シリアスの小説一覧

小説家になろう

おかあさん

「離婚して、こいつと再婚する」 「そうか。じゃあ、出て行け」  とある女性の人生。 ※初出は他サイトですが現在は取り下げてこちらのみの公開となっています。....
著者 : 白鳥加寿彦
小説家になろう

元カレを理由に彼氏との行為を拒んでいたら、いつの間にか彼氏が彼氏の幼馴染に寝取られてしまいました

僕、相良宗平(さがらそうへい)には中学時代から付き合いのある恋人がいる。 彼女、古里弥生(ふるさとやよい)には僕から告白した。 かれこれ2年近く交際を続けているのだけれど、僕と彼女は深い関係になれていない。 弥生はいつも元カレのことで頭がいっぱいで、僕がキスしようとしても、手を繋ごうとしても、元カレ....
著者 : 井村吉定
小説家になろう

前世は婚約者に浮気された挙げ句、殺された子爵令嬢です。ところでお父様、私の顔に見覚えはございませんか?

子爵令嬢マージョリー・フローレスは、婚約者である公爵令息ギュスターヴ・クロフォードに婚約破棄を告げられた。 理由は、彼がマージョリーよりも愛する相手を見つけたからだという。 「ならば、仕方がない」と諦めて身を引こうとした矢先。マージョリーは突然、何者かの手によって階段から突き落とされ死んでしまう。 ....
著者 : Lizeth
小説家になろう

最強の私と最弱のあなた。

シャーロット・ロストワンは美しいけれど傲慢で恐ろしいと評判の公爵令嬢だった。 十六歳の誕生日、シャーロットは婚約者であるセルジュ・ローゼン王太子殿下から、性格が悪いことを理由に婚約破棄を言い渡される。 「私の価値が分からない男なんてこちらから願い下げ」だとセルジュに言い放ち、王宮から公爵家に戻るシャ....
著者 : 束原ミヤコ
小説家になろう

悪女と呼ばれた聖女が、聖女と呼ばれた悪女になるまで

アデライトは婚約者である王太子に無実の罪を着せられ、婚約破棄の後に断頭台へと送られた。 ……だが、気づけば彼女は七歳に巻き戻っていた。そしてアデライトの傍らには、彼女以外には見えない神がいた。 「見たくなったんだ。悪を知った君が、どう生きるかを。もっとも、今後はほとんど干渉出来ないけどね」 「……....
著者 : 渡里あずま
小説家になろう

白蛇さまの花嫁は、奪われていた名前を取り戻し幸せな道を歩む~餌付けされて売り飛ばされると思っていたら、待っていたのは蕩けるような溺愛でした~

美しい異母妹を可愛がる家族から、一方的に差別されてきた主人公。名家の令嬢として生まれながら、跡取りからも外され寂しく暮らしていた。もちろん、縁談が持ち込まれることはない。 孤独な彼女は、ある日実業家風の麗しい異国の青年に出会う。珍しいお菓子をともに食べるうちに、少しずつ近づいていくふたり。地味な彼....
著者 : 石河 翠
小説家になろう

真実の愛の祝福

皇太子フェルナンドは自らの恋人を苛める婚約者ティアラリーゼに辟易していた。 だが彼と彼女は、女神より『真実の愛の祝福』を賜っていた。 それでも強硬に婚約解消を願った彼は……。 アルファポリス、カクヨムにも掲載。 筆者は体調不良なことも多く、コメントなどを受け取らない設定にしております。 どうぞよ....
著者 : 詩森さよ(さよ吉)
小説家になろう

「愛ある婚約者」のフリをしろと言われましたが、僕は君を心から愛しているんです

第三王子オズワルドの婚約者は、国で唯一の高位治癒魔法の使い手である聖女ジェシカ。 治療はできて当然。 就寝時間でも叩き起こされ、体調不良で魔法が使えない間に人が死ぬと、これでもかと非難される。 彼女のために何かできないかと考えていたオズワルドに投げかけられた言葉は、拒絶の言葉だった。 「余計な....
著者 : 黒猫しゃばりん
小説家になろう

【完結】あなたが帰るのを、ずっと待っている。~死者を視る聖女と結婚の約束~

聖女であったわたしは、彼と結婚の約束をした。 必ず帰ってくると約束して、彼は戦に出かけた。 長い時がすぎても彼は帰ってこない。――でも、彼は生きている。 聖女としての力で、わたしはそう確信していた。 だから待っている。約束をしたこの場所で、彼が帰ってくるのをずっと待っている―― ◆アルファポリ....
著者 : 永野水貴
小説家になろう

高嶺の花な美少女の好き好きアピールが激しいが、元殺し屋の俺にそれをするのは間違っている。

主人公は父と同じ殺し屋を志していたのだが、父の死後、母の意向でその夢を諦めさせられることになる。志半ばで夢断たれた主人公は憔悴するが、友達を作って欲しいという母の願いを叶えるため駅で出会ったクラスの美少女に話しかけると、彼女はストーカー被害に悩まされているようだった。主人公は、ヒロインと友達になるた....
著者 : ミソネタ・ドざえもん
タイトルとURLをコピーしました