恋愛の小説一覧

小説家になろう

笑わずの聖女といわれる私と婚約したいとやってきた王太子殿下、あなたの愛は偽りです。愛していると囁いたあなたは裏切り者、私は絶対にあなたを許さない。

聖女と王太子は婚約する、そんな約束事がある我が国。 聖山に王太子がやってきて聖女である私を婚約者に指名しました。 笑わずの聖女、微笑みを知らぬ聖女と呼ばれる私、私がなぜそうなったのか、野心をその目に宿らせる王太子は知らないという。 私はあなたを愛さない、永遠に…その理由は。....
著者 : 志信
エブリスタ

あいにくですが、エリート御曹司の蜜愛はお受けいたしかねます。

ひょんなことから旅行中の学生くんと知り合ったわたし。全然そんなつもりじゃなかったのに、なぜだか一夜を共に……。 傷心中の年下を喰っちゃうなんていい大人のすることじゃない。せめてもの罪滅ぼしと、三日間限定で家に置いてあげた。 ―――なのに! その正体は、ななな、なんと! グループ親会社の役員!し....
著者 : 汐埼ゆたか
エブリスタ

イケメン小説家に拾われました。

派遣切りによって、 無職になってしまった悠夏。 家賃も払えず、 仕事も見つからず、 もはやこの体を 売るしかないのかと 思い詰めていたところ、 1人の男に出会う。 「私の家にいらっしゃいませんか。」 マイペースなイケメン小説家と、 真面目で苦労性の悠夏。 ちょっと笑えて、 ドキドキ....
著者 : ひなた
エブリスタ

フォンダンショコラな恋人

宝条翠咲はとある保険会社の『査定』という支払を担当する部署で、主任として働いている。 現在引き受けている案件が、弁護士への相談が必要であり、顧問弁護士に相談することとなったのだが、その顧問弁護士である倉橋がとにかく感じ悪いのだ。 淡々と「ダメです。これでは無理です」と返してくる倉橋弁護士に翠咲は....
著者 : 如月そら
エブリスタ

京男との甘い情事

完結しました。 読んでくださった皆さまに感謝✩.*˚ 以前にこちらで掲載していた作品です。 続きも書いています。 京言葉を話す彼とは一回りも年令が離れている。 大人な彼には、いつも翻弄されてしまう。 特にベッドの上ではかなわない。 甘々な大人の彼にとことん甘やかされて蕩けてしまう女の子....
著者 : しおん
エブリスタ

Off the record.

「Off the record. 」 【意味】記録にとどめない、非公式 出版社のデジタルコンテンツ(電子書籍)部 社会人5年目、仕事一筋に邁進中の 榛世 あすみ(28)は、 担当中の人気作家から、とある依頼を受ける。 《ちょっと一発、 "ドキドキのオフィスラブ"、かましてきてくれない?》 「…....
著者 : 柑実 ナコ
小説家になろう

アラフォー主婦の異世界転移~この年でありえない・・・

主婦が出勤途中でダンジョンに巻き込まれ、異世界に転移してしまう。 放り出された世界はファンタジーの世界。転移した身体には魔素がない為、身体は大人なのに0歳と言うおかしなステータス。 助けてくれた、イケメン冒険者に面倒を見てもらいながら、異世界を旅するお話です。 昨年12月にムーンライトノベルズ様よ....
著者 : Rapu
小説家になろう

妹のたくらみで私は妹いじめの悪役令嬢として愛する王太子に婚約破棄され、辺境送りとなった。そして20年後、何故か王弟が私の勤める魔法協会にやってきて私に婚約者になるように求めたが?

私は20年も前に傲慢であることを理由とされ、婚約破棄された悪役令嬢だった。 それは私よりも狡猾な妹に陥れられたからだったが。 私は辺境送りとなり下町に捨てられたが、そこで旅の魔法使いに拾われ、今は魔法協会支部長になっていた。 そんな私の前に王弟がやってきて私に婚約者になってくれと言ってきたのだが。 ....
著者 : 悠理
小説家になろう

妹の裏切りで婚約破棄された悪役令嬢が断罪されて辺境追放された森で歩いていたら、空の上から弟からの裏切りで王女から婚約破棄された悪役令息が降ってきて?

妹に裏切られ、婚約者の王太子殿下に婚約破棄され、妹いじめの罪で辺境送りになった姉でした。 辺境の魔の森でぽいされたら、なんと空の上から一人の男性が降ってきて? その人は私となぜかよく似ていて? 彼も私と同じように弟に裏切られ、王女に婚約破棄されて、罪人が送られるという門をくぐったらここだったそうです....
著者 : かのん
小説家になろう

笑わずの聖女といわれる私と婚約したいとやってきた王太子殿下、あなたの愛は偽りです。愛していると囁いたあなたは裏切り者、私は絶対にあなたを許さない。

聖女と王太子は婚約する、そんな約束事がある我が国。 聖山に王太子がやってきて聖女である私を婚約者に指名しました。 笑わずの聖女、微笑みを知らぬ聖女と呼ばれる私、私がなぜそうなったのか、野心をその目に宿らせる王太子は知らないという。 私はあなたを愛さない、永遠に…その理由は。....
著者 : 志信
タイトルとURLをコピーしました