もう遅いの小説一覧

小説家になろう

勇者パーティー追放からの故郷壊滅。回復術師は魔王軍幹部の吸血鬼と契約して得た禁術・リミッター解除で復讐してやる。「戻ってきたら許してやる」なんて口をよく叩けるね?

女神エリアのお告げにより勇者パーティーの回復術師として仲間になったクロム。 しかし、結界の聖女アスミナのクロムに対する好意に気付いてた勇者アルトと聖騎士ルーク、そして王族と貴族たちは邪魔なクロムを排除し、見せしめにクロムの故郷の村を焼き滅ぼした。 絶望したクロムの前に現れたのは魔王軍幹部だという吸....
著者 : 黒海 赤那
カクヨム

唯一無二の最強テイマー 〜最強の種族をテイム出来るのは俺だけです。俺の力を認めず【門前払い】したのはそっちでしょう。俺を認めてくれる人の所で過ごすつもりなので、戻るつもりはありません〜

 テイマーという職業は、魔物をテイムし、使い魔として使うことの出来る職業。  それがテイマー。  それが、主人公コハクの天職である。  ただコハクは、普通の魔物をテイムすることが出来ない。  そのため【無能】のレッテルを貼られ、どこのギルドでも【門前払い】されていた。  しかし彼は、ある特殊な魔物だ....
著者 : 赤金武蔵
小説家になろう

幼馴染とイケメンに部活を追い出された元マネージャーの俺、落ち込んでたら学校一の美少女に声をかけられてクラブチームに連れていかれた件 ~部活の運営が面倒だから戻って来い?今更俺に頼ってきてももう遅い~

「お前、明日からもう部活に来んな」 高校二年の九月の初め、卓球部のマネージャーをしていた俺——天野 蓮は、部長である同級生の男に言い渡された。 理由は単純。マネージャーの俺が練習を指示していたのがウザいからだそうだ。 サボっていたならまだしも、マネージャーの仕事をこなしつつ、練習メニューを作れ....
著者 : ユウキ
小説家になろう

幼馴染とイケメンに部活を追い出された元マネージャーの俺、落ち込んでたら学校一の美少女に声をかけられてクラブチームに連れていかれた件 ~部活の運営が面倒だから戻って来い?今更俺に頼ってきてももう遅い~

「お前、明日からもう部活に来んな」 高校二年の九月の初め、卓球部のマネージャーをしていた俺——天野 蓮は、部長である同級生の男に言い渡された。 理由は単純。マネージャーの俺が練習を指示していたのがウザいからだそうだ。 サボっていたならまだしも、マネージャーの仕事をこなしつつ、練習メニューを作れ....
著者 : ユウキ
小説家になろう

幼馴染とイケメンに部活を追い出された元マネージャーの俺、落ち込んでたら学校一の美少女に声をかけられてクラブチームに連れていかれた件 ~部活の運営が面倒だから戻って来い?今更俺に頼ってきてももう遅い~

「お前、明日からもう部活に来んな」 高校二年の九月の初め、卓球部のマネージャーをしていた俺——天野 蓮は、部長である同級生の男に言い渡された。 理由は単純。マネージャーの俺が練習を指示していたのがウザいからだそうだ。 サボっていたならまだしも、マネージャーの仕事をこなしつつ、練習メニューを作れ....
著者 : ユウキ
小説家になろう

僕をイジメていた黒幕は幼馴染のアイツだった。

――僕をイジメていた黒幕は幼馴染の瀬戸渚だった。 そして、彼女の歪んだ愛情が僕を変えてしまった。 1年後、学力・運動・容姿、あらゆる能力を鍛えた俺はこの町に帰ってきた。その目的とは―― 『復讐』 上履きを隠されるなんて序の口、 俺が触れた物すべてを汚物のように扱われ、 班決めでは毎回最後まで....
著者 : たかやなぎ
小説家になろう

勇者パーティを追放された何でも屋の俺は、唯一にして最強のスキル「全肯定」で全てを手に入れる事にしました~やっぱりお前が必要だから国に居てくれって言われたけど、敬語もつけずに何言ってんの?~

 生まれた時に与えられる、スキルという名の才能。  それを一つも持たず、けれど剣も魔法もそれなりに使える何でも屋のゲインは、ある日勇者パーティから追放されてしまう。  理由を聞くと、「お前のようなスキルもない奴は、これからの戦いでは役立たずだから」と、幼馴染の女勇者に言われてしまった。  だが別れ....
著者 : 赤沙汰奈
小説家になろう

幼馴染とイケメンに部活を追い出された元マネージャーの俺、落ち込んでたら学校一の美少女に声をかけられてクラブチームに連れていかれた件 ~部活の運営が面倒だから戻って来い?今更俺に頼ってきてももう遅い~

「お前、明日からもう部活に来んな」 高校二年の九月の初め、卓球部のマネージャーをしていた俺——天野 蓮は、部長である同級生の男に言い渡された。 理由は単純。マネージャーの俺が練習を指示していたのがウザいからだそうだ。 サボっていたならまだしも、マネージャーの仕事をこなしつつ、練習メニューを作れ....
著者 : ユウキ
小説家になろう

【連載版】理不尽に宮廷を追い出された天才発明家、異種族混合国家を発展させる ~近い将来、魔道具不足で国は崩壊しますけど私なしで大丈夫ですか? 懇願されても私を罪人扱いする国に今更戻る気はないですけど~

国を出た天才発明家と護衛騎士が、異種族たちが暮らす島で国造り!? 二百年前に起こった種族間戦争。その勝者となった人類種が暮らすマナタルト王国は、魔道具技術の発達と共に発展を遂げた。 王宮では更なる文明発展を目指し、優秀な発明家が日々研究に勤しんでいる。その中でも異端とされる女研究者サクラ・ハーウェ....
著者 : 日之影ソラ
小説家になろう

国を支えていた麒麟児は追放されて野生児になる  ~俺がいなくなって国が落ちぶれたと言われても困ります。だって王宮の空気悪いですし。俺に頼らずに頑張ってください。旅のついでに世界を救わないといけないし~

 あまり笑わないという理由で忌み子扱いされ、常軌を逸した教育を受けていた公爵家長男クウガ・グロタニカは、その圧倒的な神の如き才能で成長し、魔術師としてもテイマーとしても薬師としても発明家としても騎士としても武器職人としても外交官としても内政においても国にいなければならない存在になっていた。しかし、そ....
著者 : 有岡白鷺
タイトルとURLをコピーしました