外れスキル『鑑定眼』は超万能チートスキルでした ~魔道書の力で魔道具が作れるようになったので、訳有りパーティーを最強に導きます~

著者:塩分不足

4/17 日間総合&日間ハイファンタジー1位達成!
タイトル少し短くしました。

外れスキル『鑑定眼』しか持っていない冒険者のシンク。
彼は自分が冒険者に向いていないと理解しながら、必死に努力してパーティーに貢献していた。
しかし、ある日突然「お前は今日でクビだ」とパーティーを追放されてしまう。

その日の帰り道。
ショックの中で立ち寄った行きつけの道具屋で、一冊の古びた本を見つけた。
白紙のページしかない本だったが、鑑定眼で覗いてみると、『魔工の書』という魔道書だったと判明する。
魔道具の作成方法について記された本を読んだことで、新たなるスキル『魔道具作成』を取得。

翌日。
魔道具作成スキルを手に、新しいパーティーに加入する。
可愛らしい女の子だけのパーティーだったが、どうやら訳有りだったらしい。
剣の速度が異常すぎて、どんな剣でもすぐに折れてしまう剣士。
上級魔法しか持っていないけど、魔力量が極端に少ない魔法使い。
目で追えないほどの速度で走れる代わりに、自分で止められず服も全部破けてしまう槍使い。
癖のあるメンバーしかいないパーティーを、シンクの魔道具が最強へと導く!

一方その頃。
シンクを追放したパーティーは、彼を失ったことで思わぬ苦境に立たされていた?

外れスキル『鑑定眼』は超万能チートスキルでした ~魔道書の力で魔道具が作れるようになったので、訳有りパーティーを最強に導きます~のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました