アレクサンダー戦記 ~最強の土魔術士~

 八章からはアレクの無双ターン!

 神から土魔術を授けられたアレクサンダーは、建築会社に就職する。
 しかし、父フォレストが貴族になって領地を拝領したことで、領地の開発を行うことになる。
 貴族である以上は戦いがつきもので、アレクはテルメール帝国の南部方面軍の指揮官を捕縛する。
 王国内では決闘騒動もあって、アレクは英雄として名を上げていく。

 国王の肝いりで軍人になったアレクは、初任務で大戦果を挙げて出世する。次第に大きくなっていくアレクの名声、しかし、そこに帝国軍が……。

   
 建築会社で活躍 ⇒ 土魔術で領地の防御力を上げる ⇒ 戦で戦功を挙げる ⇒ 土魔術で領地を開発 ⇒ 決闘で圧勝 ⇒ 軍人として戦功を挙げる ⇒ 帝国軍が……(今ここ)
  

 一章 : デーゼマン家(家族の紹介章です)
 二章 : 伝説への一歩(フォレストが叙爵されて領地入り)
 三章 : 帝国の陰(帝国の威力偵察部隊と遭遇してアレク瀕死)
 四章 : 防衛(帝国軍を迎え討つ!)
 五章 : 戦後処理(フォレスト陞爵、アレクも褒美をもらう)
 六章 : それぞれの思惑(領内の開発をするぞ)
 七章 : 移民政策(不正発覚!)
 八章 : 軍属(決闘を経て宮廷魔術士の称号ゲット!)
 九章 : 初任務(トルスト教国軍の進軍を阻止せよ!)
 十章 : 帝国進軍(帝国軍が来襲! 王国の領土が切り取られていく……)
 十一章: アレクサンダー・デーゼマンという英雄(英雄のちょっとした話)

アレクサンダー戦記 ~最強の土魔術士~のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました