男性向けの小説一覧

カクヨム

異世界帰りの暗殺者|魔法高校で『無能』と呼ばれているけど実は最強です

異能が渦巻く現代社会。異世界を救い、地球に戻った主人公は異世界帰還者や異能力者を管理育成する「魔法高校」に入学する事となる。一年の時が経ち、異能力と距離を置きたい彼は、力を隠し『無能者』として虐げられる毎日を送っていた。そんな彼の元に、かつての恋人であり、殺したはずの魔王とそっくりの少女が現れて——....
著者 : 250円
カクヨム

不審者が俺の姉を自称してきたと思ったら絶賛売れ出し中のアイドルらしい

 主人公――――慎也は無事高校にも入学することができ可もなく不可もなくな日常を送っていた。  取り立てて悪いこともなく良いこともないそんな当たり障りのない人生を―――――  しかしとある台風の日、豪雨から逃れるために雨宿りした地で歯車は動き出す。  そこに居たのは存在を悟られないようにコートやサング....
著者 : 春野 安芸
カクヨム

学園一の毒舌姫が俺にだけデレデレな件~俺のペットになりたいってマジかよ~

短編です。 よかったら、最後まで読んでいただけると嬉しいです。 感想、レビューいただけると、とんで喜びます。 *気をつけてはいますが、誤字脱字があるかもしれません。ご報告していただけると助かります。 *小説家になろう様にて、同タイトルで投稿しています。内容に変わりはありません。....
著者 : ヨルノソラ
カクヨム

男女比の狂ったこの世界で

知っている世界と同じように見えて、その実中身は全く違う。 男女比の狂った世界へ突然来てしまった進藤 彼方は、あまりにも知っている常識とは違うルールで形作られた世界でどのように生きていくのか。 第二の人生、やり直しを望む彼方の行く末は―― ―――――― 男女比の偏った世界で送る、ドタバタラブコメディー....
著者 : 白銀
カクヨム

なぜか俺に一途で、好感度MAXの妹の友達が居候することになりました〜親は出張中、妹は部活の遠征に行ってて二人きりな件〜

夏休みのある日のこと。アルバイトから帰ってくると、妹との友達が泊まりに来ていた。家出中で、しばらくの間ウチに泊まりたいそうだ。 両親は出張中のため、俺と妹と妹の友達の三人暮らし。不安はあったが、まぁ大丈夫だろうとタカを括っていた。 しかし翌日、妹は部活の遠征へと出かけていた。一週間にも及ぶ長い遠征へ....
著者 : ヨルノソラ
カクヨム

出会いが最悪でも好きになれば問題ないですよね?

面白いと思ってくれたら、レビュー等もお願いします! 恋愛ランキングでの日間2位と週間7位、月間32位ありがとうございます!日間は6日連続でランクインさせていただき感謝しかないです! 【あらすじ】 「私とセックスしてくれませんか?」 「は?」 高校入学前の春休みに公園に座っていたら突然言われた言葉だっ....
著者 : 優斗
カクヨム

「荷物持ちなんていらないんだよ」と勇者パーティを追放された外れスキル【略奪】使いの成り上がり英雄録~実は、モンスターのスキルを略奪していたので、勇者たちが倒していたモンスターは雑魚だったんですよ?

勇者パーティに加入した際、勇者であるロンドに荷物持ちをしてほしいといわれて荷物持ちを引き受けた。そこから三カ月ほどが経ったある日、言い渡される。 「荷物持ちで、無能なお前が勇者パーティにいていいわけがない。お前がいると、勇者パーティにとって不利益なんだよ! このパーティから出て行ってくれ」 「勇者パ....
著者 : 煙雨
カクヨム

ご主人様とメイド~十五億もの借金を負わされたクラスメイト(学校のアイドル)を助けた。大金を犠牲にしたんだし、これくらいは許されるよな?

《ラブコメ日間最高10位、公開三週間で50000PV達成!》 面白かったらフォローや★などをお願いします! 日藤《ひとう》 鈴《すず》は学校のアイドル的存在で文武両道、容姿端麗と非の付け所がない位に完璧な美少女だ。 親は国内でも有数のグループ会社を纏め上げている社長。 しかし、ここ数年の不景気の煽り....
著者 : 翡翠 晶
カクヨム

X線上のノア 〜ゲームの悪役御曹司に転生したけど、平穏無事な生活を目指します〜

【15万PV達成しました。いつもありがとうございます。これからも「のノア」をよろしくお願いいたします】  病弱で長いこと入院生活を送っていたはずの俺は、気づくと旧華族の血を引く大金持ちの御曹司・明前咲也(六歳)に転生していたことに気づく。  しかし、咲也は、前世でやり込んだRPG「X線上のノア」の、....
著者 : 黒澤三六九
カクヨム

集団転移に巻き込まれました、当然チートスキルは無しです。神様がお詫びに種族を変えてくれたけどこっちの方がチートじゃないですか?

集団転移に間違って巻き込まれてしまった。主人公しかも、予定になかったので 与えるスキルの用意が無いと言われてしまう。 できないことは仕方ないです。と言ったところ、神様がスキルはないけど、 お詫びに種族をちょっと弄ってあげる。 と、人間と精霊のハーフになる、 精霊のハーフなので当然魔法の威力は 桁違い....
著者 : 塩分過太郎
タイトルとURLをコピーしました