塩対応で有名なアイドルは、彼女になると神対応だった

著者:三葉空

 須藤正樹、26歳。サラリーマンで、アイドルオタク。
 彼は国民的アイドルグループ『フォーリンズ』のメンバー、塩山すみれが推しメンだ。
 ある時、正樹はすみれに対する想いが募り、握手会で連絡先を書いた紙を渡してしまう。
 アイドルに告白をするという、ファンにとってタブーを犯してしまった。
 正樹はこれを機に、もうすみれのライブには足を運ばない覚悟だった。
 アイドルと付き合うなんて無理。しかも、相手は塩対応アイドル。
 100%連絡なんて来ないと思っていた。
 だが、しばらくして連絡が返って来た。
 しかも、返事はオーケー。
 すみれはこれを機に、アイドルを引退すると言う。
 そして一年後、すみれの引退を機に、二人は正式にカップルになった。
 すみれは塩対応ちゃん。
 だから、プライベートもそんな感じだろうと思っていた。
 正樹はMの気があるから、それも平気だろうと。
 しかし、付き合った途端、すみれは正樹にだけ神対応をしてくれる。
 塩対応アイドルは、彼氏に対してだけはデレまくりの神対応だった。
*この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。…続きを読む

コメント

タイトルとURLをコピーしました