一途の小説一覧

小説家になろう

【短編版】悪女なわたしですが、浮気も婚約破棄も望むところです

【連載版始めました!】 「マリアヴェル。俺が今夜の夜会に君を誘ったのは今ここで、君との婚約を破棄するためだ。俺は心から愛する女性と出逢ったんだ」 アッシュフォード侯爵家の令嬢マリアヴェルは、悪女と評されるほどの性格の悪さからこれまでに三人の婚約者に捨てられている。それでも家柄と容姿の美しさから縁談....
著者 : 雪菜
小説家になろう

悪女なわたしですが、浮気も婚約破棄も望むところです

「マリアヴェル。俺が今夜の夜会に君を誘ったのは今ここで、君との婚約を破棄するためだ。俺は心から愛する女性と出逢ったんだ」 アッシュフォード侯爵家の令嬢マリアヴェルは、悪女と評されるほどの性格の悪さからこれまでに三人の婚約者に捨てられている。それでも家柄と容姿の美しさから縁談に事欠かない彼女は、四人....
著者 : 雪菜
小説家になろう

呪われた魔術師は弟子の献身愛から逃げられない

魔術師オフェリアは「婚約者を奪った」という冤罪をかけられ、嫉妬に狂った令嬢によって『不老』の呪いを受けてしまう。 二十歳の姿のまま解呪方法を探して百年、協力してくれる魔術師を探すも見つからない。「なら自分で育てれば良い」と十歳の少年ユーグを弟子として迎えることにした。愛情たっぷり育てた結果、弟子は天....
著者 : 長月 おと
小説家になろう

「お前を愛する事はない」と言われたけれど、そう言われるのはわかっていました

「お前を愛する事はない」 私は新しく家族となるであろう人々の前でそう宣言される。 相手はこの国の騎士団の団長であり最強最高と言われる男。 誰もが憧れ、騎士の鏡と言われる男が静かに威厳ある言葉で告げたのはあまりにも冷たい言葉。 だが、この場に居る全員がその言葉を言うであろう事はわかっていたのであった。....
著者 : しょうぐん
小説家になろう

絶対に婚約破棄を回避するため、殿下をぶちのめすことにしました

調子の悪くなったものは叩けば直る? 良いことを聞きましたわ! 自分を愛していたはずの王子が乱心し、婚約破棄を告げてきた。困ったテレジアは、異世界では壊れた家電は叩いて直すという話を思い出す。 そして、おかしくなってしまった王子も叩けば直るのではないかと判断した。 そうして繰り出されるパンチとキ....
著者 : 三羽高明
小説家になろう

竜国の王太子に番認定されましたが、化け物王女と呼ばれているので「貴方を愛することはありません」と言っているのに、溺愛されています

 スピア帝国の王女サライアは父のようになりたくて鍛錬を積んだ結果、英雄王である父を軽く凌駕する力を持ってしまった。  そのため父からも疎まれ、周りからは恐れられ、『化け物王女』と呼ばれている。  化け物のような恐ろしい力を持つ自分には愛など必要ないと思っていた。  しかし、留学生として竜人国の王太....
著者 : 里海 慧
小説家になろう

義妹に夢中になった公爵様から可愛げのない女はいらないと婚約破棄されたので、女侯爵として領地経営に励みますっ! 義妹がご迷惑をおかけしているようですが。

 コルネリウス侯爵家の令嬢セシリアは、カルヴァート公爵家主催の華やかな舞踏会の最中、婚約者であるマクシミリアン・カルヴァート公爵から婚約破棄を言い渡される。その理由は、性格のきついセシリアが自分の聡明さを鼻にかけて、おっとりとした義妹のティアナをいじめているというものだった。社交の場で度々顔を合わせ....
著者 : 綾森れん
小説家になろう

【電子書籍化】星詠み侯爵様が守り続けてきた約束の婚礼

結婚相手を妹に代えてくれと婚約者に言われてしまったアデルは、すっかり自信をなくしていた。そんな中、新たな婚約者を探せと両親に言われて舞踏会に行ったところ、幼馴染のクロードと再会して、彼に婚約を申し込まれる。 王国随一の美貌と侯爵家の次期当主である彼の相手が本当に自分でいいのか戸惑いつつも、婚約破棄さ....
著者 : 柳葉うら
小説家になろう

愛されない妃〜愛妾が懐妊したと離縁されましたが、ずっと寄り添ってくれた専属執事に熱烈に求婚されて気がついたら幸せでした〜

 伯爵令嬢ロザリア・スレイドは天才魔道具開発者として、王太子であるウィルバートの婚約者に抜擢された。  しかし初対面から「地味で華がない」と冷たくあしらわれ、男爵令嬢のボニータを恋人として扱うようになってしまう。  それでも婚約は解消されることはなく結婚したが、式の当日にボニータを愛妾として召し上....
著者 : 里海 慧
小説家になろう

公女殿下の参謀様 〜『厄災の皇子』と呼ばれて忌み嫌われて殺されかけた僕は、復讐のために帝国に抗い続ける属国の公女殿下に参謀として取り入った結果、最高の幸せを手に入れました〜

 メルヴレイ帝国の第三皇子として生まれた“ヴァレリアス”は、両親と異なり黒髪と黒い瞳を持っていること、その誕生と引き換えに聖女と呼ばれた母親が亡くなったことにより、“厄災の皇子と呼ばれ、忌み嫌われていた。  そんな彼が七歳の頃、隣国のサヴァルタ公国と戦になり、その一年後、その戦をきっかけにヴァレリ....
著者 : サンボン
タイトルとURLをコピーしました