専業主夫の俺が自殺して、妻がただ悲しむ話

著者:蛮族さん

専業主夫である俺は、日頃妻である仁香のために家事をしている。
だが、いつもいつも俺は失敗ばかりして、仁香に迷惑をかけてしまう。
そしてそのたびに、
「気持ち悪い!」
「ふざけないでよ!」
と、罵声を浴びせられる。
僕はもう限界だよ、さようなら、仁香。
日間ランキング1位達成!

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました