公爵の小説一覧

小説家になろう

ウソ発見器付き令嬢とウソ嫌い公爵

伯爵令嬢オフィーリアには、嘘がわかるという特殊能力がある。 その能力ゆえに、人付き合いができずに引きこもって暮らしていた。しかし、見目麗しいと評判の公爵クラウディオ見たさに夜会に参加してみたものの、周りの貴族の嘘ばかりの会話に混乱し、おかしな行動を取ってしまう。嘘が大嫌いなクラウディオにその特殊能力....
著者 : ももよ万葉
小説家になろう

幼馴染みを寝取られた無能ですが、実は最強でした

「ごめん、他に好きな人が出来た」 婚約していた幼馴染みに突然、そう言い渡されてしまった。 その相手は日頃から少年を虐めている騎士爵の嫡男だった。 そんな時、従者と名乗る美少女が現れ、少年が公爵家の嫡男である事を明かされる。 そして、無能だと思われていた少年は、弱者を演じていただけであり、実は圧倒....
著者 : 一本橋
小説家になろう

婚約を解消されたら、不自由な右足を愛してもらえました。

婚約破棄されたわたしは、ゴンドール家の三女マリアンヌ。セルバンデス家の次男のドルフは、わたしが右足が不自由なこと、そのせいで馬車を降りるときにドレスを汚したことでわたしを振った。元々の婚約は、わたしのお姉さま二人が仕組んだことなのに。オリビアお姉さまとエスメラルダお姉さまに馬鹿にされたわたしは、雨の....
著者 : 影津
小説家になろう

転生した薔薇の剣帝は英雄狂の愛娘

「お前の望んだ幸せなど一つも叶わぬ」 何度生まれ変わっても16歳の誕生日に死ぬ呪いをかけられて、3度目に生まれ変わったのは最初の人生の世界の16年後。 0歳児からスタートしたが、どうやら人身売買中。自分を買ったのは前々世で因縁のある英雄狂いの糞野郎。娘になったので、公爵令嬢になりました。え?お前、....
著者 : 枝豆ずんだ
小説家になろう

妹に冷たいと噂の公爵子息は、案外優しい。

氷の子息などと言われている公爵がいる。 彼は妹に対して冷たい扱いをしているという噂だった。対してその妹は『聖女』のようだと言われて慕われていた。 だけど、私は彼と学園で過ごしているうちに、彼はそんな冷たい人ではないと分かった。....
著者 : 池中織奈
小説家になろう

貧乏令嬢ですが何故か公爵閣下に見初められました!

スカーレット・ジンデルは伯爵令嬢だが、伯爵令嬢とは名ばかりの貧乏令嬢。 他の令嬢達がお茶会や夜会に勤しんでいる中、スカーレットは領地で家庭菜園や針仕事などに精を出し、日々逞しく慎ましく暮らしている。 そんなある日、何故か公爵閣下から求婚されて――。 ※こちらの作品は『アルファポリス』にも投稿し....
著者 : 咲貴
小説家になろう

王子のために薬を処方しましたが、毒を盛られたと婚約破棄されました! ~捨てられた薬師の公爵令嬢は、騎士に拾われて溺愛される毎日を過ごします~

「毒を飲ませるような悪女とは一緒にいられない。婚約を破棄させてもらう!」 公爵令嬢のマリアは薬を煎じるのが趣味だった。王子のために薬を処方するが、彼はそれを毒殺しようとしたのだと疑いをかけ、一方的に婚約破棄を宣言する。 さらに王子は毒殺の危機から救ってくれた命の恩人として新たな婚約者を紹介する。....
著者 : 上下左右
小説家になろう

追放されたけど隣国で幼くなって錬金術師に戻ったら、聖女に返り咲いてしまいました―冷酷公爵に拾われた聖女ー

 私、リズは聖女の役職についていた。  ある日、精霊に愛される聖女として、隣国に駆け落ちしたはずの異母妹アリアが戻ってきたせいで、私は追放、そして殺されそうになる。  アリアに逆恨みされていたため、王国を滅ぼそうとする悪役にされてしまったのだ。  魔王の秘薬で子供になり、別人のフリをして隣国へ逃げ込....
著者 : 奏多
小説家になろう

冷酷公爵に拾われた聖女はあきらめが悪いんです―追放されたけど錬金術師に戻った隣国で聖女に返り咲いてしまいました―

 私、リズは聖女の役職についていた。  ある日、精霊に愛される聖女として、隣国に駆け落ちしたはずの異母妹アリアが戻ってきたせいで、私は追放、そして殺されそうになる。  アリアに逆恨みされていたため、王国を滅ぼそうとする悪役にされてしまったのだ。  魔王の秘薬で子供になり、別人のフリをして隣国へ逃げ込....
著者 : 奏多
小説家になろう

冷酷公爵に拾われた聖女はあきらめが悪いんです

 私、リズは聖女の役職についていた。  ある日、精霊に愛される聖女として、隣国に駆け落ちしたはずの異母妹アリアが戻ってきたせいで、私は追放、そして殺されそうになる。  アリアに逆恨みされていたため、王国を滅ぼそうとする悪役にされてしまったのだ。  魔王の秘薬で子供になり、別人のフリをして隣国へ逃げ込....
著者 : 奏多
タイトルとURLをコピーしました