男主人公の小説一覧

小説家になろう

ずっと美しいと思っていた

とある公爵夫妻のかみ合わない話....
著者 : 青木りよこ
小説家になろう

幼なじみ達の前で「やっぱ、可愛い幼馴染って良いな」と呟いてから、彼女達の様子がおかしいんだけど、もしかして俺嫌われた?

幼馴染に恋をする漫画を読んでいた主人公は不意に「やっぱり可愛い幼馴染って良いよなぁ」と呟いてしまう。周りに居た俺の幼馴染たちはその言葉を聞くなり、部屋から出ていってしまった。それからというもの、なんだか彼女達の様子がちょっとおかしい。 もしかしたら嫌われちゃった!? そんな幼馴染とのラブコメディ。....
著者 : 漆田
小説家になろう

異世界で勇者をやって帰ってきましたが、隣の四姉妹の様子がおかしいんですけど?

異世界に召喚されて魔王を倒す……そんなありふれた冒険を終えた主人公・勇治は日本へと帰還した。 異世界に残って英雄として暮らし、お姫様と結婚したり、ハーレムを築くことだってできたというのに、あえて日本に帰ることを選択した。その理由は家族同然に付き合っている隣の四姉妹と再会するためである。 隣に住んでい....
著者 : レオナールD
小説家になろう

【感謝54.9万PV突破!】幼馴染の生徒会長にポンコツ扱いされてフラれたので生徒会活動を手伝うのをやめたら全てがうまくいかなくなり幼馴染も病んだ

ずっと付き合っていると思っていた、幼馴染にある日別れを告げられた。 そこで気づいた主人公の幼馴染への依存ぶり。 たった一つボタンを掛け違えてしまったために、 最終的に学校を巻き込む大事件に発展していく。 主人公は幼馴染を取り戻すことが出来るのか!?....
著者 : 猫カレーฅ^•ω•^ฅ
小説家になろう

告白の返事を誤魔化すために出した条件。全て達成して美少女になっているなんて。

小学校六年生が終わろうとしていたある日、同じ学習塾に通う一人の女の子に告白された。 異性を意識するなどと言うレベルにすら、思考が達していなかった当時の奥寺将暉は戸惑った。 塾に来るような女の子に、絶対に変なことしてはいけないと親に厳しく言われていたために、断るということが出来ず、苦し紛れにある『条....
著者 : エパンテリアス
小説家になろう

【短編】俺のことが嫌いだと思っていた幼馴染が催眠アプリを使ってきたけど偽物だったから催眠にかかったふりをしたら実はデレデレだった

クラスでは催眠アプリが流行ってる。もちろん、効くわけがないジョークアプリだ。でも、俺を嫌いな幼馴染が本物だと信じてしまった。 「え、広告が出てくるタイプの催眠アプリが利くと思ってんの?」 本当は俺のことをどう思っているか。 幼馴染の本当の気持ちは? 催眠アプリから始まる恋があってもいいよね。....
著者 : 宮元戦車@元ラノベ作家
小説家になろう

ヒロインな君との答え合わせ

俺は当て馬だ。 ずっと、いや、少し前から君を好きになった。 そのときには、君はもうアイツを見ていた。 そんな君に横恋慕した。 だから、俺は今日けじめをつける。 ....
著者 : 玉露
小説家になろう

スライムすら倒せない無能と罵られた俺のスキルが《確定レアドロップ》だった件。ようやく倒せた初めての一匹がきっかけで、ハクスラの連鎖が止まらない!世界最速で世界最強の勇者を追い抜きます。

 ある日荷物持ちのロインは、パーティーを追放される。その理由は、戦闘能力がないから、というなんとも身勝手なものだった。  ロインはもともと、冒険者になる気なんてなかった。しかし戦闘に参加しなくていいからという条件つきで、パーティーにしぶしぶ入ったのだった。  ロインは生まれつき運がよく、それをあてに....
著者 : 月ノみんと
小説家になろう

「ごめんなさいね。私と彼は運命の赤い糸で結ばれてるのよ!」と元・婚約者が言っているが、お前の赤い糸は何本あるんだよ?

「ごめんなさいね。私と彼は運命の赤い糸で結ばれてるのよ!」 公爵家に生まれ、次期女王である従妹に婿入りする予定だったアルヴィンは、卒業パーティーでそんなことを言われて捨てられてしまった。どうやら、婚約していた従妹は他の男と浮気をしており、浮気相手と運命の赤い糸で結ばれているらしい。 だが……『縁使い....
著者 : レオナールD
小説家になろう

自分の部屋で義姉モノのエロマンガを読んで自分で処理をしようとしたところを義姉に見つかってしまったら、何故か義姉がエロマンガみたいなことをしてくるようになった。

 ええと……自分の部屋で義姉モノのエロマンガをタブレットで読んで、まあその……しようとしたら、ノックもしないで同い年で同じクラスで、しかも義姉のアカネ姉が入ってきてその瞬間を見られたんだけど……。  こういう時、どんな反応をすればいいのか困ったので、とりあえず顔を合わさないように次の日学校に行ってか....
著者 : サンボン
タイトルとURLをコピーしました