スキルの小説一覧

小説家になろう

低スペだと蔑まれたおっさん、実はチート級の魔術師だった。今更俺の実力に気づいて言い寄ってくるけどもう遅い、愛娘ができたから娘の幸せのためだけに力をつかって幸せに暮らします

ライト・マーキネスはドラゴンの討伐経験もある、働き盛りのS級魔法使いだ。 若い頃から努力を重ねて魔法使いとしては一流まで成り上がったが、仕事に没頭するあまり女性とはまったく縁のない人生を送ってしまった。 結婚は出来なかったがどうしても自分の子供がほしいライトは、教会の力を借りて自分の血を受け継いだ「....
著者 : 三木なずな
小説家になろう

現代日本でダンジョン生活!ハズレスキルで無双生活

ダンジョンが現れて3年、世間にダンジョンが浸透してきた昨今、派遣先で契約を打ち切られ無職になった暁アキラ25歳は、ダンジョンの恩恵を受けることが出来ず日々を過ごしていた。 三度目の正直でダンジョン潜入の資格を得たアキラは人生一発逆転をかけてダンジョンに潜る しかし得たスキルはハズレスキルと呼ばれる....
著者 : 色蓮
小説家になろう

森の中の伯爵令嬢

森の中。伯爵令嬢だった娘が無実の罪を被せられた。護送の途中で彼女は魔獣に襲われた。....
著者 : どんC
小説家になろう

(仮題)異世界で死にかけた少年と入れ替わった独身アラフィフサラリーマン、スキルが『絶対無敵ロボ アポロンカイザー』だった

独身社畜のアラフィフサラリーマンである俺は、これでもう何周目であろうか? 今日も就寝前に大好きなロボットアニメ『絶対無敵ロボ アポロンカイザー』のBDを鑑賞していた。 このロボットアニメは、残念ながら世間ではあまり人気が出なかったものの、俺は可能な限りのグッズを集め、設定や資料を読み漁り、コミケで同....
著者 : Y.A
小説家になろう

【連載版】転生したら三男だったので、使命を果たすために最強を目指そうと思います ~女神様からもらった『スキル変換』の祝福で、俺だけスキルを取り放題~

男爵家の三男であるマルト・フォン・リッカーは高熱にうなされ、前世の記憶を取り戻した。 「そうか、俺は……転生したのか」 彼は転生の際、女神様からとある祝福を授けられていた。 それは魔力を使用することでスキルを手に入れることができる『スキル変換』の力。 マルトは『スキル変換』の力を活用し、独自のやり方....
著者 : しんこせい(『植樹』第二巻2/9発売!)
小説家になろう

特級探索者、配信者となる~攻略マナーを配信してただけなのに何故かバズって困ってます~

ダンジョンが溢れる日本で、近年ダンジョンから採取できるアイテム類の売買に関連する法律が改正された。その影響でマナー違反をする探索者が増え始めたことを嘆いていた特級探索者である煉。  友人の思惑も重なり動画配信で攻略マナーを広めることにしたのだが、特級探索者の常識と世間の常識のギャップによって思いの外....
著者 : 和ふー
小説家になろう

【連載版はじめました!】転生したら三男だったので、使命を果たすために最強を目指そうと思います ~女神様からもらった『スキル変換』の祝福で、俺だけスキルを取り放題~

男爵家の三男であるマルト・フォン・リッカーは高熱にうなされ、前世の記憶を取り戻した。 「そうか、俺は……転生したのか」 彼は転生の際、女神様からとある祝福を授けられていた。 それは魔力を使用することでスキルを手に入れることができる『スキル変換』の力。 マルトは『スキル変換』の力を活用し、独自のやり方....
著者 : しんこせい(『植樹』第二巻2/9発売!)
小説家になろう

ダンジョンに行くことができるようになったが、職業が強すぎた

描きたくなったので描いているだけ、タイトル通りの物語になる予定です。 脳死と思いつき、さらには深夜テンションで書かれているため更新は比較的遅めになると思います。 ....
著者 : ひまなひと(ご飯食べ隊)
小説家になろう

転生探索者の日常

 事故で死亡した主人公は選択の余地がないままに並行世界への転生を強制させられる。  その世界はダンジョンの発生により第一次世界大戦が起きなかった世界。  誰でもスキルを与えられる世界に転生した主人公は与えられたスキルでダンジョンに潜っていく。 「こんなスキル、問題あり過ぎて隠すしかないよなぁ・・....
著者 : TAKA
小説家になろう

勇者の当て馬でしかない悪役貴族に転生した俺、推しヒロインと幸せになろうと努力してたら、いつの間にか勇者のイベントを奪ってシナリオをぶっ壊していた

「どうなっているんだ。これは……まさか転生?」  俺は全身鏡に映った、目付きの悪い少年に絶句していた。  ゲーム【アポカリプス】で勇者アベルに婚約者を奪われて殺される哀れな噛ませ犬、悪役貴族カインにそっくりだったからだ。  しかも勇者に奪われるのは、俺がゲームで好きだった最推しヒロイン、セルヴィ....
著者 : こはるんるん