最強の小説一覧

小説家になろう

【連載版】婚約破棄? 私が能無しのブスだから? ありがとうございます。これで無駄なサービスは終了致しました。【完結】

辺境地の男爵家の令嬢であるリフィルはとある日、都からやってきたダリアス侯爵に見染められ婚約者となるが、突然婚約破棄を申し渡される。 それを喜んで受けたリフィルは、これまでの事を思い返す。彼女には貴族の嗜みである上位魔法の中でも、少し変わった『魔力提供』という物でこれまでダリアス侯爵を支え続けてきた....
著者 : ごどめ
小説家になろう

炎の皇竜がダンジョンを統べる〜俺だけ使える竜のスキルで現実世界のダンジョンを攻略する。冒険者として人生をやり直し、全てを手に入れる~

家族も金も学もない青年、直人は昔拾った相棒の子魔物「リュー」と一緒に慎ましく暮らしていた。 直人の仕事は攻略済みダンジョンへ入り、ダンジョン内から貴重な魔物の素材や魔法石を採掘して外へ運び出す、いわゆる「ダンジョン採掘者」だった。 けれどある日、直人は雇い主の冒険者に裏切られて殺されてしまう。 ....
著者 : 八茶橋らっく
小説家になろう

狂犬わんことお嬢様

「お前とは婚約破棄をする!」 王太子がそう叫び、公爵令嬢を睨む。そこから断罪劇が始まるかと思われたが、 「お嬢様に何言ってんだ!!」 公爵令嬢が口を開くより前に、一人の少年が王太子を殴りつけていた。....
著者 : 池中織奈
小説家になろう

ツンデレ義妹に『いなくなれ』と言われた俺は、本当に行方不明になった

身寄りのない俺は高貴な家柄に引き取られた。 中等部のとある日、ツンデレ義妹の財布を探しに行ったまま俺は行方不明になった。 二年間の月日が流れ、俺は家族の元へと帰ってきた。 「――わ、私が、いなくなれって言ったから……」 「安心しろ、ちゃんとこの家を出ていくぜ」 「――えっ……」 帰ってきた....
著者 : 野良うさぎ(うさこ)
小説家になろう

【書籍化】その亀、地上最強【コミカライズ】

ブルーノは八歳の頃、祭りの出店で一匹の亀を手に入れた。 その亀、アイビーはすくすくと成長し続け……一軒家よりも大きくなった。 ブルーノはアイビーが討伐されぬよう、自らを従魔師(テイマー)として登録し、アイビーと一緒に冒険者生活を始めることに。 昔のようにブルーノの肩に乗りたくて、サイズ調整までできる....
著者 : しんこせい(わしジジイ1巻5/2発売&コミカライズ決定!)
小説家になろう

その亀、地上最強

ブルーノは八歳の頃、祭りの出店で一匹の亀を手に入れた。 その亀、アイビーはすくすくと成長し続け……一軒家よりも大きくなった。 ブルーノはアイビーが討伐されぬよう、自らを従魔師(テイマー)として登録し、アイビーと一緒に冒険者生活を始めることに。 昔のようにブルーノの肩に乗りたくて、サイズ調整までできる....
著者 : しんこせい(わしジジイ1巻5/2発売&コミカライズ決定!)
小説家になろう

最弱錬金術士の領地経営、勇者から追放されるも実は俺だけ作れる伝説級アイテムで、気がついたら最強の領地になっていた

【ハイファンタジー21位】勇者パーティーから追放された俺。役に立たないのが理由で、パーティーだけでなく冒険者ギルドまでも追放された。勇者グラティアスからは報酬も与える価値はないとされて、金まで奪われてしまう。追放された俺は、本当に追放していいのと思う。なぜなら俺は錬金術士であり、実は俺だけ作れる伝説....
著者 : 奥野 将臣
小説家になろう

ジョージは魔法の使い方を間違っていた!? 〜ダンジョン調査から始まる波瀾万丈の人生〜

ジョージはエクス帝国魔導団所属の落ちこぼれの魔導師だ。 毎日の楽しみは唯一得意の魔力ソナーで憧れの騎士団所属のスミレの魔力を感じる事。 そして修練場で訓練するスミレを直に眺めるのがジョージの癒しだった。 その日もスミレを眺めて喜んでいたジョージは魔導団団長より呼び出しを受けた。 ジョージは団長より帝....
著者 : 葉暮銀
小説家になろう

ヒロインにガチ恋したら、世界が変わった。~世界最強のゲーマーは、ゲームの世界で最強の騎士になる~

 問 ゲームのヒロインに恋をしてはいけないのか…  現実世界よりも長くあの世界で過ごした気がする。 親に捨てられた少年は、ゲームの世界にのめり込んだ。  『Knight of The Giant』世界的人気タイトル。 VRロボット対戦ゲームの世界チャンピオンになるぐらいには。  青春のすべて....
著者 : かずーた
小説家になろう

アイテムボックスの最も冴えた使い方~チュートリアル1億回で最強になったが、実力隠してアイテムボックス内でスローライフしつつ行商する~

「アイテムボックス発動 収納 自分自身!」  これしかないと思った!   自宅で休んでいたら突然異世界に拉致され、邪蒼竜と名乗る強大なドラゴンを前にして絶対絶命のピンチに陥っていたのだから。  奴に言われるがままステータスと叫んだら、アイテムボックスというスキルを持っていることが分かった。  得た能....
著者 : うみ
タイトルとURLをコピーしました