男主人公の小説一覧

小説家になろう

追放の賢者、世界を知る ~幼馴染勇者の圧力から逃げて自由になった俺~

 魔法使いのハルは、幼馴染で勇者のレティシアのパーティーに在籍していた。しかし、彼女は絶望的に性格が悪く、息を吸うように罵声を吐き、パワハラを繰り返す。精神的に追いつめられていく。身も心もボロボロになったハルは、レティシアと別れることを決意した。あえてミスをして暴言を誘い、 「あんなミスするなんて....
著者 : 深山鈴
小説家になろう

Sランクパーティーを追放された鍛冶職人、世界最強へと至る ~暇になったおっさんは気晴らしに作ったチート武器で無双する~

ベルーガ国の第一王子で剣の達人、生まれながらのエリート勇者セフィーロ。 魔法学院を首席で卒業、セフィーロの親友であり百年に一人の天才魔導士ゾーン。 動かざること山の如し、無敵の盾の異名をほしいままにする重戦士ランドルフ。 女神の生まれ変わりと称えられる弱冠十五歳の才女、聖者マリア。 Sランクパーテ....
著者 : コー藤真
小説家になろう

死霊術士は欺けない ~死者の記憶が視れる元S級ネクロマンサー、冒険者ギルドの保険調査員になる。仲間が魔物に殺されたから保険金寄越せ? その【死因】、本当か視させてもらおうか~

【ハイファンタジー×ミステリー】 舞台は、科学と魔術によって発達したアレリア王国。 この国の冒険者達は皆、ギルド保険と呼ばれるものに加入していた。 死霊を操る魔術師――死霊術士<ネクロマンサー>であるレムレス・ライガイスト30歳――は過去のトラウマで能力を封印し、今は死者の記憶――残留思念を視る事....
著者 : 虎戸リア
小説家になろう

君を裏切りたくない

「――フィリス・ベルラック公爵令嬢、君との婚約を……」 「はい」 「婚約破棄など、したくない!」 「…………え?」 女神の啓示で聖女が見つかったことにより、父である国王から、公爵令嬢と婚約破棄して聖女を娶るように命じられた第一王子ユリシーズ。 確かに婚約者のフィリスは、引っ込み思案で社交界でも影....
著者 : 仲室日月奈
カクヨム

気まぐれに買った身売りの少女がどう考えても主人公なんだが……

 ケビンは主にソロで活動をする極々一般的な冒険者。  ある日、ふと思い立つ。  そうだ。奴隷、買おう。  そんな訳で奴隷商のいる闇市へと向かった彼がそこで見つけたのは一人の薄汚れた身売りの少女。  なんだかんだで購入する事を決めたケビンだったが、彼女は何やら秘密を抱えていて……?....
著者 : ノドグロ
カクヨム

地味偽装する俺だけど、思ってたのと違う。彼女たちは意外と勘がいい。

父に似て、超イケメンハイスペックの主人公ヤマトに友人はいなかった。近寄ってくる女子たちの行動にはうんざり。 そんなヤマトはある日を境に、母たちの提案を受け入れ地味偽装する。 ちょっとメガネとってくれ? 勘? いやいや、それ聞いていたのと違う。 ヤマトに上辺じゃなく中身で好きになってくれる彼女や友人が....
著者 : ぐっちょん
小説家になろう

ああ、課金してぇーー!!!~課金出来ないから現代ダンジョンでレベルを上げる~

ダンジョンが100年ほど前に世界各地に出現しその存在が当たり前となった世界。 ダンジョンの影響により現代日本とは様々な差異がある現代で、1人の少年はダンジョンへと潜る。 お金の為? No! 女の為? No! 権力、名声、全てNo! そう、全てはガチャの為。 デメリットスキル[無課金]を得てしまっ....
著者 : 甘井雨玉
小説家になろう

【本編完結】俺の天使は盲目でひきこもり【番外編更新中】

いきなり婚約破棄された俺に、代わりに与えられた婚約者は盲目の少女。 人形のような彼女に、普通の楽しみを知ってほしいな。 男主人公と、盲目の女の子のふわっとした恋愛小説で、ただひたすらあまーい雰囲気が続きます。 かわいくて尊い女の子を愛でたい方にオススメです。 婚約破棄スタートですが、ざまぁはた....
著者 : ことりとりとん
小説家になろう

幼馴染とイケメンに部活を追い出された元マネージャーの俺、落ち込んでたら学校一の美少女に声をかけられてクラブチームに連れていかれた件 ~部活の運営が面倒だから戻って来い?今更俺に頼ってきてももう遅い~

「お前、明日からもう部活に来んな」 高校二年の九月の初め、卓球部のマネージャーをしていた俺——天野 蓮は、部長である同級生の男に言い渡された。 理由は単純。マネージャーの俺が練習を指示していたのがウザいからだそうだ。 サボっていたならまだしも、マネージャーの仕事をこなしつつ、練習メニューを作れ....
著者 : ユウキ
小説家になろう

幼馴染とイケメンに部活を追い出された元マネージャーの俺、落ち込んでたら学校一の美少女に声をかけられてクラブチームに連れていかれた件 ~部活の運営が面倒だから戻って来い?今更俺に頼ってきてももう遅い~

「お前、明日からもう部活に来んな」 高校二年の九月の初め、卓球部のマネージャーをしていた俺——天野 蓮は、部長である同級生の男に言い渡された。 理由は単純。マネージャーの俺が練習を指示していたのがウザいからだそうだ。 サボっていたならまだしも、マネージャーの仕事をこなしつつ、練習メニューを作れ....
著者 : ユウキ
タイトルとURLをコピーしました