溺愛の小説一覧

小説家になろう

転生令嬢はゲームの世界に居る~未プレイ主人公と既プレイ転生者の鬱ゲー攻略~

気づいたら剣と魔法のファンタジー世界に転生していた。これで私もチート無双! なんて思っていた伯爵家の令嬢、ウリアは3歳のとき、全てのステータスが最低値であると告げられる。 父はそんなウリアを見捨て、母は心労で亡くなっていしまう。 頑張るが、一向にステータスは伸びない。 そんなある日、父親が再婚。ウリ....
著者 : 紗沙
小説家になろう

この婚約は白い結婚に繋がっていたはずですが? 〜やり直し白薔薇姫は赤獅子騎士団長に溺愛される〜

 婚約相手のいない婚約式。  通常であれば、この上なく惨めであろうその場所に、辺境伯令嬢ルナシェは、美しいベールをなびかせて、毅然とした姿で立っていた。  ベールから、こぼれ落ちるような髪は白銀にも見える。プラチナブロンドが、日差しに輝いて神々しい。  さすがは、白薔薇姫との呼び名高い辺境伯令....
著者 : 氷雨そら
小説家になろう

もしもゲームのライバルキャラが全員転生者だったら~貴族なのに平民以下の世界最低ステータスでしたが、周りのみんな(各国のお偉いさん)がとても優しいので幸せです!~

気づいたら剣と魔法のファンタジー世界に転生していた。これで私もチート無双! なんて思っていた前世の記憶のある伯爵家の令嬢、ウリアは3歳の適性検査で全てのステータスが最低のFであると告げられる。 平民以下の世界最低のステータスに父はウリアを見捨て、母は心労で亡くなっていしまう。 家の使用人にも見下され....
著者 : 紗沙
小説家になろう

【書籍3巻発売中】元、落ちこぼれ公爵令嬢です。(WEB版)

【マッグガーデン・ノベルズ様より書籍3巻発売中】 ※こちらはWEB版です。回収しきれていない伏線などがあり、お話自体が大きく異なりますので書籍(2巻以降)とは別物とお考え下さい。【コミックの原作はこちらではなく書籍です】 本来、ノストン国随一の魔法の使い手になるはずだった公爵令嬢のクレア。 しか....
著者 : 一分咲
小説家になろう

後宮のバラ

藤堂愛羅は、45歳なのに、まだ独身で、一人暮らし。部の飲み会の帰り、部下の喧嘩の仲裁に入ったら、誤って、川に転落してしまった。カナヅチなので、溺れ死ぬことを覚悟したけれど、何とか水面に上がったら、そこは、見たことが無い世界。しかも、15歳の姿に戻っている。 そこの王に無理矢理、妾にされたけれど、この....
著者 : 華月 理風
小説家になろう

幼馴染のお嬢様が実はお坊ちゃんだったらしい

『ずっと、一緒にいようね』 白磁のような肌に、透き通った銀の髪。 まるで人形のような彼女リュー・アズールと、私クレア・シルヴィスは十年前にそんな約束を交わした。 それから十年後、家同士が取り決めた婚約者から「真実の愛を見つけた」からと一方的な婚約破棄を告げられた私の前に、一人の男性があらわれる。 ....
著者 : アルト/遥月@前世は剣帝コミック4巻6月21日発売!
小説家になろう

婚約解消を提案したら王太子様に溺愛されました ~お手をどうぞ、僕の君~【書籍化&完結】

【ツギクルブックス様より書籍販売中(2022.6.10)&コミカライズ企画進行中】 異世界転生した先は、「王立学園の秘密の花園」という乙女ゲームの世界。 私は、ルビア王国の公爵令嬢、ライラ・ヴィルヘルム。王太子様の婚約者、悪役令嬢だ。 幸せな未来を掴み取るため、十歳の王太子様に、タロットカードを....
著者 : 春風悠里
小説家になろう

この婚約は白い結婚に繋がっていたはずですが? 〜赤獅子騎士団長は辺境の白薔薇を溺愛する〜

 婚約相手のいない婚約式。  通常であれば、この上なく惨めであろうその場所に、辺境伯令嬢ルナシェは、美しいベールをなびかせて、毅然とした姿で立っていた。  ベールから、こぼれ落ちるような髪は白銀にも見える。プラチナブロンドが、日差しに輝いて神々しい。  さすがは、白薔薇姫との呼び名高い辺境伯令....
著者 : 氷雨そら
小説家になろう

「別れてくれ」と言われても、そもそも付き合ってません〜そのあと助けてくれた幼馴染(実は王子)からプロポーズされました〜

「アイミ、大事な話がある。ぼくと別れてほしい」  学院に通う先輩から別れ話を切り出される。  どうやらアイミと先輩は付き合っていた、らしい。 「すまない、でももうぼくには新しく好きになった子ができたんだ」 「そもそも付き合ってなどいないので、どうぞが勝手に」  そのあと恥をかかされた先輩が逆....
著者 : のばらきい
小説家になろう

悪徳領主一家の役立たず妖女は、善良な搾取に邁進するようです!〜親に売り飛ばされた隣国で、勤勉な彼女は溺愛される。〜

『貴族たるもの、悪であれ。ーーー貴族にとって一番の悪は、労働である! 誰よりも働け!』  そんな、悪の定義が少しおかしい悪徳領主一家に生まれ育ったアザーリエは、妖艶で色香漂う、社交会で悪評を存分に振り撒いている美女だった。  しかしその内実は、内気で気弱で自己卑下の激しい陰キャそのもの。  流....
著者 : メアリー=ドゥ
タイトルとURLをコピーしました