コミュ障男子君〜アルバイトとして家庭教師を始めたら教え子が学校一の美少女だった。

人とコミュニケーションをとるのが苦手な恒星(こうせい)は学校にいても誰とも話すことができずいつも一人でいた。
恒星はそんな自分のことが嫌いで嫌いで仕方がなかった。
そのこと母親に相談した結果アルバイトとして家庭教師進められた。そう恒星は勉強だけは得意だったのだ。
あまり乗り気ではない恒星も自分の苦手を克服するためアルバイトを始めることにした。
恒星が家庭教師として教えることになった相手はそう学園一の美少女だった。

コミュ障男子君〜アルバイトとして家庭教師を始めたら教え子が学校一の美少女だった。のページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました