【短編】隣人でハーフな幼馴染が恋する乙女の顔で誰かからプレゼントされたピアスをつけている〜自覚する前に失恋していたはずが、実は両片想いでした?〜

 ある日、幼馴染の『アンネリーゼ』の左の耳に、いつのまにかピアスが光っていることに気がついた。

 ハーフゆえの美しい銀髪の下、彼女の瞳と同じ瑠璃色のピアスに、どうにも惹かれてしまう。

 いつからつけていたのだろうか?
 そんなことを気にしていたら、彼女の友人に「誰かからのプレゼント」であることと、そして彼女が「相手は知らないが、誰かに恋をしている」という情報を聞かされ、ショックを受けた。

 さらに、友人に話を聞かされてようやく自分がアンネリーゼに恋をしていたことを知る。

「……俺、リーゼのこと、好きかもしれない」
「えー、うっそー、自覚してなかったんだ」

 でも、どう考えても俺の恋は始まる前から終わっていた。

 そんな状態から始まる、両片想いのハッピーエンドな話。

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました