西洋の小説一覧

小説家になろう

【コミカライズ】剣に願いを、掌に口づけを―最高位の上官による揺るぎない恋着―

Berry's Fantasyで直江亜季子先生によるコミカライズ連載中です! アルント王国の誇る最強の騎士団『アルノー夜警団』 セシリアはトップに君臨する双璧元帥のひとり、ルディガーの副官を務めて早六年。過保護で冗談交じりに甘く翻弄してくる上官に頭を悩ませながらも微妙な距離感を保っていた。 『ア....
著者 : 黒乃梓
小説家になろう

シンデレラのいじわるな義姉に転生したけど義妹がかわいすぎるからめちゃくちゃかわいがることにした。

 前世で天涯孤独な人生を歩んだ彼女は、死の間際願った。  次は家族を持てますように。  そうして転生したのは、なんとシンデレラの世界だった。どうやら自分は意地悪な姉のようだ。だけどそんなの関係ない! 嫌がらせなんて許せない! だってシンデレラ可愛すぎるんだもの! 愛して愛して愛しまくるのよ! ....
著者 : さくたろう
小説家になろう

うつけ皇子と悪役令嬢

――その帝国にはかつて、うつけと呼ばれる皇子がいた。 ....
著者 : たまごやき
小説家になろう

異世界転生! この国の発音難しい… うまく喋れない元男爵令嬢と、イライラしている王子様

【短いあらすじ】異世界転生したけど、何この国、発音難しい!誰でもすぐできる精霊召喚を、発音練習しながら一年かけてやった結果、精霊に懐かれました。 【長いあらすじ】異世界転生した、男爵令嬢エリーゼ。恵まれた容姿で喜んだのも束の間、この国の言葉は発音が難しすぎて、うまく話せないことに気がつく。誰にでもで....
著者 : 成若小意
小説家になろう

婚約破棄された小説家ですが、恐怖の皇太子様が私の熱烈なファンでした~作者の私を大事にするあまり、溺愛とも言える行動をされるのですがどうすればいいのでしょうか?~

「はい、悪役令嬢の君を婚約破棄するまで1年かかりました~」 ある日突然、男爵令嬢のベルは婚約破棄されてしまった。 婚約者から「君の義妹が好きになった」と得意げに告げられたのだ。 その後ろで“恐怖の皇太子”が鬼の形相で見ているとも知らず……。 実は、ベルは小説を書いて家計を助けている。 悪役令嬢を....
著者 : 青空あかな@天気予報スキルのおかげでイケメンに拾われ~発売中!
小説家になろう

【書籍化コミカライズ決定】訳あり伯爵様と契約結婚したら、義娘(6歳)の契約母になってしまいました。 〜契約期間はたったの一年間〜

【書籍化・コミカライズ決定しました】 男爵令嬢マリア=マティーニは、リカルド=リキュール伯爵と1年限りの契約結婚をした。 リキュール伯爵家は、聖女の血を引き、強い治癒魔法の使い手を輩出してきた、国を代表する名家である。 しかし、戦に病に事故により、その残り人数、なんと二人。 内訳は、妻に浮気&出....
著者 : 黒猫かりん(旧:黒猫しゃばりん)
小説家になろう

種止まりで虐げられていた令嬢は天に咲く

神からの天恵を受ける国、フレイル国。 男子は宝石を、女子は花を授かって生まれるが、ブレイトス侯爵家のミレイユの花は種のまま芽を出すことはなかった。 両親を亡くし、叔父一家に家を乗っ取られた彼女は、王太子の婚約者でありながら奴隷のような扱いを受ける。やがて婚約を破棄されることになり、既に亡くなった王弟....
著者 : 土広 真央加
小説家になろう

お姉様が大嫌いだから、評判の悪い侯爵様のところへ嫁に出してやりました。

わたしはお姉様が嫌いだ。 だから評判の悪い侯爵様のところへお嫁に出そうと思う。 これは、性悪でアバズレな腹違いの妹から見たドアマットヒロインの物語。 他サイトでも掲載しています。 ....
著者 : マンムート
小説家になろう

婚約破棄され命を落としました。未練を残して死ぬと魔王が生まれると言われてやり直していますが、私の心残りは叶わぬ恋の相手であるあなたです。

長年の婚約者である第二王子から婚約破棄を言い渡された侯爵令嬢ローラ。彼女は承諾し、婚約者と浮気相手である親友の結婚を祝う。 ところが婚約者と親友は恨み言を言わない彼女を逆に責めたてる。仕方なく彼女は茶番を終わらせるべく、バルコニーから飛び降りた。 実はローラは、魔王を生み出さないために何度も婚約....
著者 : 石河 翠
小説家になろう

【書籍化手続進行中】訳あり伯爵様と契約結婚したら、義娘(6歳)の契約母になってしまいました。 〜契約期間はたったの一年間〜

【書籍化・コミカライズに向けて手続進行中です】 男爵令嬢マリア=マティーニは、リカルド=リキュール伯爵と1年限りの契約結婚をした。 リキュール伯爵家は、聖女の血を引き、強い治癒魔法の使い手を輩出してきた、国を代表する名家である。 しかし、戦に病に事故により、その残り人数、なんと二人。 内訳は、妻....
著者 : 黒猫かりん(旧:黒猫しゃばりん)
タイトルとURLをコピーしました