スクールラブの小説一覧

小説家になろう

幼馴染の少女と「一生一緒に居る約束」をしたせいで、距離感が近すぎて困る

 俺、三木綱吉(みきつなきち)は晩秋の夜中に、ぼんやりしていた。  なっちゃんこと二岡夏樹(ふたおかなつき)との仲についてだ。  なっちゃんとの間柄はいわゆる幼馴染で、それだけでは言い切れない妙な関係だ。  小学校の頃、三国志演義にハマった俺たちは、ついノリで「桃園の誓い」なんてものを交わしてしま....
著者 : 久野真一
小説家になろう

クラスの美少女が「わ」から始まるこのクラスの人が好きと言ったらしいけど、「わ」から始まる人はイケメンと陰キャな僕しかいないので、それは告白みたいなもんで草

幼馴染に励まされる主人公は幸せだという話です。....
著者 : つちのこうや
小説家になろう

検証:可愛いけど辛辣な態度をとる許嫁に「別に無理して俺と関わらなくてもいいからな」と言いだしてみたらどうなるのか

俺には腐れ縁の許嫁がいる。俺、柊楓斗と許嫁の浅桐桜良の親は仲が良くて、俺たちは小さい頃から一緒にいた。その頃はとにかく仲が良くて毎日のように公園や互いの家に行っては遊んでいたものだ。 けれど中学三年生に入ったとき、この頃から、関係性は変わりつつあった。思春期真っ只中。異性と二人で一緒にいるということ....
著者 : 一葉
小説家になろう

レンタル彼氏のバイトをしていたら、何故かモテるクールで無表情なお嬢様が必死で彼氏役を依頼してきた

俺たちの学校には氷の令嬢と呼ばれるクールなお嬢様がいる。 そんなお嬢様にある日、俺がレンタル彼氏のバイトをしていることがバレてしまう。 すると、お嬢様はなんと俺に彼氏役を演じてほしいと頼んできた。 どうやら告白を避けるための風よけになってほしいということらしい。 しかも、24時間。 高校卒業まで....
著者 : 十二四(Twitter@syosetu_ganbaru)
小説家になろう

学校一の美少女の机にラブレターを忍ばせたら、翌日学級会議が始まって放課後のラブカイザーとして公開処刑されてるのですがめちゃ死にたい〜バレた先は地獄なんだが?でもバレないと付き合えないんだががが〜

 拝啓 親愛なる亜衣様へ  フフフ…君は本当にいけない小猫ちゃんだ…  このKaiser《帝王》をこんなにもトリコにするなんて…  ひょっとして、わざとだったりするのかな?フフッ、だとしたら、君はとんだ悪女《バット・ガール》だ  ANJEL《天使》だと思ってたのに、まさかルシファー《小悪魔》....
著者 : くろねこどらごん
小説家になろう

クールで無表情な幼馴染が毎日L○NEでだる絡みしてくるが、頭文字を縦読みしたら「すき」になってた~あれ? これもしかして……告白されてる?~

七原雪菜は俺の幼馴染だ。幼稚園から高校まで、ずーっと同じところに通っている。 七原は表情が変わりづらいし、話し方も敬語で硬いから、素っ気ないような印象を持たれやすい。けれど中身は悪戯好きだし子供っぽいやつだ。 そんな七原からはよくL○NEが届く。中身は平凡なだる絡み。『はあ、今日も春也くんは女の....
著者 : じゅうぜん
小説家になろう

『帰還勇者のRe:スクール(学園無双)』  勇者になり異世界を救った陰キャ、鋼メンタル&スキル持ちで地球に帰還し、学校カーストを無双下克上する。「魔王討伐と比べたら学校カーストとかヌルゲー過ぎる……」

◆1行あらすじ 異世界を救った勇者(元陰キャ)が日本に帰還し、スクールカーストを駆けあがって可愛いヒロインと仲良くなります。 ◆あらすじ  織田修平は学校カースト底辺の陰キャ男子高校生。  修平はある日突然、異世界『オーフェルマウス』に召喚されて、召喚した神官リエナとともに5年をかけて魔王を倒し....
著者 : マナシロカナタ(かなたん)
小説家になろう

【短編】喧嘩してから冷たい幼馴染JKを看病したら、寝言で「……好き」と呟いている

「………すき」 ある日俺、吉佐春太が、「風邪引いちゃったらしいから、看病に行ってあげて」と、ずっと喧嘩したままの幼馴染、佐古川小町の看病に向かうと、小町は寝言を呟く。 「時効じゃないと信じて言うんだけどさ」 ずっと伝えたかったのは、痛いくらいの『好き』だった。....
著者 : もろ平野
小説家になろう

【短編】喧嘩してから冷たい幼馴染JKを看病したら、寝言で「……好き」と呟いている

「………すき」 ある日俺、吉佐春太が、「風邪引いちゃったらしいから、看病に行ってあげて」と、ずっと喧嘩したままの幼馴染、佐古川小町の看病に向かうと、小町は寝言を呟く。 「時効じゃないと信じて言うんだけどさ」 ずっと伝えたかったのは、痛いくらいの『好き』だった。....
著者 : もろ平野
小説家になろう

【短編】喧嘩してから冷たい幼馴染JKを看病したら、寝言で「……好き」と呟いている

「………すき」 ある日俺、吉佐春太が、「風邪引いちゃったらしいから、看病に行ってあげて」と、ずっと喧嘩したままの幼馴染、佐古川小町の看病に向かうと、小町は寝言を呟く。 「時効じゃないと信じて言うんだけどさ」 ずっと伝えたかったのは、痛いくらいの『好き』だった。....
著者 : もろ平野
タイトルとURLをコピーしました