貴族の小説一覧

小説家になろう

~とある辺境伯家の長男~ 剣と魔法の異世界に転生した(努力したことがない)男の奮闘記 「ちょっ、うちの家族優秀すぎるんだが、、、 」

現代社会日本にとある男がいた。 その男は優秀ではあったものの向上心がなく、刺激を求めていた。 そんな時、人生最初にして最大の刺激が訪れる。眠り暴走トラックという名の刺激が。 意識を取り戻した男は自分がとある辺境伯の長男 アルテュールとして生を受けていることに気が付く 俗に言う異世界転生である 何不....
著者 : 海堂金太郎
カクヨム

今までの功績を改竄され、役立たずのお荷物認定されてギルドを追放されたけど、国一の貴族の令嬢に拾われ無事勝ち組人生〜え?俺が抜けた途端にメンバーが半分になった?頼むから戻ってきてくれ?今更もう遅い〜

「今日限りでお前をこのギルドから追放する。この役立たずのお荷物が」 唐突にギルマスに呼び出され、クビを宣告されるアルト。 悲嘆に暮れ、これからの人生をどうしようと絶望するが、襲われているところを助けた少女が貴族令嬢で騎士として雇ってもらうことに。 「え?こんなに給料もらっていいの!?」 「え?勤務時....
著者 : taki
カクヨム

【異世界ショップ】無双 ~廃絶直前の貴族からの成り上がり~

転生したら貴族の長男だった。 ラッキーと思いきや、未開地の領地で貧乏生活。 下手すれば飢死するレベル……毎日食べることすら危ういほどだ。 幸いにも転生特典で地球の物を手に入れる力を得ているので、何とかするしかない! 「大変です! 魔物が大暴れしています! 兵士では歯が立ちません!」 「兵士の武器の質....
著者 : クロン
カクヨム

とある弱小貴族の成り上がり ~政略戦争で両親を殺されたので、敵国の姫(聖女)と共にこの国に復讐しようと思っていたら、何故か世界を救う事になっていました~

 ローランド帝国の有力貴族シュルツ家の跡取りとして生まれた少年は、幸せに生きていた。しかし、七歳の誕生日を迎えた日、その日々は崩壊する。彼の目の前で、両親を政敵に殺されてしまったのだ。  彼も両親と同じく殺される運命を辿るはずだったが──その瞬間、少年は〝とある力〟に目覚めて敵勢力を殲滅。窮地を脱す....
著者 : 九条蓮@カクヨムコン6 CW漫画賞受賞
小説家になろう

転生令嬢は猫を被れない

 8歳で母を亡くした男爵令嬢エリーナは、前世でお金に苦労した。早めに稼いで領地でゆっくりする夢を、叶えるために奮闘する。 *****  転生のタイミングが母を亡くしたタイミングって。転生してるなら、もっと早く教えてくれたらよかったのに。  今の男爵家はお祖父様からだから、ちょうど三代目で准男爵(平....
著者 : さなりこ
小説家になろう

短編「うちの娘が、第三王子に嫁ぐらしい」

「単刀直入で相済まぬ、ノイム男爵。……男爵の娘ファルシアナ嬢を、我が息子ランデルの婚約者としたい」 「……は!?」  何故、第三王子ランデル殿下とうちの娘と婚約するのだ?  我が家はどこにでもあるような男爵家、王家と縁づくような名家には程遠く、私自身も王政府の一官僚でしかない。  娘は世界一かわいい....
著者 : 大橋和代
小説家になろう

欠けた月のメルセデス~吸血鬼の貴族に転生したけど捨てられそうなのでダンジョンを制覇する~

吸血鬼に転生した主人公。 しかし生まれた家は貴族なれど、母は側室の一人で待遇はお世辞にもいいとは言えない。 母共々ボロ屋敷に隔離され、このままではいつか捨てられるのは明白。 今は継承権があるのでかろうじて生活出来ているが、いずれ家は本妻の子が継ぐだろう。 それはそれでどうでもいいが、とにかく捨てられ....
著者 : 炎頭
小説家になろう

向日葵のあなたが、可愛いと言ってくれたから

着飾る事が嫌いで、長い前髪で顔を隠し、いつも背を丸めて歩くディアナ・キーデンス。 彼女がそうなってしまったのは、幼い頃に投げかけられた意地悪な言葉が切欠だった。 ディアナはそれでいいのだと自分で着飾らない事を選んでいたが、ある日、婚約者のアレク・リネルガが可愛らしい令嬢と一緒に居るところを見てしま....
著者 : 花散ここ
小説家になろう

婚約破棄されたので、本音、ぶちまけました。

婚約破棄されて、悪役に貶められたので、本音をぶちまけました。....
著者 : ファンチ
小説家になろう

【Web版】従弟の尻拭いをさせられる羽目になった

 ルベリア王国で近衛隊に所属していたアルヴィスは、突然国王陛下に呼ばれ、公爵令嬢との婚約を告げられた。その公爵令嬢は王太子の婚約者である。それが何故アルヴィスとの婚約ということになったのか。知らされた事態に頭を抱えたくなるが、アルヴィスはこれを受け入れるしかなかった。  よくある学園の婚約破棄もので....
著者 : 紫音
タイトルとURLをコピーしました