悪役令嬢らしいですが、私は猫をモフります

著者:月神サキ

自分が『乙女ゲー転生の悪役令嬢』だと知ったスピカ。
このままだと自分は、破滅の道まっしぐら……なのだけれど、乙女ゲームを殆どプレイしてないのでどのゲームに転生したのか分からない。ならばと考えついたのが
「それなら婚約者の王子をヒロインに譲ればOK?」
お互い恋愛感情をもっていないので、それならそれでいいのでは? なんという名案!
だがそう決めた帰り道、彼女は子猫を拾ってしまう。
しかもその子猫の声が聞こえてきて?
その声が聞こえるのはスピカと婚約者の王子だけ。
気づけばふたりの距離は急接近。
お別れする予定なのに、これはまずい!

愛猫を育てるのに夢中のスピカと、彼女が好きなのにわかって貰えず頑張る王子様の、恋と猫とモフモフが入り乱れるお話です。

悪役令嬢らしいですが、私は猫をモフりますのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました