俺は知らないうちに学校一の美少女を口説いていたらしい

 主人公は塩対応で有名な学校一の美少女とひょんなことから関わりを持ち始め、ゆっくりと惹かれていく。
 そんな主人公はバイト先の地味なメガネ女子と相談関係になっていた。
 自分の相談相手が想い人本人だと気付かず、ひたすらその募った想いを相談相手(本人)に語り、惚気続ける。
 ヒロインは惚気の相手が自分のことだと気付き、主人公の想いに照れながらもだんだんと惹かれ、そして積極的に攻め始める。
 カタツムリよりも遅いスピードで進行するじれったい2人の物語。

俺は知らないうちに学校一の美少女を口説いていたらしいのページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました