勇者の小説一覧

小説家になろう

婚約破棄により聖女達の恨みが今…謝り続ける、それがこれからの王家の道

「セティシア・ルーデルク公爵令嬢。お前の態度には我慢ならん。 私はお前と婚約破棄をし、ここにいる愛らしいリリア・セントララス男爵令嬢と婚約を新たに結ぶとする。」 ハリース王太子が婚約破棄をセティシアに告げた。王妃がショックのあまり背後で倒れる。 そして、まさに聖女達の恨みが爆発しようとしていた。....
著者 : ユミヨシ
小説家になろう

【短編】生きた状態でも放り込めるアイテムボックスを貰ったけど、気がついたらとんでもないことになっていました……

 村に住む青年ネロ。突然夢で神様を名乗る者から「転生させる本人が生き返ったから、その力はキミにあげるよー」と渡されたのは生き物を生きたまま収納できるアイテムボックス。  2年後、苦労しながらも冒険者として活動するネロ。  しかし、彼のアイテムボックスの中ではとんでもない事態が起こっていて……?....
著者 : なろう大好き
小説家になろう

その日、俺はあいつを追放した〜追放する側を描いた物語〜

 冒険者のジャックはある日、酒場でパーティ追放の現場に出くわした。ジャックはちょっとした気まぐれから、追放された新米冒険者のルインを仲間に入れる。  役立たずと言われて追放されたルインだったが、本当はとてつもない天才だった。ルインが仲間に入ってから、ジャックのパーティはとんとん拍子に成功していく。 ....
著者 : 三条ツバメ
小説家になろう

その日、俺はあいつを追放した

 冒険者のジャックはある日、酒場でパーティ追放の現場に出くわした。ジャックはちょっとした気まぐれから、追放された新米冒険者のルインを仲間に入れる。  役立たずと言われて追放されたルインだったが、本当はとてつもない天才だった。ルインが仲間に入ってから、ジャックのパーティはとんとん拍子に成功していく。 ....
著者 : 三条ツバメ
小説家になろう

はい、こちら魔王軍造幣局!〜勇者の略奪のせいで貨幣が足りません。四天王最弱と言われるイケメン上司が多忙すぎて心配です〜

魔界は勇者による度重なる略奪のために貨幣不足に陥り、経済危機を迎えようとしていました。そんな危機をぎりぎりで支え続けているのが四天王最弱と言われる土の四天王アイザック様です。その側近である私は、過労で倒れそうなアイザック様を助けるために知恵を絞るのですが……。....
著者 : 瘴気領域
小説家になろう

幼馴染が勇者に選ばれたそうなので村のみんなで応援しに行きます。

メリーは30人しか村人がいない村の娘だった。彼女には結婚式を控えた恋人がいた。それなのに王に命令され、夫となるユリスは脅され勇者として旅立ってしまった。奴隷の付けるような首輪を着けられて。怒った村の住民たちはユリスを取り戻すために魔王城へと向かう。 王は知らなかった、その村人達が________な....
著者 : 柏いち
小説家になろう

【一章完結】怪物たちを統べるモノ ~能力『プレイヤー』使いは最強パーティーで無双する!~

『仲間』に数多のスキルやステータスを与え、普通の冒険者など及びもつかない強さを与えることが可能な能力『プレイヤー』 その能力を得たソル・ロックは幼馴染たちと共にすべての迷宮攻略という夢を目指すが、とある事情から能力を隠していたために正当に評価されず、パーティーから追放されてしまう。 いろいろと吹っ....
著者 : Sin Guilty
小説家になろう

聖女には選ばれなかったけれど、勇者さまの最愛となりました。

辺境領の教会で暮らしているマリーナ。 加護を持つために聖女候補として王都へ呼ばれたものの、力が足りず聖女に選ばれなかったからだ。 ある日、片足を引きずったアルベルトという青年が療養に訪れた。 最初はぎこちないふたりだったが、ゆっくりと仲を深めていく……。 ※他サイトにも掲載中です※....
著者 : shinobu
小説家になろう

追放されたけど、ざまぁはしません

主人公のルストンは幼馴染で勇者のユーティから役立たずと言われ、パーティから追放されてしまう。 しかし、ルストンはユーティに対して、復讐をしてやろうと思わなかった。 むしろ追放してくれたユーティに感謝すらしていた。その理由とは……。....
著者 : 井村吉定
小説家になろう

ただの道具屋の娘ですが、世界を救った勇者様と同居生活を始めます。

勇者達によって魔王が倒され、平和になったばかりの世界。 海辺にある片田舎・グリシナ村で普通の道具屋を営むビオレッタのもとに、なぜか美しい勇者がやってきた。「ビオレッタさん、俺と結婚してください」と……。 村のなかで完結していた彼女の毎日が、広い世界を知る勇者によって彩られていく。狭い世界で普通にこつ....
著者 : 小桜
タイトルとURLをコピーしました