勇者の小説一覧

小説家になろう

猫《キャット》と呼ばれた男

マート、猫《キャット》という異名を持つ彼は剣の腕はたいしたことがないものの、猫のような目と、身軽な体躯という冒険者として恵まれた特徴を持っていた。 それを生かして、冒険者として楽しく暮らしていた彼は、冒険者ギルドで入手したステータスカードで前世の記憶とそれに伴う驚愕の事実を知る。 これは人間で....
著者 : れもん
カクヨム

勇者に「無能はいらない」と追放されたけど、他の仲間が全員俺についてきた件

「無能はいらない。今すぐ俺のパーティから出て行け!!」  勇者に怒鳴りつけられ、クビを言い渡された主人公『カグラ』の所属していた勇者パーティは、カグラと勇者と3人の少女で構成された――裏を返せば、カグラさえ居なくなれば勇者のハーレムになるパーティだった。  そんな勇者の下卑た内心を知ってなお、カグラ....
著者 : 破滅
小説家になろう

追放魔王の新世界秩序(ワールド・オーダー)

ブレイは幼い頃に『新世界秩序(ワールド・オーダー)』のスキルを与えられる。 今までにないスキルに勇者としてもてはやされたが、そのスキルは一向に効果を発揮せず、ブレイは勇者小学校の卒業と同時に勇者一族の家系から勘当されてしまう。 冒険者の夢があきらめきれないブレイは荷物持ちとして勇者パーティに入るが....
著者 : 佐藤謙羊
小説家になろう

勇者は獲物を逃さない【連載版】

王宮職員寮の雑用係の娘は、宰相閣下より魔王討伐に出た勇者パーティのサポート役に指名された。 ※短編で投稿した同タイトルの連載版です。....
著者 : 中田カナ
小説家になろう

オッサンは追放の果てに魔王となる 規格外スキル『新世界秩序(ワールド・オーダー)』により、すべての勇者を過去にせよ

ブレイは幼い頃に『新世界秩序(ワールド・オーダー)』のスキルを与えられる。 今までにないスキルに勇者としてもてはやされたが、そのスキルは一向に効果を発揮せず、ブレイは勇者小学校の卒業と同時に勇者一族の家系から勘当されてしまう。 冒険者の夢があきらめきれないブレイは荷物持ちとして勇者パーティに入るが....
著者 : 佐藤謙羊
小説家になろう

勇者パーティの寄生虫と呼ばれていたオッサン 実は武器耐久力無限、重量無限、スタミナ無限、明かり無限…多くの最強スキルの持ち主で、実は寄生していたのは勇者たちでした 宿主を失った勇者たちは絶滅の危機に

ブレイは幼い頃に『神ゲー』のスキルを与えられる。 今までにないスキルに勇者としてもてはやされたが、そのスキルは一向に効果を発揮せず、ブレイは勇者小学校の卒業と同時に勇者一族の家系から勘当されてしまう。 冒険者の夢があきらめきれないブレイは荷物持ちとして勇者パーティに入るが、弱いままのブレイはすぐに....
著者 : 佐藤謙羊
小説家になろう

俺のはずれスキル『RPG』がチートすぎる 勇者たちから無能なオッサンと呼ばれ追放されたが自殺寸前にスキルが覚醒 すべてを無限にする力で真の勇者として無双する 化けの皮が剥がれたニセ勇者たちは大没落

ブレイは幼い頃に『神ゲー』のスキルを与えられる。 今までにないスキルに勇者としてもてはやされたが、そのスキルは一向に効果を発揮せず、ブレイは勇者小学校の卒業と同時に勇者一族の家系から勘当されてしまう。 冒険者の夢があきらめきれないブレイは荷物持ちとして勇者パーティに入るが、弱いままのブレイはすぐに....
著者 : 佐藤謙羊
カクヨム

最弱職と村を追い出されましたが、突然勇者の能力が上書きされたのでスローライフを始めます

十五歳になり、その者の能力指標となる職業ランクを確認した少年、スウェイン。 彼の職業ランクは最底辺のN、その中でもさらに最弱職と言われる荷物持ちだったことで、村人からも、友人からも、そして家族からも見放されてしまい、職業が判明してから三日後――村から追い出されてしまった。 職業ランクNは、ここラクス....
著者 : 渡琉兎
小説家になろう

だから聖女ではなく聖女だと、何度も言ったでしょう。

聖女として召喚された少女は、何の力も無い普通の人だった。召喚した国の者達は、聖女でなければ意味がないとばかりに、城の隅にある小さな小屋に少女を押し込め、1年・・・少女は聖女の名を語った詐欺師として、絞首刑になろうとしていた。勇者は助けてくれるけど・・・魔王は好きだと言ってくれるけど・・・私の求めてい....
著者 : のんびり歩く
小説家になろう

勇者パーティで荷物持ちさせられていたオッサン、勇者になる! 実は重量無限、スタミナ無限、武器耐久力無限、壺を壊しても怒られない最強スキルの持ち主でした。勇者「お願いだから戻ってきて、オッサン!」

ブレイは幼い頃に『神ゲー』のスキルを与えられる。 今までにないスキルに勇者としてもてはやされたが、そのスキルは一向に効果を発揮せず、ブレイは勇者小学校の卒業と同時に勇者一族の家系から勘当されてしまう。 冒険者の夢があきらめきれないブレイは荷物持ちとして勇者パーティに入るが、弱いままのブレイはすぐに....
著者 : 佐藤謙羊
タイトルとURLをコピーしました