コメディーの小説一覧

小説家になろう

家出したら婚約者ができた理由は、ボクの頭脳をもってしてもわからない

将来に対する見解の相違で母親と議論を交わした、スペンサー男爵家ボクっ娘令嬢アテナは、『この家から出てゆきなさい!』という言質が取れたので喜んで家出した。児童福祉法を盾に、取り引きのある商会に身を預かってもらうつもりだったのだ。しかし法解釈の観点から誘拐に当たるかもしれないと、商会には難色を示される。....
著者 : 彁イズミ
小説家になろう

婚約者を譲れですって? 了承しましたが、次がなかなか決まらないようです

「ドロシー嬢、頼む! シリルを譲ってくれ!」 国王の要請により、ロンズデール伯爵家の次期当主ドロシーはシリル・アボット伯爵令息との婚約を解消した。王都の怪異を鎮めるのに必要だったからだ。その潔い態度と判断力、優れた知性は、各方面に感銘を与えた。貴族学院入学後、ドロシーは優秀さを見せ付けるものの、新た....
著者 : 彁イズミ
小説家になろう

公爵令嬢は破滅の予言を踏みつける。ついでに婚約者も踏みつける。

 蝶よ花よと育てられた公爵令嬢シャーリー・マクラウドは、予言者より十八歳で王太子から婚約破棄を告げられ、火あぶりの刑に処されるという恐ろしい未来を言い渡されてしまった。 「未来が決まっているのなら、そうならないように変えてしまえばいいのよ」  これは、わがままな公爵令嬢が破滅を回避するために、そ....
著者 : 日車メレ
小説家になろう

無力な私には嫌われ者のあなたが必要なのです

ソフィア・ニールネス伯爵令嬢は病弱で、ベッドから起き上がれる日の方が少ないくらいだった。ある日父の伯爵がソフィアに言ったのだ。世界一の魔法医がいる、治療する報酬としてソフィアとの結婚を望んでいると。何もできない自分に嫌気がさしていたソフィアは、魔法医ザナドゥに会ってみることにした。ところが彼は生理的....
著者 : 彁イズミ
小説家になろう

学年の二大美少女にフラれたのに、何故か懐かれたらしい

【毎日投稿】【ストック90話】  俺———佐々木瑛太(ささきえいた)は彼女が欲しかった。  理由は、周りにカップルが増えた&非リア同盟を結んでいた親友2人に彼女が出来たから。  よって、俺は学年でもずば抜けて可愛い2人の美少女に告白した。    しかし結果は当たり前に玉砕———のはずなのだ....
著者 : あおぞら
小説家になろう

非の打ち所のない令息から婚約の打診が来たので、断ってみました

「えっ? どうして?」 「そんなことわからん」 『狂犬令嬢』とも言われるチーク子爵家のステイシーの元へ、『婚約したい令息』ランキングナンバーワンに君臨しているアルバート・セイバーヘーゲン公爵令息から婚約の打診が来た。ほとんど話したこともなければ家格も違う。恐れ多いのでとりあえず断ってみたら、再び婚約....
著者 : 彁イズミ
小説家になろう

【書籍化決定】ハイブルク家三男は小悪魔ショタです~婚約破棄のおかげで婚約者ができました~

2023/3/31にマイクロマガジン社GCノベルズ様の【GCN文庫1周年記念 短い小説大賞】で短編「婚約破棄のおかげで婚約者ができました」が受賞しました。 婚約者の公爵令嬢は聖女をいじめていたと証言する者も多数いた。 冤罪でも持っていける状況だった。 ある少年がいなければの話だが。 彼の名はセ....
著者 : デンセン
小説家になろう

【完結】最近、僕の前でだけ情緒不安定になる幼馴染。友人は「自分の胸に手を当てて聞いてみろ」って言うけど、僕はいったい何をしたっていうんだろう

一見普通に見えて実はハイスペックな男子高校生・光汰は、医者になるために勉強ばかりしているせいで、一時期疎遠になっていた幼馴染・叶乃の本当の気持ちに気づかない…… ※カクヨムにも掲載....
著者 : めりのおうち
小説家になろう

「君を愛することはない」と言われた私ですが、嫁いできた私に旦那様の愛は必要ありません!

私はエメラルド・アドリオン男爵令嬢。お父様は元SS級冒険者で魔石と貴石がでる鉱山を複数所有し、私も魔石を利用した魔道具の開発に携わっている。実のところ、私は転生者で元いた世界は日本という国だった。新婚の夫である刀夢(トム)に大通りに突き飛ばされ、トラックに轢かれて亡くなってしまったのよ。気づけばゴー....
著者 : 青空一夏
小説家になろう

※この召喚士、実は最強につき 〜でも、働きたくないので幻獣たちと気ままに生きます〜

【簡単なあらすじ】 最強だけど働きたくない召喚士が、チートを無駄づかいしながら、伝説の幻獣たちと自由気ままに日常や冒険を楽しむ話。 【詳細なあらすじ】 召喚士アーク・ノワールは、絶対に働きたくなかった。 あまりにも働きたくなかったので、召喚獣に働かせようと思い立ち、役立たずだとバカにされている“....
著者 : 坂木持丸