コメディの小説一覧

小説家になろう

 ダンジョンが発生した現実世界で、俺は自由(?)に生きていく【第一章終了】

身よりもなく、信用できる人もいない。だが、これは俺が望んだことだ。 前世の記憶を持つ主人公、小鳥遊 無名は人間不信である。彼は自分の生きがいを見失いつつあった。 そんな時、地球に予想外の変化が起こる。ダンジョンの発生、ステータスの存在。 彼の人生に変化が訪れる…… ※コメディ要素も入れるので....
著者 : 新手の革命家
小説家になろう

悪役令嬢の娘が幸せになっちゃダメですか!?

王立学園の卒業式典で婚約破棄されて恥をかかされた令嬢は、彼女のことをずっと愛していた男によって救われ、元婚約者たちはざまぁされましたとさ。めでたしめでたし。……とまあ、これは私じゃなくて私の両親の話。悪役令嬢の娘である私には、最近もっと切実な悩みごとがあるんですけどっ!?....
著者 : 和三盆せら
小説家になろう

公爵家の養女になったら義弟のツンデレがかわいすぎて魂ごと持っていかれそうです

孤児院にいたルーシーは、十歳のある日、亡き母方の親戚だという紳士に引き取られた。 公爵家の養女となった彼女は、優しいおじさまや使用人たちと一緒に暮らし、令嬢としての教育を受ける。 ひたすら教養を身に着けること五年。 十五歳になったとき、領地からやってきた義弟に初めて出会う。 「姉だなんて認めない!....
著者 : 柊 一葉
小説家になろう

彼女を寝取られた僕は破壊されたが、先輩と後輩に愛され、無事に人として更生できました

ガチ貧乏な主人公が、ある日支えとしていた彼女を寝取られる? 見るに堪えないほど、廃人一歩手前まで破壊されるが、そんな主人公を【家庭科準備室】に集まる人たちが更生させていく。 先輩との甘い話や、ぐいぐいアピールしてくる後輩との板挟みにあう青春コメディです。 尚、前半は激しく鬱要素マシマシなので、ご....
著者 : 空腹の汐留
小説家になろう

僕は全てに【ヒール】する~村を追放された青年は、拾ったゴミを激レアアイテムに修繕して成り上がる!~

孤児だったラースは子供の時に大怪我をした。 死を人一倍怖がるようなった代わりに、命を救ってくれたヒールの修行に励んだ。 治すべき人や家畜がいなくなっても、木や岩を相手にヒールを練習した。 しかし天職が【無職】だったラースは、どれだけ練習しても最下級ヒールしか使えず、そのヒールすら対象に触っていない....
著者 : 藤七郎は疲労困憊
カクヨム

勇者に「無能はいらない」と追放されたけど、他の仲間が全員俺についてきた件

「無能はいらない。今すぐ俺のパーティから出て行け!!」  勇者に怒鳴りつけられ、クビを言い渡された主人公『カグラ』の所属していた勇者パーティは、カグラと勇者と3人の少女で構成された――裏を返せば、カグラさえ居なくなれば勇者のハーレムになるパーティだった。  そんな勇者の下卑た内心を知ってなお、カグラ....
著者 : 破滅
小説家になろう

スライムフォール

『フォールズ』…それは、天から何かを降らせることのできるスキルを持つ者のこと。 その絶大なる力により世界を牛耳ってきた、ストライク一族。 一族の長男として生まれた少年、スライクは兄弟たちとともに、スキルを授かる儀式に臨む。 弟たちは、隕石を降らせる『メテオフォール』、黄金を降らせる『ゴールデンフォ....
著者 : 佐藤謙羊
小説家になろう

追放魔王の新世界秩序(ワールド・オーダー)

ブレイは幼い頃に『新世界秩序(ワールド・オーダー)』のスキルを与えられる。 今までにないスキルに勇者としてもてはやされたが、そのスキルは一向に効果を発揮せず、ブレイは勇者小学校の卒業と同時に勇者一族の家系から勘当されてしまう。 冒険者の夢があきらめきれないブレイは荷物持ちとして勇者パーティに入るが....
著者 : 佐藤謙羊
小説家になろう

お酒のために乙女ゲー設定をぶち壊した結果、悪役令嬢がチート令嬢になりました

気が付いたら、乙女ゲーム「ラブリー・ヘヴン」の悪役令嬢『シャルロッテ・アヴィ』になっちゃった……?このままだと斬首系ルートか魔族の国への追放ルートへ突入!? いいえ、そんなルートはいりません。 16歳からお酒が飲めるこの世界で、私は好きなお酒を飲んで楽しく生きるのだ!! 主人公がチートを使うのは特....
著者 : ゆなか
小説家になろう

ガリ勉地味萌え令嬢は、俺様王子などお呼びでない

 皆が騒ぐ王子様やらカッコイイ男性とやらに全くときめいたことがなかった伯爵令嬢シャリーナ・クレイディア。自分は男性に興味が無いのだと思っていたが、学園の裏庭で出会った地味で根暗な本の虫、田舎の貧乏男爵家三男のリオル・グレンに一目惚れ。しかし果敢にアタックするも中々本気に取って貰えず、その上何故か全然....
著者 : 鶏冠 勇真
タイトルとURLをコピーしました