幼馴染の恋人に裏切られパーティを脱退した勇者のスキルが【反転】する〜何故か偶然出会った聖女が付きまっとてくる(放っておけないだけです)が無視だ(しないでください!)〜

著者:翔丸

【8000PV突破、フォロー300人に感謝です!】
ある日の事だった。
もう一人の【勇者】で仲間である男とファルの交わる姿を目の当たりにしてしまう。
ソリトの気配に気付いた最低【勇者】はソリトにファルを恋人として紹介された。
否定も助けも求めずただ恍惚した表現でファルはされ続けていた。
裏切られた事を理解した。
そして、ソリトはパーティーを脱退する。
パーティーから抜けたソリトは一人で森のなかにいた。その途中、魔物と遭遇し討伐していった。
「愛していようと結局は人は裏切る。だったら俺は誰も信じない」とソリトは心を閉ざした。
その時、パーティーにいた頃よりも強力な力を発揮した。
ソリトの勇者としての真価は仲間と自分の能力を相乗させた分だけ強化する【調和の勇者】というものだった。
それが反転し【孤高の勇者】というスキルとなっていた。
その能力は一人である限り、能力が底上げされ、経験を積めば積むほど相乗するという物だった。
スキル名同様に一人で生きることを決めたソリト。
だが、ある日立ち寄った街で女子を偶然助けたのだが、その女子は聖女でそれがきっかけで付き纏うようになった。
突き放しながらもしつこいが「しつこくありません!」無視しつつ「しないでください」魔王討伐の旅をするソリトと付き纏うようになった聖女との出会いから日々が始まる。
聖女「だから付き纏ってません!」…続きを読む

幼馴染の恋人に裏切られパーティを脱退した勇者のスキルが【反転】する〜何故か偶然出会った聖女が付きまっとてくる(放っておけないだけです)が無視だ(しないでください!)〜のページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました