スクールラブの小説一覧

小説家になろう

男嫌いの幼馴染がネトゲで結婚した相手を俺だと知らずに恋愛相談してくるんだが ~しかも好きな人(俺)に好きな人(俺)のことを相談している件について~

 大好きだった幼馴染と疎遠になって5年が経った。すっかりあの子は高嶺の花になって、充実した学園生活を送っている。一方俺は、冴えない陰キャ高校生として寂しい毎日を過ごしていた。そんなある日、唯一の趣味であるネトゲで結婚したら、なんとその相手は幼馴染だった!? しかも彼女は俺のことが好きらしく、色々と恋....
著者 : 八神鏡
小説家になろう

昔は近寄るなとか言ってきたくせに何故か最近寄ってくる幼馴染がうっとうしい

※この作品は、 https://ncode.syosetu.com/n6783gu/ の連載版です。 「嫌い。もうこれ以上近寄らないで。」中一の時に断たれてしまった幼馴染との縁……そんな彼女、実はかなりのツンデレだったようで……? 2021年2月24日、日間ランキング7位獲得! +同日に6位獲....
著者 : 焼売
小説家になろう

【短編版】疎遠だった幼馴染に好きな人がいると恋愛相談したら様子が妙だ~どうやら幼馴染は好きな相手が自分のことだと気づいていないらしい~

 俺は十年ほど前に幼馴染と『結婚しよう』と約束した。それから幼馴染と疎遠になり、高校で再会を果たす。そこには芹澤マキという清楚クールで美少女な幼馴染が居た。俺のことなど完全に忘れていると思い、話しかけずにいるとよく目が合い睨まれるようになった。マキは美少女であるため数多くの男から告白される。だが、誰....
著者 : 昼行燈
小説家になろう

幼馴染とイケメンに部活を追い出された元マネージャーの俺、落ち込んでたら学校一の美少女に声をかけられてクラブチームに連れていかれた件 ~部活の運営が面倒だから戻って来い?今更俺に頼ってきてももう遅い~

「お前、明日からもう部活に来んな」 高校二年の九月の初め、卓球部のマネージャーをしていた俺——天野 蓮は、部長である同級生の男に言い渡された。 理由は単純。マネージャーの俺が練習を指示していたのがウザいからだそうだ。 サボっていたならまだしも、マネージャーの仕事をこなしつつ、練習メニューを作れ....
著者 : ユウキ
小説家になろう

幼馴染とイケメンに部活を追い出された元マネージャーの俺、落ち込んでたら学校一の美少女に声をかけられてクラブチームに連れていかれた件 ~部活の運営が面倒だから戻って来い?今更俺に頼ってきてももう遅い~

「お前、明日からもう部活に来んな」 高校二年の九月の初め、卓球部のマネージャーをしていた俺——天野 蓮は、部長である同級生の男に言い渡された。 理由は単純。マネージャーの俺が練習を指示していたのがウザいからだそうだ。 サボっていたならまだしも、マネージャーの仕事をこなしつつ、練習メニューを作れ....
著者 : ユウキ
小説家になろう

幼馴染とイケメンに部活を追い出された元マネージャーの俺、落ち込んでたら学校一の美少女に声をかけられてクラブチームに連れていかれた件 ~部活の運営が面倒だから戻って来い?今更俺に頼ってきてももう遅い~

「お前、明日からもう部活に来んな」 高校二年の九月の初め、卓球部のマネージャーをしていた俺——天野 蓮は、部長である同級生の男に言い渡された。 理由は単純。マネージャーの俺が練習を指示していたのがウザいからだそうだ。 サボっていたならまだしも、マネージャーの仕事をこなしつつ、練習メニューを作れ....
著者 : ユウキ
小説家になろう

僕をイジメていた黒幕は幼馴染のアイツだった。

――僕をイジメていた黒幕は幼馴染の瀬戸渚だった。 そして、彼女の歪んだ愛情が僕を変えてしまった。 1年後、学力・運動・容姿、あらゆる能力を鍛えた俺はこの町に帰ってきた。その目的とは―― 『復讐』 上履きを隠されるなんて序の口、 俺が触れた物すべてを汚物のように扱われ、 班決めでは毎回最後まで....
著者 : たかやなぎ
小説家になろう

幼馴染とイケメンに部活を追い出された元マネージャーの俺、落ち込んでたら学校一の美少女に声をかけられてクラブチームに連れていかれた件 ~部活の運営が面倒だから戻って来い?今更俺に頼ってきてももう遅い~

「お前、明日からもう部活に来んな」 高校二年の九月の初め、卓球部のマネージャーをしていた俺——天野 蓮は、部長である同級生の男に言い渡された。 理由は単純。マネージャーの俺が練習を指示していたのがウザいからだそうだ。 サボっていたならまだしも、マネージャーの仕事をこなしつつ、練習メニューを作れ....
著者 : ユウキ
小説家になろう

大嫌いな高飛車お嬢様の家が没落して彼女が借金のカタに売られていたので買ったけど、『復讐』じゃなくてめちゃくちゃ『甘やかす』ことにした

 ある日、いつも俺をバカにしていた高飛車お嬢様の家が没落した。詐欺にあって借金まみれになったらしく、なんとお嬢様が奴隷オークションに出品されることになったようだ。忌々しいクソ女が不幸になって清々したが、ただ奴隷になるだけじゃ俺の気が済まない。積年の怨みを晴らすために、俺はあいつを買うことにした。も....
著者 : 八神鏡
小説家になろう

〈短編〉クラスの女子に彼氏ができたら、なぜかみんなが俺に同情してきました……。 だけど、ち、違う!俺は別に、落ち込んでないから!そもそも最初からそういうんじゃないし、気を使わなくてもいいんだよ…?

*【連載版を始めました】 その日、俺は気まずい気持ちになっていた……。 どうやら、うちのクラスの女子が、別のクラスの男子と付き合い始めたとのことだった。 だけど、それは俺にはどうこう言えないことだ。 俺と彼女は、ただのクラスメイトの関係で、 彼女は最近よく俺に喋りかけてくれていたけど……ただそれ....
著者 : まめちがい
タイトルとURLをコピーしました