ダークの小説一覧

小説家になろう

悪役令嬢だから暗殺してもいいよね! 婚約破棄はかまいませんが、無実を証明するためにとりあえず毒殺します。

その日、公爵家の令嬢である私は屋敷の庭園でティータイムをしていました。うららかな日差しの中でメイドがいれてくれた紅茶を楽しんでいましたが、そこに突如として婚約者である王太子殿下が現れます。事前の知らせもなく屋敷を訪れた用件は……婚約破棄? 私が殿下と親しくしている女性に毒を飲ませたから? 婚約破棄は....
著者 : レオナールD
小説家になろう

ありふれた追放ざまぁアフターストーリー~婚約破棄問題はいつも面倒だ~

むかしむかし、あるところに、王国がありました――。 王国の王子様は、とある男爵令嬢と恋に落ちます。 ですが、それを善しと思わない重臣たちの計略によって、男爵令嬢はあらぬ疑いをかけられ、王国から追放されてしまいます。 そして、王子様は公爵令嬢と婚約してしまうのでした。 ですが、彼女は魔女や精霊たちの....
著者 : 朽縄咲良
小説家になろう

殿下は、幼馴染で許嫁の没落令嬢と婚約破棄したいようです。

 ナーブリー王国の第三王位継承者である王子ラスティンは、幼馴染で親同士が決めた許嫁である、男爵令嬢フェイとの婚約を破棄したくて仕方がなかった。  フェイは王国が建国するより前からの家柄、たいして王家はたかだか四百年程度の家柄。  国王と臣下という立場の違いはあるけど、フェイのグラブル男爵家は王国内で....
著者 : 和泉 鷹央
小説家になろう

魔物に滅ぼされた世界を空間魔法で生き延びる

ブラック企業に勤める会社員、田中和彦は地獄の30連勤を乗り越え、疲れた身体の中自宅で深い眠りにつく。しかし、突如として起こった頭痛と共に【空間魔法使い】を手に入れる。 そして、再び深い眠りから目が覚めると、地球は一変していた。付かない電気に疑問を持ちながら外に出ると廊下の先にいたのは緑色をした子供....
著者 : 桐地栄人
小説家になろう

回復術士だと思っていたら、世界で最初の衛生兵でした! ~応急手当しかできないと罵倒され、勇者パーティを追放されたヒーラー。最前線で救うべき命が多すぎて、いまさら戻ってこいといわれても判断が遅い!~

「ちぎれた手足も治せないヒーラーとか、要らないんだよねぇ!」 主人公エイダ・エーデルワイスは、ある日パーティーリーダーであるドベルクに呼び出され、戦力外通告を受ける。 貧民同然として生きてきたエイダは、自分を拾ってくれたパーティーメンバーに恩義を果たすため、甲斐甲斐しく尽くしてきた。 回復術士も....
著者 : 雪車町地蔵
小説家になろう

文字化けスキルでクズ認定も俺だけ読めるスキル『オートマッピング』で異世界無双

トリスタニア王国アーナンテ男爵家3男に生まれたマリスは5歳の祝福の儀でハズレスキルと言われる『文字化け』スキルを得てしまいクズ認定を受けるが、 「なんで文字化けスキルなの?僕、読めるんだけど」 「これって日本語だよね。日本語ってなんだっけ?」 「どうすれば良いんだ?そうだ『オートマッピング』!....
著者 : でんすけ
小説家になろう

短編「義妹を生き返らせるためなら俺は悪魔にだって魂を売る」

公爵令嬢のエミリアの遺体が河原で発見された。エミリアの頬には鋭利な刃物でつけられた傷、腕には男に掴まれたような痕、肩は脱臼していて、足には靴ずれの跡があった。 エミリアの死を悼み、エミリアの死の真相を探ろうとする家族のもとに、王宮から使者が訪れエミリアが卒業パーティーで王太子に婚約破棄されたこと、....
著者 : 九頭竜坂まほろん
カクヨム

聖騎士団の団長になりましたが、この度、彼女と別れましたので脱退したいと思います。

「アンタみたいな脳筋とずっと付き合えると思った?」 半年付き合っていた彼女に突然、別れを切り出された聖騎士団所属のユベル・アスカルト。 「俺、もうダメだ……」 落ち込んでいる時に限って、予想外のことが起きる。 「ユベル・アスカルト。お前をアルティア王国、第0騎士団の団長に命じる」 ユベルはその翌日、....
著者 : 悠/陽南ゆうい
アルファポリス

地獄の業火に焚べるのは……

 伯爵家令嬢アネットは、17歳の時に2つ年上のボルテール侯爵家の長男ジェルマンに嫁いだ。親の決めた政略結婚ではあったが、小さい頃から婚約者だった二人は仲の良い幼馴染だった。表面上は何の問題もなく穏やかな結婚生活が始まる――けれど、ジェルマンには秘密の愛人がいた。学生時代からの平民の恋人サラとの関係が....
著者 : 緑谷めい
小説家になろう

クズ野郎異世界紀行

 二十歳そこそこのうらぶれた男、キミヒコ。夢かうつつか、彼の元に不思議な声が聞こえる。「何を願う?」と問いかける声に応えると、彼は未知の世界へと転移していた。さらにキミヒコの願いを叶えるためにと、得体の知れない自動人形が彼に仕えることとなった。この人形をホワイトと名付け、キミヒコはこの世界で自分勝手....
著者 : 伊野 乙通
タイトルとURLをコピーしました