コメディの小説一覧

小説家になろう

「そいつは四天王の中でも最……、さいじゃ、さいじゃぐふぅううう!!」

『奴は四天王の中でも最弱』いつから定番になったのだろう? 四天王の最初の一人が倒されたときのお約束。いつしかお決まりのセリフとなった時代、ついに勇者一行が魔王城に乗り込んで来た。四天王の1人『空気のソーディ』は単身、勇者一行に立ち向かう。刮目せよ! 魔王軍四天王の中で最弱と呼ばれた男『空気のソーディ....
著者 : NOMAR
小説家になろう

パン屋でトングをカチカチする没落令嬢、実は王子様な店主にいつもからかわれる

父の不祥事が原因で落ちぶれた子爵令嬢のパトリシア・ミケーネは、週に一日だけ開店するパン屋に通うのが楽しみだった。 彼女にはパンを選ぶ際、トングをカチカチする癖があり、それをいつも店主のクリスにからかわれる。店主のクリスは、王子クリストファーの仮の姿なのであるが、パトリシアはそんなことを知る由もなく....
著者 : エタメタノール
小説家になろう

許してあげてください! あの子はこの頃、ちょっとアタマがおかしいだけなんです!

ヒロインの目の前で突発した婚約破棄! しかも婚約破棄を宣言した王太子の腕にくっついているのは、ヒロインの幼なじみだった。 このままでは大変なことになる! ヒロインよ行動せよ! 幼なじみを助けられるのは君しかいないのだ! 完結してます。別のサイトでも掲載している作品に少し手を加えたものです。 ....
著者 : マンムート
小説家になろう

絶対に婚約破棄を回避するため、殿下をぶちのめすことにしました

調子の悪くなったものは叩けば直る? 良いことを聞きましたわ! 自分を愛していたはずの王子が乱心し、婚約破棄を告げてきた。困ったテレジアは、異世界では壊れた家電は叩いて直すという話を思い出す。 そして、おかしくなってしまった王子も叩けば直るのではないかと判断した。 そうして繰り出されるパンチとキ....
著者 : 三羽高明
小説家になろう

【完結】新米錬金術師は辺境の村でスローライフを送りたい

ブランは厳しくも温かい師匠に育てられ平民ながら王立高等学院錬金科を首席で卒業した若く優秀な錬金術師。 そんなブランが選んだ卒業後の進路は王立研究院でも大手錬金工房でもない辺境の村だった。 「俺が行くのは『ユミル村』だ」 「だからどこだよそれ!」 3年間を学院でともに過ごした仲間たちがそう突っ込む中、....
著者 : 言納智大
小説家になろう

時間を守らない婚約者

「こじれた婚約」を経験し、19歳になったステラ・シャロンのお話です。  ※本作は続編ですが、前作「こじれた婚約」を未読でも大丈夫かと。 ※数字表記に算用数字を用いおり、縦書き読みには対応しておりません。 ....
著者 : 吉良玲
小説家になろう

おいでよ!死にゲーの森~異世界転生したら地獄のような死にゲーファンタジー世界だったが俺のステータスとスキルだけがスローライフゲーム仕様だった~

上澄タマルは過労死した。 死に際にスローライフを夢見た彼が目覚めた時、そこはファンタジー世界だった。 「異世界転生……!? 俺のスローライフの夢が叶うのか!」 だが、その世界はダークファンタジーばりばり。 人々が争い、魔が跳梁跋扈し、天はかき曇り地は荒れ果て、死と滅びがすぐ隣りにあるような地獄だっ....
著者 : あけちともあき
小説家になろう

白い結婚なので離縁を決意したら、夫との溺愛生活に突入していました。いつから夫の最愛の人になったのかわかりません!

14歳で結婚したディアナ。 夫となったのは、18歳のアクスウィス公爵家の嫡男フィルベルド様。 しかし、一度お会いしただけで、彼は一緒に住めないといい、その日からお会いすることは無かった。 そして、ディアナが20歳になった時、夫であるフィルベルド様と夜会でお会いすることになった。 しかし、フィルベル....
著者 : 屋月 トム伽
小説家になろう

おいでよ!死にゲーの森~異世界転生したら地獄のような死にゲーファンタジー世界だったが俺のステータスとスキルだけがスローライフゲーム仕様だった~

上澄タマルは過労死した。 死に際にスローライフを夢見た彼が目覚めた時、そこはファンタジー世界だった。 「異世界転生……!? 俺のスローライフの夢が叶うのか!」 だが、その世界はダークファンタジーばりばり。 人々が争い、魔が跳梁跋扈し、天はかき曇り地は荒れ果て、死と滅びがすぐ隣りにあるような地獄だっ....
著者 : あけちともあき
小説家になろう

白い結婚なので離縁を決意したら、夫との溺愛生活に突入していました。いつから夫の最愛の人になったのかわかりません!

14歳で結婚したディアナ。 夫となったのは、18歳のアクスウィス公爵家の嫡男フィルベルド様。 しかし、一度お会いしただけで、彼は一緒に住めないといい、その日からお会いすることは無かった。 そして、ディアナが20歳になった時、夫であるフィルベルド様と夜会でお会いすることになった。 しかし、フィルベル....
著者 : 屋月 トム伽
タイトルとURLをコピーしました