すれ違いの小説一覧

小説家になろう

傷痕姫の契約結婚

 裕福な侯爵家の令嬢として生まれ、その美貌を称賛されてきたエステルはあるとき、顔に醜い火傷を負ってしまう。以来、彼女は「傷痕姫」と人々に罵られながら生きてきた。  やがてエステルは、自分に唯一親切にしてくれた心優しい子爵令息ソルに恋をする。初めての恋に胸を弾ませていた矢先、ソルが自分に近づいてきたの....
著者 : 染井由乃
小説家になろう

何でもない日の空騒ぎ

バニスター公爵家のブランシェットは婚約者である第二王子からある贈り物を受け取った。そこから始まってすぐ終わる、とある何でもない日の話。....
著者 : 総
小説家になろう

幼馴染み同士で婚約した私達は、何があっても結婚すると思っていた。【レオン視点加筆】

領地が隣の田舎貴族同士で爵位も釣り合うからと親が決めた婚約者レオン。 学園を卒業したら幼馴染みでもある彼と結婚するのだとローラは素直に受け入れていた。 しかし、ふたりで王都の学園に通うようになったある日、『王都に居られるのは学生の間だけだ。その間だけでも、お互い自由に、世界を広げておくべきだと思う』....
著者 : 喜楽直人
小説家になろう

婚約解消になった僕に、何故か王女が求愛してきたんだが

 ノルベルトは困惑していた。目の前には自分の婚約者であるエミーリア、そして彼女の浮気相手であるヴィリーという男性が婚約破棄を求めていたからだ。二人に後で話し合いたい、と言っても相手は聞く耳を持たない。放置もできずどうすべきか、と悩んでいたところ、そこに現れたのは商談相手である第二王子殿下と王女殿下だ....
著者 : 柚木ゆきこ
小説家になろう

夫に顧みられない王妃は、人間をやめることにしました~もふもふ自由なセカンドライフを謳歌するつもりだったのに、何故かペットにされています!~

もう耐えられない! 隣国から嫁いで五年。一度も国王である夫から関心を示されず白い結婚を続けていた王妃フィリエルはついに決断した。 わたし、もう王妃やめる! 政略結婚だから、ある程度の覚悟はしていた。けれども幼い日に淡い恋心を抱いて以来、ずっと片思いをしていた相手から冷たくされる日々に、フィリエルの心....
著者 : 狭山ひびき@3/1転生料理研究家~➂発売
小説家になろう

今日も私はおしゃべり殿下のお口をふさぐ。

プチプチと文句を言っては、なかなか働こうとしない、おしゃべりな王太子殿下。 「煩いですよ」  つい。 強い言葉で怒ってしまいます。 でも、殿下は口を尖らせて更におしゃべり。 このおしゃべり殿下を黙らせる方法はあるのかしら?       ******       閲覧ありがとうございます! こち....
著者 : 笛路
小説家になろう

君のことを好きにはなれないと言われたので、白い結婚を続けて離縁を目指します【なろう版】

「君のことを好きにはなれないかもしれない」初夜を迎えるはずであったセレーナは、結婚したばかりの夫オスカーからそう告げられた。さらにオスカーはセレーナの容姿が好みではないと言い出し、セレーナ以外に想い人がいる様子。少なからずオスカーに惹かれて嫁いだセレーナは愛されることのない結婚生活を悲観して、白い結....
著者 : 桜百合
小説家になろう

ドアマット令嬢はカワセミの求愛に憧れる

 タイトルを一部変更します。  生まれたとき、期待されていた魔力がゼロだと認定された私は、伯爵である父の大きな期待を裏切った。そのため父に愛されることはなく、罵倒されて育った。  そして八歳のときに魔術師だった母親がなくなると、父親は子連れ女性と再婚し、今度は三人で私を虐待し始めた。その上使用人達....
著者 : 悠木 源基
小説家になろう

白い結婚成立まであと1カ月……なのに、急に家に帰ってきた旦那様の溺愛が止まりません!?

3年間放置された妻、カティリアは白い結婚を宣言し、この結婚を無効にしようと決意していた。 しかし白い結婚が認められる3年を目前にして戦地から帰ってきた夫は彼女を溺愛しはじめて……。 夫は妻が大好き。勘違いすれ違いからの溺愛物語。....
著者 : 氷雨そら
小説家になろう

消えかけ聖女が思い出作りをしてみたら

聖女エルシーは魔王討伐時に受けた呪詛により体が退行してしまった。 このまま放っておいたら完全に消滅してしまう。 元の姿に戻るための旅に出ようとしたら、なぜか筆頭魔術師ルイスが同行を申し出てきた。 憧れの人との二人旅。いつもエルシーにだけ塩対応なルイスに積極的になってみたら、あれれ? 彼の様子が何だか....
著者 : 白崎まこと