婚約者から「婚約破棄? できるものならやってみろ!」と言われたのであなたを信じて婚約を破棄します

 旧家の伯爵令嬢であるマリアは窮乏した実家と領民を助けるため成り上がりの貴族の息子との婚約をすることに。
 まごうことなき政略結婚であった。
 しかし、その日々は婚約者から蔑まれ罵倒される日々の始まりだった。
「婚約破棄? できるものならやってみろ!」
 彼女の足元を見る婚約者。
 そしてその前に現れた一人の男性。
 初めて会ったはずなのに初めて会った気がしなかった。
「わたしを信じて下さい」
 その言葉に彼女は決意する。
 これは領民を思う彼女が救われ幸せになる物語。

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました