乙女ゲームの小説一覧

小説家になろう

姉の金の髪と青い瞳を羨ましいといいずるいずるいという妹と、どうしてずるいといわれるのか理解できない姉、妹がある魔法で姉の色彩を奪い、婚約者の王太子を奪ってから姉は妹に復讐をすることにした。

侯爵の娘エリス、彼女には腹違いの妹がいて、姉の金の髪と青い瞳が羨ましいといつもずるいと言っていた。しかしそれは仕方ないあなたの色もきれいですわと妹の茶色の髪と瞳の色をほめる姉。 継母と父に冷遇されながらも、一人だけの妹をエリスはかわいがっていた。 そんなエリスが王太子の婚約者になって2年、婚姻式が行....
著者 : ナナカ
小説家になろう

双子なんだから婚約相手はどちらでもいいとどうせ同じだろと王太子殿下にいわれてしまいました。妹は別にそれでもいいといったのですが、なぜか私が婚約者に内定し、激高した妹が私に罠をしかけて…。

同じ顔、同じ声、同じ体つき、私たちは姉妹の双子で、その気性以外は両親でさえ見分けがつかないほどよくにていました。 王太子の婚約者候補に選ばれたとき、どうせどちらも同じなのだから姉妹のどちらでも婚約者はいいと殿下に宣言され、妹はそれでもいいといいましたが、総合的に魔力が上の姉の私が選ばれてしまいました....
著者 : emi
小説家になろう

乙女ゲームの情報通サポートキャラに転生しましたが、あなたには教えません

乙女ゲームの登場人物、アリア・アンダーソンに転生した主人公。 彼女の役割はヒロイン(デフォルト名:モニカ・ターナー)の恋のサポートだ。 モニカからの協力要請はすでに何度もある。卒業式というゲームの期限も迫っている。 けれど、アリアにはヒロインに協力できない大きな理由があった。 それは至ってシンプルな....
著者 : 右近
小説家になろう

庶民は庶民らしく下町でいればいいのに!といつも私をいじめる腹違いのお姉さまの婚約者を私が泥棒としたと怒りますが、もともと私が婚約者に内定していましたのよお姉さま。

私の母は商人の娘、侯爵の家を立て直したいと父がお願いをして後妻になった経緯があります。 前妻の浪費により火の車でした。 しかし、前妻の娘の姉は庶民は下町へ帰れ、下賤のもの!と私と母をいじめます。 そんな私と姉が王太子殿下の婚約者候補となり、いったんは姉が選ばれたのですが…ね。....
著者 : YUKIKO
小説家になろう

能面顔の悪役令嬢は、それでも勘違いに気付かない 〜無自覚にフラグを乱立し、自ら外堀を埋めゆく物語〜

【ご愛読頂き、累計470万PV達成!】【今日の一冊に掲載されました】 私は、前世でプレイした乙女ゲームの悪役令嬢に転生した。ゲームの舞台は、金持ちの子息子女の集うセレブ学校の最高峰、王明学園。 『全く表情が変えられない』というハードモードの中、前世の知識を頼りに自分を磨き、断罪&没落回避を目指し....
著者 : ハリネズミ
小説家になろう

すべてを幸福にする力を持つ聖女と言われた妹、妹が幸せでないと力が発揮されないと姉は両親と妹に使用人扱いされ、妹の奴隷にされる毎日だった。そんな姉が王太子の婚約者になったが妹の罠により婚約破棄され…。

すべてを幸福にする力を持った妹、7歳でそのスキルがわかってから、水を生み出すしかないスキルの姉は両親に無視され、妹には使用人扱いされ虐げられてきた。妹が幸せでないと周囲が幸せにならないという理由だった。 だが、姉がその魔法力の高さから王太子の婚約者に選ばれ、やっと幸せになれると王宮に出向いたが…。そ....
著者 : ナナセ
小説家になろう

【完結】とある令嬢の逆転劇〜お覚悟はよろしくて?〜

クリスティン・アインホルンは学園で愛する婚約者に婚約破棄を言い渡される。 最愛の婚約者を取られて失意のどん底のクリスティンは部屋に引きこもりお菓子を詰め込みすぎて喉に詰まり窒息死してしまうーー そんな夢を見た朝の事、キャバ嬢として働いていたはずなのに、夢で見たクリスティンになっている事に気づいて悲鳴....
著者 : やきいもほくほく
小説家になろう

昔、悪役令嬢と言われ、婚約破棄され、断罪された後、今は28歳で独身、魔法学園購買部の店員のおばちゃん(お姉さん)をしていますがなぜか生徒から愛を告白されてしまいました件

庶民のマリアンヌさんを階段から突き落として殺害しようとした罪により婚約破棄され、断罪された元悪役令嬢です。今はそれから13年ほどたち、私は辺境送りになってそこから隣国に流れ着き、なぜか魔法学園の購買部の店員をしています。恋愛不感症となりいまだに独身です。 毎日通ってくるクリス君に癒されつつ、私は毎日....
著者 : ナノハ
小説家になろう

痩せすぎ貧乳令嬢の侍女になりましたが、前世の技術で絶世の美女に変身させます

男爵家の三女に産まれた私。衝撃的な出来事などもなく、頭を打ったわけでもなく、池で溺れて死にかけたわけでもない。ごくごく自然に前世の記憶があった。 そして前世の私は… ゴットハンドと呼ばれるほどのエステティシャンだった。 とあるお屋敷へ呼ばれて行くと、そこには細い細い風に飛ばされそうなお嬢様がい....
著者 : ちゃんゆ
小説家になろう

醜いと蔑まれている令嬢の侍女になりましたが、前世の技術で絶世の美女に変身させます

男爵家の三女に産まれた私。衝撃的な出来事などもなく、頭を打ったわけでもなく、池で溺れて死にかけたわけでもない。ごくごく自然に前世の記憶があった。 そして前世の私は… ゴッドハンドと呼ばれるほどのエステティシャンだった。 とある侯爵家で出会った令嬢は、まるで前世のとあるホラー映画に出てくる貞◯のよ....
著者 : ちゃんゆ
タイトルとURLをコピーしました