西洋の小説一覧

小説家になろう

【第二部開始】パーティリーダーから「田舎に帰れよ」と言われたのでホントに帰ってみた~ 村の開拓をしなきゃいけないので、悪いけどパーティ復帰はあり得ない~

 ニールはパーティ唯一の支援職だ。  そんな彼は回復、荷物持ち、支援魔法、その他諸々を一手に引き受けていたせいで、過労からミスを起こしてしまう。  その夜、彼はリーダーに呼び出され、ミスの原因を追求される。  追求と言っても、ほとんど叱責のような物で「俺がしっかりしてなかったからです」以外の返答は許....
著者 : 陸奥由寛
小説家になろう

最愛の君を逃がさない方法

前世で恋人と大喧嘩をして別れた直後に事故死した主人公。恨みや怒りを記憶にはっきり残ししつつ、それでも幸せに暮らしていた彼女の前に、嫁探しするために隣国から皇帝が現れた。しかも、その皇帝は前世で大喧嘩をした元恋人とまったく同じ顔と声をしていて……。 ※ 誤字などの報告をありがとうございます。....
著者 : 風犬 ごん
小説家になろう

【第二部開始】パーティリーダーから「田舎に帰れよ」と言われたのでホントに帰ってみた~ 村の開拓をしなきゃいけないので、悪いけどパーティ復帰はあり得ない~

 ニールはパーティ唯一の支援職だ。  そんな彼は回復、荷物持ち、支援魔法、その他諸々を一手に引き受けていたせいで、過労からミスを起こしてしまう。  その夜、彼はリーダーに呼び出され、ミスの原因を追求される。  追求と言っても、ほとんど叱責のような物で「俺がしっかりしてなかったからです」以外の返答は許....
著者 : 陸奥由寛
小説家になろう

推しの幸せのためならば婚約破棄でも喜んで、私は推しを推しに推す

「ああああぁあああぁぁああああっ‼︎」  貴族の子息子女が通う学院の中庭で婚約者の王太子とお茶を楽しんでいたフィオナは、突如良家の子女にあるまじき奇声をあげた。急に前世の記憶が蘇り、ここが乙女ゲームの世界で自分が目の前の婚約者に近い将来婚約破棄され、悪女堕ちして修道院送りになると気づいたからだ。破滅....
著者 : 蛹乃林檎
小説家になろう

【第二部開始】パーティリーダーから「田舎に帰れよ」と言われたのでホントに帰ってみた~ 村の開拓をしなきゃいけないので、悪いけどパーティ復帰はあり得ない~

 ニールはパーティ唯一の支援職だ。  そんな彼は回復、荷物持ち、支援魔法、その他諸々を一手に引き受けていたせいで、過労からミスを起こしてしまう。  その夜、彼はリーダーに呼び出され、ミスの原因を追求される。  追求と言っても、ほとんど叱責のような物で「俺がしっかりしてなかったからです」以外の返答は許....
著者 : 陸奥由寛
小説家になろう

凶悪騎士団長と言われている厳つい顔の公爵様に婚活終了のお知らせ〜お相手は社交界の幻の花〜

王の側近であり、騎士団長にして公爵家当主のヴァレリオは、傷痕のあるその厳つい顔から凶悪騎士団長と呼ばれ、高い地位とは裏腹に嫁探しに難航していた。 打診をしては断られ、顔合わせにさえ進むことのないある日、執事のフィリオが発した悪気のない一言に、ついにヴァレリオの心が折れる。 これ以上、自分で選んだ相手....
著者 : サヤマカヤ
小説家になろう

金色の熊

貧乏辺境伯家の令嬢ダナは『令嬢コンテスト』の出場者に選ばれ、王都へ呼び出される。だが、ダテに貧乏ではない! なんと着ていくドレスさえないのだから…....
著者 : 瀬嵐しるん
小説家になろう

【第二部開始】パーティリーダーから「田舎に帰れよ」と言われたのでホントに帰ってみた~ 村の開拓をしなきゃいけないので、悪いけどパーティ復帰はあり得ない~

 ニールはパーティ唯一の支援職だ。  そんな彼は回復、荷物持ち、支援魔法、その他諸々を一手に引き受けていたせいで、過労からミスを起こしてしまう。  その夜、彼はリーダーに呼び出され、ミスの原因を追求される。  追求と言っても、ほとんど叱責のような物で「俺がしっかりしてなかったからです」以外の返答は許....
著者 : 陸奥由寛
小説家になろう

同級生の心の声に口説かれて“デレ堕ち”してしまう絶対に恋愛したくない“読心能力者”のクールなオリヴィアちゃん

オリヴィア・スミスは人の心を読むことができる“読心能力者”である。しかしそんなオリヴィアに心を寄せる同級生の男の子がいた。「可愛い」「美人」「好き」と直球の好意をぶつけられ、ついつい顔を赤くしたり、心臓をドキドキさせたり、動揺したり、「好きじゃない」と墓穴を掘ってしまうオリヴィア。しかしオリヴィアは....
著者 : 桜木桜
小説家になろう

願わくばこの手に幸福を

救世の旅に同行を続けるルーギス。 その中で彼の役割は、雑用や夜番。 女達からは疎まれ、冷たい視線を与えられる日々。 だが幼馴染のアリュエノの存在だけが、彼をパーティに繋ぎ止めていた。 例え、彼女が救世者と呼ばれる男に心奪われていたとしても。 失意と惰性の日々。 そんな中に訪れた影は告げる。 「....
著者 : ショーン田中
タイトルとURLをコピーしました