男主人公の小説一覧

小説家になろう

不遇職【クラフター】が異世界でスローライフを目指すなら ~いずれ生産職の頂点に立つ男、冒険者生活をチートサポートして、度肝をブチ抜いてしまう~

※第二部の夏編は『7月1日』より再開します! ゲームの世界で作ったアイテムで、現実に生活してみたい――。 VRMMOの世界でクラフターをしていたミヤビは、心の中に思い描いていた理想の建造物『月詠の塔』を完成させた。 そのことがきっかけで異世界転移を果たすと、あることに気づく。 広大な大自然へ....
著者 : あろえ
小説家になろう

金持ち王子のたぶん不幸じゃない行く末

大国カルミアの王太子ジュリアンは、婚約者を決める時期をむかえていた。 候補の令嬢たちに興味が持てない彼は、母である王妃のすすめで仮の婚約者を決めるが…....
著者 : 瀬嵐しるん
小説家になろう

隠しクエストが見える戦斧使い(修正中です)

王都のギルド本部直属の冒険者であるカイトは久々の休暇を利用して、旧知の居る城塞都市へと訪れていた。 しかし数年振りに訪れていた為、タイミングが悪くカイトを知る冒険者は皆、S級ダンジョンに大規模遠征中のようで不在だった。 いつもはカイトの旧知の冒険者達が抑止力となっていたが、彼らが遠征中なのを利用....
著者 : 十条カナデ
小説家になろう

仲間に裏切られ、奈落に落とされた元勇者は覚醒したスキル『死者蘇生』を手に、元魔王と共に復讐を果たす事にした

魔物が跋扈する世界にて、魔物に家族を奪われた少年、ロイは『聖剣』に選ばれ、勇者となった。 そして、三人のパーティーメンバーと共に魔物を生み出す原因とされるダンジョンを攻略していたのだが、ある日、ロイはメンバーであった仲間達から裏切られ、奈落に落とされてしまう事となる。 しかし、奈落に落とされたロイの....
著者 : Lauren
小説家になろう

勇者召喚されたけど俺だけ村人だった件~ならば村で働けと辺境開拓村に送られたけど実は村人こそが最強でした~

 ブラック企業に務める平凡な若手サラリーマンの田中悠人は、ある日徹夜勤務のあとフラフラになりながら帰路についていた。  そんな彼はどうやら高校生たちの勇者召喚に巻き込まれて異世界へと拉致されてしまう。勇者らしい職業を持っていた高校生たちに対して彼の持っていた職業はなんの価値もないという村人だった。....
著者 : 一色孝太郎
小説家になろう

俺の周りのトラブルメーカーな彼女達

 ──トラブルメーカー  揉め事やいざこざをよく起こす人の事。  幼馴染の浮気相手にされていた、神宮寺 陽葵(じんぐうじ ひなた)は自分が浮気相手だった事にショックを受けていた。  好きだった幼馴染と別れ、高校二年の春が始まった神宮寺は周りの異変に気づく。  【トラブルメーカー症候群】が起き....
著者 : 秋風 司
小説家になろう

技術者の俺は共同代表のリア充に学生ベンチャーを追放されましたが、大手に内定決まりました〜炎上したから戻ってきてと懇願されても、もう遅い〜

工学部に通う幸田奏介は、ある日いつもは無縁のリア充達に声をかけられた。彼らの目的は学生起業で、エンジニアを探しているらしい。技術力を誉められ気を良くした奏介は、彼らのゆるふわ構想を何とか立派なサービスに実装してのけた。 ところが、サービスがすっかり軌道に乗った頃。奏介は約束の共同代表に、自分の名前....
著者 : 干野ワニ
小説家になろう

退学になり勘当もされた俺が絆召喚術でユートピアを築く

主人公『イディール』は騎士の家系に生まれながらも落ちこぼれで、優秀な兄たちといつも比べられていた。 騎士学校でも成績が振るわず、ついに退学になってしまい、それと同時に父親から勘当も言い渡されてしまう。 すべてのしがらみから離れて自由になったイディールは、かねてから模索し続けていた自分だけの道を本格的....
著者 : 岡沢六十四
小説家になろう

隠しクエストが見える戦斧使い~休暇で訪れた都市の冒険者に生産職と馬鹿にされたが、俺こう見えて王都直属のS級冒険者なんだが…~

王都のギルド本部直属の冒険者であるカイトは久々の休暇を利用して、旧知の居る城塞都市へと訪れていた。 しかし数年振りに訪れていた為、タイミングが悪くカイトを知る冒険者は皆、S級ダンジョンに大規模遠征中のようで不在だった。 いつもはカイトの旧知の冒険者達が抑止力となっていたが、彼らが遠征中なのを利用....
著者 : 十条カナデ
小説家になろう

バズれアリス

人々の祈りや応援を集めて力に変える『人の聖女』アリスは 魔王を倒して世界を守ったが、その功績を妬んだ王と 『天の聖女』ディオーネから「反乱を企てた」と濡れ衣を着せられる。 アリスを弁護するはずの親友『地の聖女』セリーヌは逃げてしまい、 アリスの追放刑が確定した。 しかしアリスは追放された先の遺跡で、....
著者 : 富士伸太
タイトルとURLをコピーしました