貴族の小説一覧

小説家になろう

大陸英雄戦記

現代日本に住む「俺」は気づいたら中近世欧州風世界に転生し……いや、これまんま欧州ですよねお父さん。 ともかく俺はファンタジーな欧州に転生した。これは、そんな俺、ユゼフ・ワレサの活躍(?)の物語です。たぶん。 第二の故郷、シレジア王国は風前の灯だった。近隣諸国の軍事圧力によって滅亡まで時間がない。そ....
著者 : 悪一
小説家になろう

1年前には、婚約破棄されることを、すでに知っていましたので……

ラウルス・ビルント侯爵令息は端正な顔立ちに文武両道、優しい性格からあらゆる女子生徒たちにととって憧れの対象だった。 アリウルは、そんなラウルスと許嫁として婚約していた。 アリウルにとって、大好きなラウルスと婚約していることはなによりの自慢だった。 けれど、知ってします。 1年後に、ラウルスから婚約....
著者 : 北川ニキタ
小説家になろう

【虐げられた奴隷、敵国の天使なお嬢様に拾われる】奴隷としてご主人様の命令に従っていただけなんですが、知らないうちに最強の魔術師になっていたようです。今はお嬢様に甘やかされて過ごしています

 アメツはクラビル伯爵の奴隷として日々を過ごしていた。  主人はアメツに対し、無理難題な命令を下しては、できなければ契約魔術による激痛を与えていた。  そんな激痛から逃れようと、どんな命令でもこなせるようにアメツは魔術の開発に費やしていた。  そんなある日、主人から「隣国のある貴族を暗殺しろ」という....
著者 : 北川ニキタ
小説家になろう

貧乏侯爵は蛮族の娘を妻にするしかなかったの!

リタニア島の北に領地をもつレジト侯爵家は貧乏だ。そして現当主のフレデリクは平凡だ。だから彼は嫁にきてくれる貴族の娘がいなくて困っていたが、家宰である爺の提案を受けて領地の北の山脈を支配地とする蛮族の族長の娘を妻に迎えようとする。 族長の娘は部族内において、とても強いが醜い娘とされていてこれまた婿を取....
著者 : ビーグル犬のぽん太
小説家になろう

才色兼備な王太女は、婚約破棄と聞いて首を傾げる。

ごきげんよう、皆さま。 って、よくお嬢様は言うんだろうけど。 わたしは素で言います。皆さん、こんにちは。 わたしは玲奈。ただの、玲奈。 さて、今日ご紹介するのは、わたしの大好きなシャーロット。 アストリカ王国王太女で、容姿端麗、才色兼備、造形美そのものな完璧な淑女! え? シャーロットが婚約破棄....
著者 : 焼月りあ
小説家になろう

【11/19 コミカライズ連載スタート】毒殺される悪役令嬢ですが、いつの間にか溺愛ルートに入っていたようで

【書籍化&コミカライズ決定!!】  死にたくないのでデトックスをがんばっていたら、いつの間にかヒロインそっちのけで溺愛されるように!?  断罪からの悪女愛されルートなんてなかったはずですけど……?  侯爵令嬢オリヴィアは、聖女殺害未遂で投獄されたのち、毒を盛られひとり寂しく生涯を終えた――はずだ....
著者 : 糸四季
小説家になろう

【連載再開!】毒殺される悪役令嬢ですが、いつの間にか溺愛ルートに入っていたようで

【書籍化&コミカライズ決定!!】  死にたくないのでデトックスをがんばっていたら、いつの間にかヒロインそっちのけで溺愛されるように!?  断罪からの悪女愛されルートなんてなかったはずですけど……?  侯爵令嬢オリヴィアは、聖女殺害未遂で投獄されたのち、毒を盛られひとり寂しく生涯を終えた――はずだ....
著者 : 糸四季
小説家になろう

灰色の輝き(ミスリル)令嬢と笑わない魔法使い

しがない子爵令嬢のミスタリア=リルファーデは前世の記憶があった。そのせいか婚約者に女性としての魅力がないと婚約破棄された。「やば、就職先見つけなきゃ」婚約がなくなれば経済的に苦しく、ミスタリアは王宮魔法士団の下働きとして面接を受け、無事に働くことなった。だが、そこはいろんな意味で魔窟だった。「え、青....
著者 : 早瀬黒絵
小説家になろう

乙女ゲーのメインキャラでもモブでもない鍛冶屋の看板娘に転生した私は、悪役令嬢にハッピーエンドを迎えさせたい

餓死寸前でドワーフの鍛治師に拾われたマノン・フォルジュには、前世の記憶があった。6歳まで成長して教会で「職業判別の儀」を受けたとき、マノンは確信する。ここは「乙女ゲー」の世界だと。ゲーム制作会社いわく「乙女ゲー」の、『ファイブ・エレメンタル』はとある理由で人気だった。ふんだんにお金をかけた神イラスト....
著者 : 坂東太郎
小説家になろう

異世界揚げ物屋さん〜婚約破棄?追放?大歓迎ですの!私、そんなことより!揚げ物を食べたいんですわぁ!〜

長身で気の強そうな見た目のアレナ・マリーノ侯爵令嬢は、王立貴族学園の卒業パーティ中に「お前との婚約を破棄する!」と、エドアルド王子から婚約破棄を宣言される。王子とその取り巻きいわく、「聖女」と呼ばれる同級生の子爵令嬢フラウをイジメたのが破棄の理由らしい。「あら、貴族として当然のことをしたまでですわ」....
著者 : 坂東太郎
タイトルとURLをコピーしました