何でも奪っていく妹が、どこまで奪っていくのか実験してみた

 「リシェンヌとの婚約は破棄だ!」

 その言葉が響いた瞬間、公爵令嬢リシェンヌと第三王子ヴィクトルとの十年続いた婚約が終わりを告げた。
 
 「新たな婚約者は貴様の妹のロレッタだ!良いな!」

 リシェンヌがめまいを覚える中、第三王子はさらに宣言する。
 宣言する彼の横には、リシェンヌの二歳下の妹であるロレッタの嬉しそうな姿があった。

 「お姉さま。私、ヴィクトル様のことが好きになってしまったの。ごめんなさいね」

 まったく悪びれもしないロレッタの声がリシェンヌには呪いのように聞こえた。実の姉の婚約者を奪ったにもかかわらず、歪んだ喜びの表情を隠そうとしない。

 その醜い笑みを、リシェンヌは呆然と見つめていた。

 まただ……。
 リシェンヌは絶望の中で思う。
 彼女は妹が生まれた瞬間から、妹に奪われ続けてきたのだった……。

※全八話

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました