溺愛の小説一覧

小説家になろう

【書籍化作品】出戻り令嬢の再婚【再掲載】

「僕の元を去る……そんなことは絶対に許さない!」 夫の浮気が原因で離婚したミランダに持ちかけられたのは、顔の火傷跡が理由で屋敷に引きこもっているという伯爵との再婚話だった。縁談を受け入れたミランダだったが、式当日、顔を合わせた花婿はなぜかそっけない。ところが、彼の本心は違うようで――。 訳あり令....
著者 : 真崎オリエ(jupiter)
小説家になろう

【完結】ごめんなさい、わたくし、悪役令嬢なので

婚約者となったわたくしと彼の初の顔合わせの場。そこで、彼はわたくしを見て言いました。 「こんな辛気臭い奴との婚約なんて嫌だ」と。 なので、わたくしは頑張りました。そして、いつしかわたくしは「完璧な令嬢」と呼ばれるようになりました。 ですが、彼は完璧となったわたくしを見て言いました。 「つまらない....
著者 : 華宮ルキ
小説家になろう

元公爵令嬢は隣国の公爵様に溺愛されています ~婚約破棄、国外追放しておいて今さら聖女と持ち上げようとももう遅い、私は今大好きな幼馴染と幸せに生きています~

公爵家の長女であるアーニャは、自国の王子と婚約関係にあった。しかし、舞踏会の会場にて「婚約破棄」、「国外追放」が言い渡されてしまう。そんなアーニャを助けたのは、幼馴染にして隣国の公爵様だった。公爵様はアーニャをメイドとして雇い、アーニャの新たな人生がそこから始まった。しかし、アーニャには隠していた気....
著者 : 木嶋隆太
小説家になろう

こちらが妻の姫将軍です

「わたくしの代わりに屋敷を守ってくれる殿方がほしいんですの。」 美しい赤薔薇の園の中で唯一、金色に輝く髪の彼女――軍服を纏うエリューシア・テム・アルストロメリアはそう言った。 行き遅れのおっとり男子フィエン。 突然のお見合い話は、勇猛果敢な“姫将軍”からだった。 軍人として忙しい彼女に、くつろ....
著者 : マトン
小説家になろう

第一王子は婚約者一筋です。

第一王子が起こした気紛れにより庶子の男爵令嬢は第一王子に近付くことを許された。そのせいで、卒業パーティー中に第一王子の婚約者への断罪劇が始まることになった。 長くなったので前編と後編、その後の三話構成にしました。 【日間異世界〔恋愛〕】にてランキングに載っておりました!応援ありがとうございます。....
著者 : 奏凪
小説家になろう

【書籍化+コミカライズ】あの、わたしと婚約して頂けませんか!?

「……いいよ、婚約しようか」 貧乏伯爵家の令嬢であるアリスは、幼少期から彼女をいじめ抜いてきた幼馴染のグレイとの婚約を決められてしまう。 なんとか彼との婚約だけは避けたかったアリスが自棄になって適当に婚約を申し込み、それを受けた相手は公爵家の長男であり眉目秀麗で名高いアーサーだった。 「アリスは....
著者 : 琴子
小説家になろう

【書籍化決定】家族に役立たずと言われ続けたわたしが、魔性の公爵騎士様の最愛になるまで【本編完結済み】

美人で魔法の才能がある妹と違い、平凡で無能なエルマ。 父からも妹からも役立たずと疎まれ、いじめられ続けてきた。 ある日彼女は、顔を布で隠している男と出会う。 彼はその美貌を目にした相手の正気を奪ってしまう、“魔性”と恐れられている騎士だった。 うっかり素顔を見てしまったエルマだが、惑わされない。....
著者 : 鳴田るな
小説家になろう

男運ゼロの薬師令嬢、初恋の黒騎士様が押しかけ婚約者になりまして。~私が欲しいのは婿であって生け贄ではない~

女神様の戯れで「ラクラク恋愛シミュレーション転生システム」で転生した伯爵令嬢リディア。 王子様と出会い、女神の加護で病気を治して結婚!という楽勝人生を歩むはずが、 母のために加護を使ってしまって運命が変わってしまう。 これはもう仕方がない、と薬師としての知識を磨いて自力で幸せになろうとがんばるが、父....
著者 : 柊 一葉
小説家になろう

置き去られた花嫁は、辺境騎士が捧げる切ない愛に気がつかない

 ミッドラーン王国の末の王女、14歳のリザは母親の身分が低いため、離宮で隠れるように暮らしていた。  そんなリザに突然兄王から命が下る。 「騎士エルランド・キーフェルに嫁げ」  リザは会ったその日に辺境領主エルランドと政略結婚することに。 「全て言いなりになるのは嫌だ」  おざなりな結婚式の後、誇り....
著者 : 文野さと
小説家になろう

初恋 〜その後で〜

前短編【初恋】のその後。あの2人の蜜月。 婚約したので、仕方なく社交界に顔を出しているルーフィスと、その婚約者フィーナの話。ただただ、甘いだけで嫌な事は何もありません(笑)甘いのが苦手の方は閲覧注意。 前短編を読んで頂いたかなくても、読めるようになっておりますが、合わせて読まれた方が楽しめるかな?....
著者 : 神山 りお
タイトルとURLをコピーしました