ギャグの小説一覧

小説家になろう

ピンク髪の悪魔は廊下を爆走する!なんてったってヒロインだからね!

ふと気がつけば、そこは異世界だった。前世で楽しんだゲームのヒロインに転生していたのだ。違和感バリバリだったヒロインのピンク髪にもいつの間には馴染み、可愛いヒロインとして、学園生活を楽しんでいたのだが。 *外部サイトにも登録しています。....
著者 : 白雪なこ
小説家になろう

正義の味方のシフト表

リビング・ディザスター。 “生きている災害”と呼ばれる存在の脅威に晒される現代社会。 それらに対抗すべく改造人間、メタルヒーロー、魔法少女など特撮じみたヒーローたちは立ち向かう。 が、緊急出動をしない時は当然待機している訳で。 ヒーローたちが待機場所でグダグダ駄弁りながら暇をつぶすお話です。 ....
著者 : モトオ
小説家になろう

世界を滅ぼす冷酷無慈悲なラスボス令嬢(最推し)の義兄に転生したので、『影の守護者』として見守ることにしました〜ただし、その正体がバレていることは、俺だけが知らない。

「君は……リリスたん?」  地方貴族の長男ブラッディ=ナイトメアはある日、義理の妹となる少女リリスを紹介されたときに前世の記憶を取り戻す。  この世界は彼が前世はまっていたゲームの世界であり、目の前の少女リリスは、自分が最も推したキャラクターであり、様々な人々に迫害された結果、誰も信じられなくなり....
著者 : 高野 ケイ
小説家になろう

貧乏男爵とアヒル姫 ~領地改革で成り上がれ!~

 爵位とは名ばかりで貧乏な領地で暮らすサクラメント男爵に降って湧いた結婚話。  サラソータ侯爵が娘を嫁がせるという。  もちろん会ったことなんかない。  いままで縁があったわけでもない。  ろくでもない政略の臭いがプンプンする結婚だが、両家の力関係を考えると断ることなどもっての外だ。  死刑囚に....
著者 : 南野 雪花
小説家になろう

旦那様が自由奔放で浮気ばっかりするのでざまぁし続けたらなんか可愛くなってきました

私は女伯爵です。 旦那様は幼い頃から婚約していた公爵家の次男ですが、彼は浮気ばっかりで、あるときあろうことか離婚を宣言してきました。 なので私は言ってやります。 爵位は私のもので、この家も家臣も財産も伯爵家のものなので、もし離婚したらどうされるのですか?と。 それに焦った旦那様はとんでもないこと....
著者 : 蒼井星空
小説家になろう

大天使様は断罪された悪役令嬢との婚姻を望まない~わたくし善行を積んだのは保身のためなので聖女と呼ばないでくださいませ!

【聖女ですって?あの女狐と一緒にしないでちょうだい!】 聖女リアナに陥れられ、断罪されたネルシオン王国の侯爵令嬢アリシア・ロンバルト。彼女は追放されて、遥か極北の地で凍死した……と思っていた。 彼女を助けたのは、金髪碧眼の美青年ラミエル。極北の地なのに天国のように快適な豪邸に暮らしているところを見る....
著者 : 江原里奈
小説家になろう

年下婚約者が思春期すぎて扱いがわからない

「ミリア・ラングレイルっ!お前との婚約を破棄する」 「はい、承知いたしました!」 「…… は?  ……」 「え??」 年下婚約者の婚約破棄の申し出を受け入れただけなんですが、何故か変な方向に話が進んでいって……。つまり、私はどうすればいいのでしょうか? 仕事と趣味に生きる貴族令嬢が思春期真っ只中....
著者 : 百花 りょう
小説家になろう

1543年、種子島にビームライフルが伝来したことは知っているな?(PR)

1543年、宇宙人によって種子島にビームライフルが伝来した。すごい。 ※この作品はWEB小説投稿サイト「ハーメルン」にマルチ投稿しています....
著者 : 左高例
小説家になろう

【コミックス発売!】追放された聖女ですが、実は国中から愛されすぎてて怖いんですけど!?【小説3巻発売中】

【第3回アース・スターノベル大賞 入選作品】 【アース・スタールナ様より完全書き下ろし3巻が発売中!(イラスト:くろでこ先生)コミック アース・スター様よりコミカライズ1巻発売中!(作画:柳矢真呂先生)】 「イヴリン、お前はもう不要だ。即刻この国から出て行け」 聖女イヴリンはある日、唐突にそう告....
著者 : 榛名丼
小説家になろう

羅刹の銀河 ~取り返しのつかないタイミングで冒頭で死ぬキャラになったので本当に好き放題したら英雄になった~

超ハードコア大河RPG【羅刹の銀河】の冒頭でエイリアンにむしゃむしゃ食べられるキャラのレオに気がついたらなっていた。 しかも食べられる直前に。 だったら俺の屍を越えて行けとカッコイイ演説をして果てようと思ったら、なぜか英雄になってしまった!? これは何をやってもギャグにしかならない男による筋肉と戦い....
著者 : 藤原ゴンザレス