恋愛の小説一覧

小説家になろう

婚約破棄すると毎日会いに来られないけど、かまわない?

 王太子であるノエルにいつものように会いに来た、婚約者のマーガレットは、いつになく真剣な様子の彼に何かあったのかと問いかける。  しかしその問いかけには答えずに、ノエルはマーガレットと婚約を破棄したいのだと言い出した。  それにマーガレットが嫌いだとも。言われて、マーガレットは仕方なく婚約したと....
著者 : ポンポコ狸
小説家になろう

【全14話・完結】離婚の慰謝料は瞳くりくりのふわふわ猫でした!

【異世界恋愛・ざまぁ系・ハピエン】 私はディアンナ・ラングストン。元マクギャリティ侯爵夫人。 「元」というのは、夫と離婚したから。 元夫ときたら結婚当初から長期にわたってお付き合いする3人もの浮気相手がおりまして、彼の自由奔放っぷりに私は当然うんざりしていたわけです。 でも、離婚して清々しい気持....
著者 : 幌あきら
小説家になろう

転生特典《MOD作成》を手に入れたので、改造コードを打ちまくったら世界最速で賢者になってしまった~チート能力を無限追加できる俺だけが異世界最強~

「俺……転生したのか?」  趣味がゲームのMOD作成の俺、マモルは過度な疲労の末死亡し異世界に転生してしまう。何も知らない異世界に転生してしまった俺は絶望するが、決して希望がないわけではなかった。  それは、《MOD作成》という転生特典を手に入れていたからである。  この能力はゲームのMODと....
著者 : 夜分長文
小説家になろう

ガン飛ばれさたので睨み返したら、相手は公爵様でした。これはまずい。

 アンジェリカ・レリオーズには前世の記憶がある。それは日本のヤンキーだったということだ。そんなアンジェリカだが、完璧な淑女である姉クリスタルのスパルタ指導の甲斐があって、今日はデビュタントを迎えていた。クリスタルから「何よりも大切なのは相手に下に見られないことよ」という最後の教えを、アンジェリカは「....
著者 : 咲宮
小説家になろう

ヒトナードラゴンじゃありません!~人間が好きって言ったら変竜扱いされたのでドラゴン辞めて人間のフリして生きていこうと思います~

冒険者「スイラ」の正体は竜(ドラゴン)である。 彼女は前世で人間の記憶を持つ、転生者だ。前世の人間の価値観を持っているために同族の竜と価値観が合わず、ヒトの世界へやってきた。 「ヒトとならきっと仲良くなれるはず!」 そう思っていたスイラだがヒトの世界での竜の評判は最悪。コンビを組むことになったエル....
著者 : Mikura
小説家になろう

今度は君を幸せに

「貴様はナイーゼ家内の部屋に軟禁させてもらうこととする」 「お願い、どうかそれだけはっ」 実の妹に数々の悪事を働いた公爵令嬢リリア・ナイーゼ。彼女は遂に皇太子の手によって断罪された。それも、大勢の貴族の前で。 しかし次の日、皇太子カルロ・イル・アスベルトが目を覚ますと、彼はリリアの身体に憑依して....
著者 : 荒川きな
小説家になろう

血塗れの吸血鬼一族(※誤解)の嫁き遅れ公女、残虐な串刺し公に嫁入りする

二十歳の誕生日を迎えたバートリ家のご令嬢エリザベルは、吸血鬼の一族と誤解され、結婚相手が見つけられずにいた。 そんな中、宗主国の王から、隣国のワラキア公との結婚を勧められてしまった。 ワラキア公と言えば、敵味方関係なく串刺しにしてしまう、〝串刺し公〟という異名があった。 そんな残酷な人物との結婚なん....
著者 : 江本マシメサ
小説家になろう

結婚式が婚約破棄裁判の会場となった理由

学院から邸に戻ると、今日から婚約者になったというトリスタンが私を待ち構えていた。それから1年後……結婚式当日、伯母に誘われた早朝散歩中での出来事。私と伯母が目にしたものは――。「マリアナは、知らぬ顔で結婚式に出るのです」そう言って、伯母は何かを閃いたかのように瞳を輝かせた……。....
著者 : ハル
小説家になろう

幽閉王女と指輪の精霊~嫁いだら幽閉された!餓死する前に脱出したい!~

 同盟国へ嫁いだヴァイオレット姫。夫である王太子は初夜に現れなかった。たった1人幽閉される姫。やがて貧しい食事すら届かなくなる。長い幽閉の末、死にかけた彼女を救ったのは、家宝の指輪だった。  1年後。同盟国を訪れたヴァイオレットの従兄が彼女を発見する。忘れられた牢獄には姫のミイラがあった。激怒した従....
著者 : 二階堂吉野
小説家になろう

白い恋人〜生まれ変わって美しくなりたい…って、蝶?!次は蜘蛛?!食べられる度に進化してる〜

醜さ故に家族から虐げられ、絶望の中死んだ少女がいた。彼女は祈った。「生まれ変わったら、美しくなりたい。誰からも愛されるように」目が覚めると彼女は美しくなっていた。ただし白い蝶として。「思ってたのと違う…」 ある日、隻眼の王子にカマキリに襲われていたところを救われる。一目惚れした彼女は無力な蝶なりに彼....
著者 : 二階堂吉野