魔物の小説一覧

小説家になろう

勇者の母ですが、魔王軍の幹部になりました。

「第9回ネット小説大賞 コミックシナリオ賞」を受賞致しました。 3月14日10時より漫画アプリ「マンガBANG!」様にてマンガ版が連載されます! 2年前に旦那を事故で亡くし、シングルマザーとなった私は、ある日息子とともに異世界に召喚された。 私達を召喚した人間達は、息子を勇者と呼び、復活した魔王と戦....
著者 : 野山 歩
小説家になろう

悪役令嬢は鏡映しの夢を見る

とあるファンタジー小説の悪役令嬢の身体の中に入った日本人の社畜の魂である「私」。 とうの悪役令嬢は断罪イベントの衝撃で死んでしまったあと。 このままいけば修道院に押し込められ、暗殺されてしまう! 助けてくれる男はいないので魔物と手を組んでどうにかします!! ほぼ一人で奴らをみなごろすタイプの悪役令....
著者 : おみ
小説家になろう

異世界キッチンカー ~オーナー兼運転手は過保護な公爵様⁉︎〜

【完結まで毎日更新予定】 恋人に裏切られ、一人で迎えたキッチンカー『Crepe de Coco』開店初日の早朝、道に迷ったあげく接触事故を起こしてしまったココこと花山瑚子。  幸い大事には至らなかったものの、どういうわけかキッチンカーごと異世界トリップしてしまっていた⁉︎  事故を起こしたショックで....
著者 : くる ひなた
小説家になろう

ブラックパーティーを追放されたボクは、『肉食系』な聖女様と背徳的な行為をしています。

 荷物運びに料理番、索敵に戦術立案。地味ながらも着実にA級冒険者パーティー『ゴールドロータス』を支えてきた狩人の少年ロッカは、ある日突然クビを言い渡された。しかも冒険者ギルドに悪評を流されその後の就活もままならなくなるという意地悪なおまけ付きで。  ロッカはしかたなくソロ活動に打ち込むが、後衛職ひと....
著者 : 呑竜
小説家になろう

プライベートダンジョン  ~これは確かにチートだわ。女子たちの視線が痛いのは何故なのだ!~

 12年前、現実世界にダンジョンというゲームのような異空間が発生して、人にはレベルとステータスが生じた。 ダンジョン産の素材は多くの恩恵を人類にもたらし、特にエネルギー問題は解決される方へと向った。 そして、人々は科学技術の発展によりAIとメタバース技術を享受して豊な生活を営んでいたのである。 そ....
著者 : 猫又花子
小説家になろう

追放された不遇職『テイマー』ですが、2つ目の職業が万能職『配合術師』だったので俺だけの最強パーティを作ります

「お前を追放する」 『テイマー』に就いているアルガは、そう言われて追放された。 魔物を仲間にし、共に戦うことができる職業。それがテイマーだ。 だが、テイマーはいわゆる”不遇職”と呼ばれている。 レベルが上がり強くなればテイム可能な魔物も増えるが、仲間になった魔物と経験値が分散される為にレベルが上がり....
著者 : 志鷹 志紀
小説家になろう

地球がファンタジー世界になったとき、俺は外に取り残された

夜桜律は普通の高校生であったが、ある日、山の中で不思議な光に遭遇し、それ以来『気功』と呼ばれる力を使うことができるようになる。 『気功』の扱いに慣れてきた主人公だったが、突然地球にモンスターが現れ、、、 残酷な描写ありです。苦手な方はお気を付けください。胸糞な拷問とかはないです。....
著者 : ふるえもん
小説家になろう

ウィームの不思議な物語集

見知らぬ橋の向こうや、霧の日の森の奥、もしかしたら箪笥の中や、駅のいつもはない筈のホームからうっかり乗り込んでしまった列車の向かう先にある、ウィームという街の小さな物語集。 魔術の豊かな土地で暮らす人々と、人ならざる者達とのお話です。 一話完結なので、薬の魔物を知らなくても読んでいただけます!....
著者 : 桜瀬彩香
小説家になろう

婚約破棄の途中だがワイバーンだ!

「ジャンヌ、ただ今をもって、君との婚約を破棄する!」 「――!」 舞踏会の最中、聖女ジャンヌの婚約者であり、王太子殿下でもあるマティアスが、唐突にそう宣言した。 ――だがその直後。 「た、大変ですッ!!」 「「「――!!」」」 余程恐ろしいものを見たのか、顔面蒼白の兵士が一人、慌てて会場に駆け込んで....
著者 : まさたま
小説家になろう

異世界国家アルキマイラ ―最弱の王と無双の軍勢―

 VRMMOが実用化した近未来、主人公はとあるゲームをプレイ中、突如としてゲームによく似た世界に転移させられてしまう。  そのゲームとは『国家運営系戦略SLG』であり、人間の王が『魔物の国民』を率いているというコンセプトがあった。  唐突に自我を持ったNPCの魔物達。  彼らは異世界の脅威なども....
著者 : 蒼乃暁
タイトルとURLをコピーしました