ギャグの小説一覧

小説家になろう

「雑魚には鍛冶がお似合いだwww」と言われた鍛治レベル9999の俺、ギルドを追放されたので冒険者になり最強武器で無双する〜戻ってこいと言われてもお前らに作ってやる武器なんてないぞ?〜

 武闘派ギルド『白銀の翼』の鍛冶師マキナ。リーダーのジュダルを始め、メンバーの彼に対する態度、武器の扱いは余りにも酷い物だった。 「常に戦える奴の方が偉いんだよ、武器弄りなんざ雑魚にも出来らぁww」  そんなマキナはある日、  彼の給料より武器屋で武器を揃えた方が安上がりだという理由で『白銀の....
著者 : 針谷慶太
小説家になろう

【書籍化】死んでも推します!!~人生二度目の公爵令嬢、今度は男装騎士になって最推し婚約者をお救いします~

※書籍化・コミカライズ決定しました! 黒髪! 長髪! 冷たい瞳の超美形! ついでに帝国一の騎士団長!! 公爵令嬢セレーナには『推し』がいる。超美形で有能軍人な婚約者だ。 肖像画を見た瞬間ただのファンと化したセレーナは、せっせと推し事に励み続けた。 ところが、結婚の三日前に婚約者ともども暗殺されて....
著者 : 栗原ちひろ
小説家になろう

「メンテなんて要らねえ!」と勇者パーティを追放されたゴーレム技師、実は世界唯一の存在だった~最強ゴーレムを開発して戦闘もダンジョン開拓も全自動化。え、今更助けて欲しい?メンテなんて要らないんだよね?

※10万文字まで書き溜め作成済です!! ※毎日更新!!  ナット=ソイルレットは、世界で唯一命令に従って動く土人形【ゴーレム】を作ることができる少年だ。  ナットが所属する勇者パーティーでは、ナットが作ったゴーレムが戦闘要員兼荷物持ちとして大活躍していた。  しかし、 「ゴーレムのメンテナン....
著者 : 音速炒飯
小説家になろう

婚約者がクズ王太子なので一発殴ろうと思います!!

公爵令嬢であり、この国の王太子・アルベルトの婚約者でもあるサクラは、日々鬱屈を溜めつつも拳を磨いていた。仕事を彼女に押し付け、愛人を部屋に連れ込んでばかりいるクズ王太子にその渾身の一撃をお見舞いする為に!常に攻撃の隙を伺う彼女の周囲では、異世界から聖女が訪れたり、第二王子にアプローチされたりと様々な....
著者 : 林檎
小説家になろう

「雑魚には鍛冶がお似合いだwww」と言われた鍛治レベル9999の俺、ギルドを追放されたので冒険者になり最強武器で無双する〜戻ってこいと言われてもお前らに作ってやる武器なんてないぞ?〜

 武闘派ギルド『白銀の翼』の鍛冶師マキナ。リーダーのジュダルを始め、メンバーの彼に対する態度、武器の扱いは余りにも酷い物だった。 「常に戦える奴の方が偉いんだよ、武器弄りなんざ雑魚にも出来らぁww」  そんなマキナはある日、  彼の給料より武器屋で武器を揃えた方が安上がりだという理由で『白銀の....
著者 : 針谷慶太
小説家になろう

「雑魚には鍛冶がお似合いだwww」と言われた鍛治レベル9999の俺、ギルドを追放されたので冒険者になり最強武器で無双する〜戻ってこいと言われてもお前らに作ってやる武器なんてないぞ?〜

 武闘派ギルド『白銀の翼』の鍛冶師マキナ。リーダーのジュダルを始め、メンバーの彼に対する態度、武器の扱いは余りにも酷い物だった。 「常に戦える奴の方が偉いんだよ、武器弄りなんざ雑魚にも出来らぁww」  そんなマキナはある日、  彼の給料より武器屋で武器を揃えた方が安上がりだという理由で『白銀の....
著者 : 針谷慶太
小説家になろう

ぽぽぽぽいぞなぁ!~物騒すぎるジョブになっちゃったので、私、スローライフは諦めます~

元廃人ゲーマーの空町タカコ(25歳)は死んだと思いきや異世界に転生していた。 そこはゲームとは全く無関係の、剣と魔法の世界。しかも職(ジョブ)によって全てが変わる世界。 魔物あふれる危険な世界の村娘として生をうけた彼女――ピーゾンは安心安全なスローライフを夢見ていた。 しかし十歳の『職決めの儀』にて....
著者 : 藤原キリオ
小説家になろう

【完結】【連載版】わたくしは根っからの悪役令嬢ですが、婚約者がエキセントリックすぎて出る幕がありませんわ!

根っからの悪役令嬢エレオノーラは古今東西の悪役令嬢と同じく傲慢で高飛車なあくどい女である。王太子に一目ぼれした彼女は父親の権力を使って無理やり婚約者の座を手に入れ、さらに嫉妬深い彼女は王太子に近寄る女を除去しようとたくらむ。ところが、エレオノーラにぞっこんな上に人格破綻者の王太子はそんな隙を見せない....
著者 : りったん
小説家になろう

クラスの彼女にしたいランキング一位が俺だった

いや、なんでだよ。 ※短編です。....
著者 : 白青虎猫
カクヨム

元剣聖の小間使い、故郷に戻りヤバい女と邂逅す

王国最強の剣士と名高い《剣聖》セツナ。 そんな《剣聖》セツナの唯一の小間使いであるハルトは、度重なるセツナの無茶ぶりにほとほと疲れ果てていた。 生活力皆無の剣聖の身の回りの世話をして、盗賊を叩き潰す時には囮になり、ダンジョンに潜ってはヌシと戦うセツナの露払いをする。これって小間使いの仕事ですか? あ....
著者 : 国丸一色
タイトルとURLをコピーしました