スキルの小説一覧

小説家になろう

【超速爆速レベルアップ】~俺だけ入れるダンジョンはゴールドメタルスライムの狩り場でした~ 

ダンジョンが出現し20年。 木崎賢吾、22歳は子どもの頃からダンジョンに憧れていた。 しかし、ダンジョンは最初に足を踏み入れた者の所有物となるため、もうこの世界にはどこを探しても未発見のダンジョンなどないと思われていた。 そんな矢先、バイト帰りに彼が目にしたものは――。 【自分だけのダンジョンを夢見....
著者 : シオヤマ琴@コミカライズ2作、書籍化1作準備中
小説家になろう

スキルの素を3つ選べって言うけど、早いもの勝ちで余りモノしか残っていませんでした。※『スキル』と『スキルの素』の違いに気づいた俺は異世界でチートスキルを生み出してバカにした奴らを見返します。

ある日、まったく知らない空間で目覚めた300人の集団は、「スキルの素を3つ選べ」と謎の声を聞いた。 制限時間は10分。まさかの早いもの勝ちだった。 「鑑定」、「合成」、「錬成」、「癒やし」 チートの匂いがするスキルの素は、あっという間に取られていった。 そんな中、どうしても『スキルの素』の違....
著者 : ヒゲ抜き地蔵
小説家になろう

勇者パーティから追放された俺は攻撃力9999の【チート魔法剣士】 に覚醒、さらに俺を溺愛する女神が【無敵バリア】で守ってくれるので、イチャイチャしながら最強へと成り上がる。あ、仲間は自滅してました。

勇者パーティの一員、アッシュ・ベリル。 勇者ガーレンを尊敬し、憧れていたアッシュだが、ある日、神殿を探索中にガーレンたちに利用されて殺されかける。 ガーレンたちは『力』を得るために、神殿の女神を殺そうとしていた。その前準備として呪いを受けたアッシュは、HPが1の超虚弱体質になってしまう。 だが、その....
著者 : 六志麻あさ @『全自動英霊召喚』コミック4巻発売中!
小説家になろう

【完結】スキル『マクロ』で術式自動化して定時上がりしていた聖女ですが、サボりと誤解されて解雇されました。後任の方は倒れたそうですが、若き宰相様に愛されて、秘書として好待遇で働いているので戻りません

【2023/1/27 日間ランキング10位感謝!】 魔術式を登録して自動化するスキル【マクロ】を使える聖女ミランダは、聖女の仕事に精を出していた。しかし仕事が早すぎて、神官長からサボっていると誤解されて解雇されてしまう。 冒険者ギルドの事務職として働き始めたミランダはその手腕を認められ、宰相の秘書....
著者 : 綾森れん
小説家になろう

独自ダンジョン攻略

 世界中に突如、ダンジョンと呼ばれる地下空間が出現した。  佐々木 光希はダンジョンとは知らずに入ってしまった洞窟で、木の宝箱を見つける。  その宝箱には、スクロールが一つ入っていて、スキル【鑑定Ⅰ】を手に入れて、その洞窟がダンジョンである事を知った。  光希は新たな好奇心の対象を見つけ、誰にもこの....
著者 : 差波 辰光
小説家になろう

実家を二度追放された俺、弱小国に拾われて無双の英雄となる。【スキル鑑定・極】が発現して、騎士や魔法使いたちの能力を片っ端から底上げしてたら、いつのまにか世界最強国家になっていたようです。

貴族の長男として生まれた俺、エリアル・ウィンドは最下級スキルしか持たない無能として実家を追放されてしまう。 が、その直後、とあるきっかけで俺のスキルは『最下級』から圧倒的進化を遂げ、『極』ランク――【スキル鑑定・極】になった。 これなら追放を取り消してもらえるかと思ったが、実家の反応は冷ややか――。....
著者 : 六志麻あさ @『全自動英霊召喚』コミック4巻発売中!
小説家になろう

【3章開始!】実家を二度追放された俺、弱小国に拾われて無双の英雄となる。【スキル鑑定・極】が発現して、騎士や魔法使いたちの能力を片っ端から底上げしてたら、いつのまにか世界最強国家になっていたようです。

貴族の長男として生まれた俺、エリアル・ウィンドは最下級スキルしか持たない無能として実家を追放されてしまう。 が、その直後、とあるきっかけで俺のスキルは『最下級』から圧倒的進化を遂げ、『極』ランク――【スキル鑑定・極】になった。 これなら追放を取り消してもらえるかと思ったが、実家の反応は冷ややか――。....
著者 : 六志麻あさ @『全自動英霊召喚』コミック4巻発売中!
小説家になろう

役立たずだとパーティ追放された俺、実は敵の射程外から一方的に超高火力魔法で攻撃できる最強魔術師なので、ノーリスクで無双できます。有能だと気づかなかった? やっぱり戻れ? 後悔しても遅い。

支援魔術師のシェルドは所属するパーティから役立たずとして追放されてしまう。 しかし、それは彼らの誤解であり、実はシェルドは敵の攻撃が届かない超遠距離から超高火力魔法を放ち、敵を一方的に殲滅できる最強の支援魔術師だった。 聞く耳を持たない仲間たちによって傷心のシェルドだが、彼の力を見出した皇女キサラ....
著者 : 六志麻あさ @『全自動英霊召喚』コミック4巻発売中!
小説家になろう

役立たずだとパーティ追放された俺、実は規格外の射程と高火力を併せ持つ最強の支援魔術師です。敵の射程外から一方的に超高火力魔法で攻撃できるので、ノーリスクで無双します。

支援魔術師のシェルドは所属するパーティから役立たずとして追放されてしまう。 しかし、それは彼らの誤解であり、実はシェルドは敵の攻撃が届かない超遠距離から超高火力魔法を放ち、敵を一方的に殲滅できる最強の支援魔術師だった。 聞く耳を持たない仲間たちによって傷心のシェルドだが、彼の力を見出した皇女キサラ....
著者 : 六志麻あさ @『全自動英霊召喚』コミック4巻発売中!
小説家になろう

地獄の沙汰も黄金次第 ~会社をクビになったけど、錬金術とかいうチートスキルを手に入れたので人生一発逆転を目指します~

世界とフロンティアと呼ばれる世界が繋がって30年。 世界中の国々は新たなる資源を求め、フロンティアを探索し始めた。 現在は資格さえあれば、民間人でもゲートをくぐり、フロンティアに行けるようになっていた。 そして、資源を持ち帰り、売却する職業も誕生した。 それが【冒険者】である。 【冒険者】は危険....
著者 : 出雲大吉
タイトルとURLをコピーしました