未恋─みれん

著者:九条睦月

上司との恋に破れ、会社に居づらくなり退職。その後、就活が上手くいかずバイト暮らしの細谷美青(ほそや・みお)。
30歳を目前にしても誕生日を祝ってくれる恋人もいず、生活に追われる日々。
ある日、新しいバイトの歓迎会で飲み潰れ、アパートに辿り着く前に行き倒れてしまう。そんな美青を助けたのは、14年前に親の再婚で義弟となった細谷一颯(ほそや・いぶき)。
出会った頃は仲の良かった姉弟だったが、一颯の大学進学を機に疎遠になっていたこともあり、何故一颯がここにいるのかわからない。
七年ぶりの再会だったが、一颯の第一声は辛辣なものだった──。

コメント

タイトルとURLをコピーしました