乙女ゲームの小説一覧

小説家になろう

転生した悪役令嬢の希望はのんびりスローライフです。

前世引き篭もり女子だったフローラは悪役令嬢として異世界に転生した。 マイペースなフローラはことごとくフラグをへし折り、家族に溺愛されながら過ごしていた。 そして今日、運命の舞台、卒業パーティーを迎えている。....
著者 : ひろ
小説家になろう

私、地味モブなので。~転生したらなぜか最推し攻略対象の婚約者になってしまいました~

マーガレット・モルガンは、ただの地味なモブだ。前世の最推しであるシルビオ様の婚約者を選ぶパーティーに参加してシルビオ様に会った事で前世の記憶を思い出す。 前世、人生の全てを捧げた最推し様は尊いけれど、現実に存在する最推しは…。 ヒロインちゃん登場まで三年。早く私を救ってください。 ....
著者 : 降魔 鬼灯
小説家になろう

友情エンドのその先

悪役令嬢として転生した世界で、ヒロインは友情エンドを迎えた――はず、だった。 けれど結局、結婚式の場で婚約者が愛を叫んだ名はヒロインのもので……。 これは友情エンド後の世界でも理不尽に振り回された悪役令嬢が選んだ、その先のお話。 ※R15は念の為....
著者 : 汐乃 渚
小説家になろう

婚約破棄の現場に遭遇した悪役公爵令嬢の父親は激怒する

 田中哲朗は日本で働く一児の父であり、定年も近づいていた人間である。  ある日、部下や娘が最近ハマっている乙女ゲームの内容を教えてもらった。  理解のできないことが多かったが、悪役令嬢が9歳と17歳の時に婚約破棄されるという内容が妙に耳に残った。「娘が婚約破棄なんてされたらたまらんよなあ」と妻と....
著者 : 白バリン
小説家になろう

【完結】バッドエンド確定なので死亡偽装&亡命したら攻略キャラが壊れたそうです~悪役令嬢はオネエ系魔王と悠々自適を満喫します~

「エステル、君とは結婚できない。僕は──真実の愛に目覚めてしまった!」 (うわぁ……。公衆の面前で礼節と品格に欠ける行動を王子が本当に言うのかと思ったけれど、一字一句間違いなく言い切ったわ、この馬鹿王子)  悪役令嬢のエステルは、転生者であり乙女ゲーム《歌姫の終幕の夜が明けるまで》通称《ウタアケ》....
著者 : あさぎ かな@電子書籍化
小説家になろう

【短編】悪役令嬢の侍女 〜ヒロインに転生したけど悪役令嬢の侍女になりました〜

リリーは乙女ゲームのヒロインである。侍女として、悪役令嬢のクロエお嬢さまに仕えている。クロエお嬢さまには孤児院から救っていただいた大恩がある。生涯仕える覚悟である。だからってねー、広大な公爵家の敷地で指輪を探すなんて、そんなこと許しませんからね。ワガママお嬢さまをうまく誘導するのも侍女の務め。お嬢さ....
著者 : M
小説家になろう

悪役令嬢に転生しました。冤罪からの断罪エンド、喜んで。

ガチで自衛隊好きの私が乙女ゲームの悪役令嬢に転生。 しかも、キャラはもやしっ子ばかり。 断罪エンドに出てくる、熊みたいな辺境伯に嫁ぐしか無いか、と思ってたけど、好きが高じて騎士団が自衛隊さん化させてしまっている様な気がするし、お友達がなんか暗躍している。 もやしっ子の攻略キャラと縁が無ければOKって....
著者 : 紅月
小説家になろう

【完結】婚約者の浮気現場を見た悪役令嬢は、逃亡中にジャージを着た魔王に拾われる

※タイトル変更しました!旧タイトルは『それは本当に全て、魅了魔法のせいですか?』 学園卒業後、愛する人との結婚式を控え、私は幸せの余韻に浸っていた。 でもその幸せは、突然異世界から現れたユリカという少女に粉々に壊された。 彼女は王家に代々受け継がれる歴史書に記述されている、200年に一度現れ....
著者 : ハナミズキ
小説家になろう

【本編完結】けもみみ悪役令嬢は婚約回避する。~前世の推しを諦める決意をしたのにまさか運命の番だったなんて~

 前世嵌まった乙女ゲーム『あなたに天上の音を』の世界で、もふもふの白い虎耳がご自慢の侯爵令嬢アンドレア・サンダーウッドに生まれ変わった。 しかし、彼女は、ざまあされる悪役令嬢だった。 前世の推しのクロード殿下との婚約を回避して、ざまあされる運命から逃れたい。 でも、獣人に生まれ変わって初めてわか....
著者 : 降魔 鬼灯
小説家になろう

バッドエンド確定なので死亡偽装&亡命したら攻略キャラが壊れたそうです~悪役令嬢はオネエ系魔王と悠々自適を満喫します~

「エステル、君とは結婚できない。僕は──真実の愛に目覚めてしまった!」 (うわぁ……。公衆の面前で礼節と品格に欠ける行動を王子が本当に言うのかと思ったけれど、一字一句間違いなく言い切ったわ、この馬鹿王子)  悪役令嬢のエステルは、転生者であり乙女ゲーム《歌姫の終幕の夜が明けるまで》通称《ウタアケ》....
著者 : あさぎ かな@電子書籍化
タイトルとURLをコピーしました