縁の下のチカラモチャー ~僕だけが知っているスキルツリーの先~

著者:ポルカ

魔王の最期の呪いを受けた僧戦士(クルセイダー)サクヤは、勇者パーティの中で一人だけ『997の回廊』に囚われ、大量の悪魔と戦う運命に陥る。
気が遠くなるような日々の果て、なんとかその回廊を抜けたサクヤは気づく。
あら大変。
ありえない量のスキルポイントが貯まっていた!
しかも回廊にあった桃を食べまくったせいで、若返っている!?
若返ったせいで、地上に戻ると学園に放り込まれてしまうオチつき。
「まぁいいや。魔王も倒したし、あとは理想に生きよう」
リーダーや主役ではないけれど、脇でしっかり仕事をして全体にモーレツに貢献する人、「縁の下の力持ち」。
サクヤは人生の目標としていたソレに没頭すべく日々奮闘し始めるが、なぜか他人の事情に巻き込まれて……!?
コメディ・シリアスあります。
安心して読める展開を目指します。
ぜひ立ち読みしていってくださいませ。LINEノベル、アルファポリス様でも連載中です。
『なろう』にて2019年6月、異世界転移転生の日間、週間、月間ランキングで一位を頂戴しました。
皆様、本当にありがとうございます! …続きを読む

縁の下のチカラモチャー ~僕だけが知っているスキルツリーの先~のページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました