成り上がりの小説一覧

小説家になろう

ミミックスキルを極めて大逆転人生を行け!~無能だと見捨てられた最弱テイマー、自分にだけ使える【ミミック専用スキルボード】の存在に気付く~

【ミミックしか使役できない最弱…じゃなかった!?】 テイマーであるがミミックしか飼い慣らせない一条奏多。 所属パーティーのリーダーに裏切られ、上級モンスターであふれるダンジョンに置き去りにされてしまう。 瀕死の奏多は、逃げた先にいたミミックに寄り掛かったところ・・・何故かミミックからスキルボードが....
著者 : 忍人参(NinNinzin)
小説家になろう

「文句があるなら俺より稼いでみろ」と言われたので、そうすることにしました~現代知識で日本文化を流行させて成り上がります~

「文句があるなら俺より稼いでみろ」――不貞していた婚約者は、謝罪をすることもなく「浮気は男の甲斐性だから、そのくらい笑って許せるようになれ」と言ったあげく、そんなことを吐き捨てた。 こんな男とこれ以上一緒にいられるわけがない。侯爵令嬢であるレティーは、これからは自分の力で生きることを決意する。前世....
著者 : 神田なつみ
小説家になろう

婚約破棄された公爵令嬢。孤島に追放されましたが、精霊の加護で成り上がります~私を追放した王子ですか? 他国の王の怒りをかって死罪だそうです~

「お前との婚約を破棄したいから、お前を罪人ということにさせてくれ」 婚約者であり第四王子である彼は、自分が不貞したというのに、悪人になりたくないからと私に罪を押し付けて、私を島流しにした。 私が暮らすことになったのは、守護精霊に見放されて、とても人間が住めるような環境ではなかった島。しかし私はそ....
著者 : 神田なつみ
小説家になろう

アルバイトをクビにされたけど同じクラスの美少女に拾われて一緒に働くことになった

 この物語はクラス一番の嫌われ者が一転、気付けば後に引けないくらい学校で一番の有名人になってしまう少年の成り上がりスクールライフです。 ☆あらすじ☆   高校進学と同時に小さな飲食店でアルバイトを始め、慣れない生活の中でも猫と僕だけで過ごす穏やかな暮らし。入学して3カ月が経とうというのに新しい....
著者 : 山吹祥
小説家になろう

世知辛異世界転生記(漫画版タイトル:餓死転生 ~奴隷少年は魔物を喰らって覚醒す!~ )

 魔法や魔物が存在する世界で農奴の子供として生まれた彼――レウルスには現代日本で生きた前世の記憶があった。  しかし、前世とは常識も環境も異なる世界では前世の知識もほとんど役に立たない。  劣悪な住居、過酷な労働、満足に得ることができない食事。  それでも前世の経験を頼りに生き延びたレウルスは十五歳....
著者 : 池崎数也
小説家になろう

帰還した元勇者はVRMMOで無双する。〜目指すはVTuber義妹を推して推しまくる生活~

ある日突然異世界に召喚された俺は一年で勇者としての役割を無事達成し、日本へと帰還した。無事義妹と再会しめでたしめでたし……で終わりではない。なんと、義妹はVTuberになっていた! それも世界で注目を集めていたVRMMO『リトル・ブレイブ・オンライン』の宣伝担当として! 義妹にアイテムを貢ぐために俺....
著者 : 木嶋隆太
小説家になろう

ゼロ転生 ~ 気ままなモブスタート ~

顔も頭も良く、金も名声も持っていたハイスペックな女社長の“私”はある日死んで、可愛げのないみすぼらしい孤児の幼女に生まれ変わった。しかも魔物の跋扈する異世界に。一瞬ですべてを失って絶望?―――することもなく。“私”は、この世界の必要知識を仕入れ、戦う力をつけ、金を稼いでゆくことにした。ゼロスタートで....
著者 : もののめ明
小説家になろう

【連載版】 後宮の宝石鑑定士は黙ってない!

宝石鑑定士として働く私には、母親の決めた婚約者がいた。 荷物持ちや支払いを強要してくる最低の男だったが、 地味な自分には他に相手がいないからと、その婚約を受け入れていた。 ある日、実家に帰ると、妹が私の婚約者と浮気をして妊娠していた。 さらに「浮気して、何が悪い?」と開き直り、 母も「お姉ちゃんな....
著者 : 上下左右
小説家になろう

辺境の村の英雄、四十二歳にして初めて村を出る

四十二歳のおっさんにして村の英雄、グレアム・ウォード。 グルザルム王国の辺境にあるフーロ村で生まれ、一度も村から出ることなくこの歳まで生きてきた。 平穏に暮らせていたのなら良かったのだろうが、このフーロ村は魔王領の真隣に位置しているという史上最悪の立地の村。 魔王領からやってくる魔物の数は半端ではな....
著者 : 岡本剛也
小説家になろう

後宮の宝石鑑定士は黙ってない! ~「浮気して何が悪い?」と開き直る婚約者に制裁を~

宝石鑑定士として働く私には、母親の決めた婚約者がいた。 荷物持ちや支払いを強要してくる最低の男だったが、 地味な自分には他に相手がいないからと、その婚約を受け入れていた。 ある日、実家に帰ると、妹が私の婚約者と浮気をして妊娠していた。 さらに「浮気して、何が悪い?」と開き直り、 母も「お姉ちゃんな....
著者 : 上下左右