悪役令嬢の小説一覧

小説家になろう

断罪予定の悪役令嬢の行く末

 ヌルい断罪を受ける予定の悪役令嬢Aに転生してしまったわたくし。ヒロインちゃんが第一王子殿下ルートかハーレムルートでハッピーエンドを迎えない限り、断罪もされず行く末は王妃!  そんなのホント無理なんで、どうか!どうか!わたくしを断罪ルートにのせてください〜! 21.09.09 本編完結 R15....
著者 : みずのとさやか
小説家になろう

姉にいじめられた!といつもいう妹ですが、私が妹のためを思って言うことがすべていじめになるとは…。そして私はそのせいで婚約者である王太子殿下に婚約破棄をされてしまったのです。さすがにもう許せませんわ。

妹のためを思い注意してきたことが妹いじめになる。 そんな理不尽なことがあるなんて。 私は婚約者の王太子殿下に妹いじめの罪で婚約破棄されてしまいました。 私は妹の悪巧みに腹が立ち、これまで隠していた能力を使い復讐をすることにしたのです。....
著者 : 理乃
小説家になろう

推しの幸せのためならば婚約破棄でも喜んで、私は推しを推しに推す

「ああああぁあああぁぁああああっ‼︎」  貴族の子息子女が通う学院の中庭で婚約者の王太子とお茶を楽しんでいたフィオナは、突如良家の子女にあるまじき奇声をあげた。急に前世の記憶が蘇り、ここが乙女ゲームの世界で自分が目の前の婚約者に近い将来婚約破棄され、悪女堕ちして修道院送りになると気づいたからだ。破滅....
著者 : 蛹乃林檎
小説家になろう

美男美女の両親から生まれていじめられてきた不細工な私が、美貌の妹に婚約者である王太子殿下を奪われすべてに復讐を決意するまで。顔がすべての価値観をひっくりかえしてあげますわ!

美男美女から生まれた不細工な長女が私です。 妹は国一番の美貌と言われて両親から可愛がられて、私は妹からいじめられてきました。 そして私が魔力量の高さから王太子の婚約者に選ばれて…。 でも殿下も顔が一番の人で、私は不細工が婚約者は嫌だと婚約破棄されてしまったのです。 妹が誘惑したからだと知った私は全て....
著者 : みこと
小説家になろう

【書籍9/10発売】恋した人は、妹の代わりに死んでくれと言った。~妹と結婚した片思い相手がなぜ今さら私のもとに?と思ったら~

◆書籍版 1巻が【2021年9月10日】、2巻が【2021年11月10日】にTOブックス(イラスト:とよた瑣織先生)で発売予定です!コミカライズ企画も進行中◆ 令嬢ウィステリアは、美しく優しい公爵家令息ブライトに恋をしていた。 彼との婚約を目指し、悪評にもめげず努力を重ねる。 けれど、ブライトがよ....
著者 : 永野水貴
小説家になろう

まったく心当たりのない理由で婚約破棄されるのはいいのですが、私は『精霊のいとし子』ですよ……?

精霊信仰の盛んなクレセント王国。 その王立学園の一大イベント・舞踏会の場で、アリシアは突然婚約破棄を言い渡された。 まったく心当たりのない理由をつらつらと言い連ねられる中、アリシアはとある理由で激しく動揺するが、そこに現れたのは──。 ※カクヨム・アルファポリス・エブリスタ等にも掲載しています。....
著者 : 空月
小説家になろう

人の心がわからない妹に振り回されてきました。そしてとうとう私が注意をしていたせいで妹いじめの姉として私は殿下に婚約破棄をされてしまったのです

人の心の痛みがわからぬものがいる。 それは私の妹だ、美貌で知られ、頭もよく魔力量も高い、そつがなく何をさせても器用にできる。 家柄も侯爵。 そんな妹は人の心がわからない。 自分を愛したという男が、婚約者に婚約破棄をしたということを聞いてもそうとただ笑うだけ。 あなたに魅力がなかったからでは? とまで....
著者 : みこと
小説家になろう

私をいじめるお姉さまが婚約者である王太子殿下に無視される訳を妹の私だけが知っている

私をいじめるお姉さまがなぜ婚約者の王太子殿下に無視されるようになったのか? 私は知ってますわよ。 どうしてこんな簡単なことがわからないのでしょうかねぇ。....
著者 : 周防
小説家になろう

父が魔物と契約をして5人いた娘の内一人が婚約者になるはずだったのですが…後に生まれた6番目の娘である私がいつも私をいじめるお姉さまたちにその役目を押し付けられました。絶対に婚約破棄させて見せますわ!

魔の森にまよいこんでしまったお父様、魔物と約束をしてそこからだしてもらったのですが。 その約束が娘のうちの一人を婚約者にすることでした。 それが14年前、そのとき生まれていなかった6番目の娘の私がその役目をいつもいじめるお姉さまたちから押し付けられてしまいまして。 絶対に婚約破棄させてもらいますわ!....
著者 : 真夏
小説家になろう

高い塔の上でただ国の平和を祈り続ける聖女は、昔婚約者である王太子に裏切られ、婚約破棄をされたまだたった12歳の哀れな少女でありました。私は彼女のお世話係、聖女の話を聞くものです

高い塔の上で聖女様はこの国の平和と安定、繁栄を祈り続ける。 私は聖女様のお世話係、今日も聖女様は昔、愛した婚約者の王太子に裏切られ どうしてこの塔の上に閉じ込められることとなったのか私に語り掛けるのです。 まだたった12歳ほどの少女に見えましたが、200年以上もこの高い塔の上に彼女はいるのです…。そ....
著者 : 志桜里
タイトルとURLをコピーしました