もう遅いの小説一覧

小説家になろう

「お弁当には私もつけますか?」 常連になっていた弁当屋で夕飯をテイクアウトしたら、何故か美女がセットでついてきた件

ヤンデレ気味なオトナの女性に好かれてしまったら、貴方はどうしますか? 普通の会社員だった井出 誠(いで まこと)は仕事終わりの楽しみがあった。 それは自宅の近くにあるお弁当屋さんの食事だった。 彼は仕事が終わると、そのお弁当屋『グゥの音亭』へと向かう。ワンコインで買える美味しい食事、そして美人のオー....
著者 : PON!ぽこ
小説家になろう

【書籍化&漫画化】追放されたチート付与魔術師は気ままなセカンドライフを謳歌する。俺は武器だけじゃなく、あらゆるものに『強化ポイント』を付与できるし、いつでも効果を解除できるけど、残った人たち大丈夫?

【Kラノベブックス様から書籍化決定&マガジンR様他でコミカライズ連載中です!】 あらゆる武器や防具などに『強化ポイント』を与え、強化できる──付与魔術師レインはある日、所属していた冒険者ギルドを突然クビになった。 「ギルド中の武器や防具は全部強化された。おかげでこのギルドは大陸最強になった。もうお....
著者 : 六志麻あさ @8シリーズ書籍化
小説家になろう

無愛想なギャルの胸を触ってしまったと思ったら婚約していた

高校二年生の真人は、凝り固まった身体をほぐそうと背伸びをした瞬間に、何か柔らかいものに触れてしまう。驚くほど気持ちのいい感触。真人の手が触れてしまっていたのは大きなお胸だった。その胸がいったい誰のものかといえば、真人の後ろの席にいるギャル、愛のものだ。愛はクラスでも男子の憧れになるような美貌の持ち主....
著者 : 美濃由乃
小説家になろう

ルーシャのパン工場〜村長の息子から婚約破棄「雑草なんかと付き合えるかよ」と捨てられた。畑まで奪われた私は、雑草の実を使ってパンを作り始めて大成功。「やり直したい」と言われても、呆れてモノが言えません〜

村長の息子と婚約したルーシャは突然振られる。しかも先祖代々受け継いだ畑まで奪われてしまった。 食うに困ったルーシャは雑草であるギームの実からパンを作ることにした。そのパンが凄まじく美味しい。 母の勧めでパンを売ることにしたのだが、飛ぶように売れる。そんなパンが公爵の息子にも知れて……。 ルーシャは憧....
著者 : 猫好き天太
小説家になろう

取り返せないこともある

「当て馬にも心がある」 https://ncode.syosetu.com/n8355hf/ ↑の主人公アリーチェのその後や周囲の人たちの話です。 タイトルのとおり、もう取り返せないことや、後悔、懺悔、そして仄かな希望(があるはず)の話です。 「当て馬」を読んでいないと分かりませんので、読ん....
著者 : 千東風子
小説家になろう

弟のように思っていた年下幼馴染、実は女の子でした〜知らずにルームシェアを提案してしまった俺の末路……全部幼馴染の計算通りだったようです〜

年の離れた幼馴染って良いよねっていうだけのお話。 更に実は女の子だったって言うシチュ良いよねっていう癖をごった煮にしたお話。....
著者 : バルサミ子
アルファポリス

Sランクギルドから追放されたEXランク陰陽師は新人達を凄腕に育てる〜え?戻ってこい?だから俺がいなくなったら困るのお前らだって言ったじゃん〜

sランクギルドから追放された凄腕陰陽師のエクティス・ウォーカー、彼は強すぎるあまり魔物退治やダンジョン探索が退屈だったので基本的に味方にバフをかけたり、新人育成に力を入れてると、組織が成長しきった現状、お前は無用の長物、さらに戦闘中は何もしてないと的外れなことを言われる、しかし彼はそんなこと眼中にな....
著者 : 太郎太刀
小説家になろう

悪役令嬢が悪すぎて怖すぎて王子が婚約破棄できない話

「あ、アレクシア・バートレット公爵令嬢! きっ、君との婚約は、破棄しゅる――!」 僕――エドワード王子の婚約者である「悪役令嬢」ことアレクシアは、僕より五つ年上の二十二歳。王国の汚れ仕事を一身に請け負ってきた公爵家の一人娘であり、様々な体術や暗殺術、諜報術に長けるアレクシアと僕の婚約は、王家と公....
著者 : 佐々木鏡石@『がんばれ農強聖女』12/20発売
小説家になろう

外れスキル《目覚まし》~雑魚スキルだと言われて実家から追放されたけど、実は眠っている神々を起こすことができるスキルでした。今更帰ってこいと言われても遅い。これからは目覚めた神々と最強の領地を作ります~

この世界では人生で一度だけスキルを授かることができる。 優秀な領主である父アルフォンスの息子として、カイトも素晴らしいスキルを授かることが期待されていた。 しかし、カイトは《目覚まし》という外れスキルを獲得してしまう。 その日からカイトに対しての風当たりは強くなり、領地も劣悪なものしか与えられなかっ....
著者 : 原案・監修:はにゅう 執筆:五木友人
小説家になろう

回復術士だと思っていたら、世界で最初の衛生兵でした! ~応急手当しかできないと罵倒され、勇者パーティを追放されたヒーラー。最前線で救うべき命が多すぎて、いまさら戻ってこいといわれても判断が遅い!~

「ちぎれた手足も治せないヒーラーとか、要らないんだよねぇ!」 主人公エイダ・エーデルワイスは、ある日パーティーリーダーであるドベルクに呼び出され、戦力外通告を受ける。 貧民同然として生きてきたエイダは、自分を拾ってくれたパーティーメンバーに恩義を果たすため、甲斐甲斐しく尽くしてきた。 回復術士も....
著者 : 雪車町地蔵
タイトルとURLをコピーしました