたにも関わらず、目の前にはあの頃の面影もない清楚可憐な大和撫子――というのは外向けの姿。俺の前でだけは被った猫をかなぐり....
著者 : 雲雀湯
小説家になろう

転校先の清楚可憐な美少女が、昔男子と思って一緒に遊んだ幼馴染だったのだが~あれ、俺の前でだけ昔のノリって、いや、ちょっと!~

再会した幼馴染は、清楚可憐な美少女になっていた。 「久しぶりですね、隼人」 「はるき、なのか?」 かつて田舎で一緒に泥だらけになって遊んでいたガキ大将で、てっきり男だと思っていたにも関わらず、目の前にはあの頃の面影もない清楚可憐な大和撫子――というのは外向けの姿。俺の前でだけは被った猫をかなぐり....
著者 : 雲雀湯
小説家になろう

転校先にいた清楚可憐な美少女が、昔一緒に泥だらけになって遊んだ幼馴染だった~あれ、俺の前でだけ昔のノリって、いや、ちょっと!~

再会した幼馴染は、清楚可憐な美少女になっていた。 「久しぶりですね、隼人」 「はるき、なのか?」 かつて田舎で一緒に泥だらけになって遊んでいたガキ大将で、てっきり男だと思っていたにも関わらず、目の前にはあの頃の面影もない清楚可憐な大和撫子――というのは外向けの姿。俺の前でだけは被った猫をかなぐり....
著者 : 雲雀湯
小説家になろう

転校先にいた清楚可憐な美少女が、昔一緒に泥だらけになって遊んだ幼馴染だった件~あれ、俺の前でだけ昔のノリって、いや、ちょっと!~

「久しぶりですね、隼人」 「はるき、なのか?」 田舎で一緒に泥だらけになって遊んでいたガキ大将な幼馴染は、7年ぶりに再会したら清楚可憐な美少女になっていた。 てっきり男だと思っていたにも関わらず、目の前にはあの頃の面影もない清楚可憐な大和撫子――というのは外向けの姿。隼人の前でだけは被った猫をかな....
著者 : 雲雀湯
タイトルとURLをコピーしました