恋愛の小説一覧

小説家になろう

帝国元老院で議長をやっとるジジイですが、今日も町で「元老院って悪さしてそう」「腐敗して汚職とかやってそう」「議長は絶対黒幕」と陰口を叩かれます

メーガス帝国元老院にて議長を務めるウォーレンには悩みがあった。 彼が町を歩いていると―― 「元老院は悪い事してそう」 「腐敗して汚職やってそう」 「ウォーレン議長は絶対黒幕」 などと陰口を叩かれる。 どうやら元老院に悪役イメージがついてしまったらしい。 妻に励まされるも、やはり悪役イメージを払拭....
著者 : エタメタノール
小説家になろう

あなたが私を捨てた夏

私は、ニコライ陛下が好きでした。彼に恋していました。 幼いころから、それこそ初めて会った瞬間から心を寄せていました。誕生と同時に母君を失った彼を癒すのは私の役目だと自惚れていました。 ずっと彼を見ていた私だから、わかりました。わかってしまったのです。 ──彼は今、恋に落ちたのです。 アルファポリ....
著者 : @豆狸
小説家になろう

【連載版】落ちこぼれ令嬢は、公爵閣下からの溺愛に気付かない〜婚約者に指名されたのは才色兼備の姉ではなく、私でした〜

アイルノーツ侯爵家の落ちこぼれ。 才色兼備の姉と異なり、平凡な才能しか持ち得なかったノアは、屋敷の内外でそう呼ばれていた。だが、彼女には唯一とも言える特別な能力があり、それ故に屋敷の中で孤立していても何とか逞しく生きていた。 そんなノアはある日、父からの命で姉と共にエスターク公爵家が主催するパーテ....
著者 : アルト/遥月@漫画アプリPalcyにて読切漫画公開中!
小説家になろう

大好きだった彼女に浮気されたから彼女とその浮気相手に復讐してやろうとしていると浮気相手の彼女と仲良くなった

高校2年生の須羅 花登には彼女がいた。 花登はその彼女のことを溺愛していた。 だがそんな彼女は花登とは別の男と浮気していた。 花登はそんな彼女のことが許せなくて復讐することを考える。 そんな計画を立てて動いていると彼女の浮気相手の彼女と関わり合っていって・・・ ....
著者 : ハル
小説家になろう

悪役令嬢は婚約破棄を狙っている

リネーアは、婚約者である第三王子が好きになれない。いつも不機嫌で、態度が悪いからだ。 ある日リネーアは、第三王子が男爵家の令嬢と仲良く過ごしているのを目撃する。 自分には見せたことのない明るい顔で楽しそうに過ごす第三王子を見て、ついにリネーアは見切りをつけた。 この婚約が破棄になるのなら、「悪役令嬢....
著者 : なかしまえり
小説家になろう

【コミカライズ】自称“平凡”な癒しの聖女ですが、王子から婚約者として執着されています。

【9/19(月)FLOS COMICさまにてコミカライズ開始】 (旧題『私、平凡でいいんです。~目立ちたくないのに、学園一目立つ先輩から執着されるのですが~』) 『輝くような髪、白い肌、翠の瞳、強い癒しの力を持つ少女』。 王家が王子の婚約者として探し求めている人物像に、なぜか完全一致する少女フロー....
著者 : 小桜
小説家になろう

【完結】錬金術師は孤独な少女を見捨てない ~S級パーティで孤立した少女をかばって辺境の街へ追放されましたが、追放先ではお砂糖成分多めのスローライフします~

※第2回一二三書房WEB小説大賞 二次選考通過しました! 「お前 "も" 追放するーー!」 この世界で忌み嫌われる『赤い瞳』を持つクールな少女をかばい、一緒にS級パーティを追放されてしまったお人好しな錬金術師、ニコ・フラメル。 追放された二人は新たにパーティを組んで、辺境....
著者 : 三月菫
小説家になろう

放課後、ファミレスで、クラスのあの子と。

 成海紅太《なるみこうた》、高校生二年生。母親が再婚し、新しい父親に加えて優秀な義妹までついてきた。そんな新しくはじまった生活に馴染めず、新しい家族から逃げるようにバイトを入れては、帰りにギリギリまで夜のファミレスで時間を潰す生活が続いていた。  そんなある日、紅太は自分と同じように、決まった時間に....
著者 : 左リュウ
小説家になろう

私のせいで婚約破棄されたそうでお城を解雇されました。【続編あります】

ロスケラー男爵令嬢オーレリア・プレヴォールアーは貧乏男爵家のために頑張っていました。オーレリアの得意とする光魔法は毎晩広い王城中の明かりを灯すために必要とされていたから、お給料もたんともらっていました。 しかしある日、オーレリアは仕事中、うっかりユーグ王子とアフリア侯爵令嬢ソランジュの密会に遭遇して....
著者 : ルーシャオ
小説家になろう

【完結】婚約者の浮気現場を見た悪役令嬢は、逃亡中にジャージを着た魔王に拾われる

※タイトル変更しました!旧タイトルは『それは本当に全て、魅了魔法のせいですか?』 学園卒業後、愛する人との結婚式を控え、私は幸せの余韻に浸っていた。 でもその幸せは、突然異世界から現れたユリカという少女に粉々に壊された。 彼女は王家に代々受け継がれる歴史書に記述されている、200年に一度現れ....
著者 : ハナミズキ
タイトルとURLをコピーしました