チートの小説一覧

小説家になろう

ブラック職場からの脱出。人生巻き戻し?一発逆転社会を上り詰めれることができるか 立身出世編 

ブラック企業で働いていた社畜男性、過労死寸前で真っ白な世界へ。 新しい世界への生き方を聞き、興味を持って新しい世界へ行ってみたら、過去の自分だった。 新しい世界と思ったら、過去だったのでがっかりの社畜人生一直線だったが、せっかくなので新しい人生を歩もうと一発逆転 過去の俺の人生を変えれるか。 勝....
著者 : ちゃんまつ
小説家になろう

神秘の子 ~数秘術からはじまる冒険奇譚~

 神話や物語が大好きだった高校生の俺は、卒業式の日にクラスメイト全員とともに事故に会って死んでしまった。  5歳の少年貴族に転生したものの、生まれながらに魔術が使えず虐げられていた。このままじゃ政略結婚の道具として厄介払いされると焦った俺は、なんとかして自立しようと企んでいた。  そんなある日、『数....
著者 : 裏山おもて
小説家になろう

【連載版】スキル【無】の俺が世界最強〜スキルの無い人間は不要と奈落に捨てられたが、実は【無】が無限に進化するSSS級スキルだと判明。俺をバカにした奴らが青ざめた顔で土下座してるけど、許すつもりはない

平凡な高校生である俺、松代才賀。 ある日、俺はクラスメイト達と異世界へ召喚されてしまう。 「あなたたちは魔王と戦うための勇者として、これから異世界に行ってもらいまーす★」 俺たちを召喚した女神は、クラスメイトたちの勇者としての適正を調べる。 「君の適正は、最低ランク、Fランクの勇者でーす」 ....
著者 : 茨木野
小説家になろう

【短編版】スキル【無】の俺が世界最強〜スキルの無い人間は不要と奈落に捨てられたが、実は【無】が無限に進化するSSS級スキルだと判明。俺をバカにした奴らが青ざめた顔で土下座してるけど、許すつもりはない

※連載版はじめました! ttps://ncode.syosetu.com/n2689ja/ 平凡な高校生である俺、松代才賀。 ある日、俺はクラスメイト達と異世界へ召喚されてしまう。 「あなたたちは魔王と戦うための勇者として、これから異世界に行ってもらいまーす★」 俺たちを召喚した女神は、ク....
著者 : 茨木野
小説家になろう

俺の召喚魔法がおかしい 〜雑魚すぎると追放された召喚魔法使いの俺は、現代兵器を召喚して無双する〜

ある日突然、魔王を倒す為にとクラスごと異世界に召喚されてしまう。俺が使えるチートスキルは、召喚魔法らしい。王女様からめっちゃ期待されたのだが、俺が召喚できたのはハンバーガーだった。戦闘能力がない雑魚と判断された俺はあっさりと捨てられてしまう。しかし俺は、自分の召喚魔法の性能に気づいていた。ハンバーガ....
著者 : 木嶋隆太
小説家になろう

せっかく異世界に転生したのに悪役令嬢なんてごめんです

ミルフィアは五歳のときに庭で転んで頭を打ち三日間熱を出して寝込んだ。その時にみた夢が将来の自分の事なのだと自覚ができた。 ここは前世で読んだ小説の世界。何故なら自分の名前がミルフィア・モーガンで、甘い両親と兄がいる。ミルフィアは、将来悪役令嬢と呼ばれバッドエンドを迎える。婚約者が学院で浮気をして冤罪....
著者 : もも
小説家になろう

《爆弾》スキルで解体屋をしているオッサン、都会に出てSランク冒険者を始める~家を解体するにしては威力が強すぎたので、これからはモンスターを爆破していこうと思う~

俺、セドリックは解体屋をしている。俺が持つ《爆弾》というスキルは『触れたものを爆破する』という、わざわざ触れなければ爆破することのできない外れスキルで、解体屋をした方が稼げるだろうと言われたからだ。 だけど、そんな俺に一つの依頼が入ってきた。 「レオラ……確か《剣聖》のスキルを当てて有名になった....
著者 : 夜分長文
小説家になろう

後世で救国の王子と呼ばれることになったのは

第二王子であるレジナルドは、夜会の場で婚約者である公爵令嬢グレースを断罪し、聖女シャーロットに愛を誓う。 多くの人に祝福され、その場の勢いで婚姻した翌日に、盤上を引っ繰り返されるように多くのことが明かされる。 ──どうしてこうなったんだ?....
著者 : 黒須 夜雨子
小説家になろう

政略結婚だった二人

 高齢の魔王に代わり、人間の箱入り末王女アメリと結婚したのは、魔王の副官を務める青年魔族ローエン。 「出自に問題がある自分は、一国の姫を娶るには分不相応だ」  そう思い込んでいるローエンは、唯一誇れる肩書きである〝魔王の副官〟の沽券を保とうと努めるのだが、アメリ姫の笑顔の前では調子を崩されっぱなしで....
著者 : くる ひなた
小説家になろう

【連載版】創作料理屋リューガ~飯炊き係は不要と追放された後、姉妹に頼まれ創作料理屋を始めました

【短編版にてハイファン日間・週間1位ありがとうございました。お陰様で思いがけず連載版を始めることになりました。よろしくお願いします。】 サラリーマンだったのに異世界転移して心細いところ、同じ転移者が誘ってくれて無事パーティを組んで冒険を始めた――その一年後「ぶっちゃけお前なにもしてなくね? 飯なんて....
著者 : SHO / 神楽圭