狂乱令嬢ニア・リストン

著者:南野海風

 この時代において、最も新しき英雄の名は、これから記されることになります。

 素手で魔獣を屠る、|血雨を歩く者《レッドレイン》。
 傷つき倒れる者を助ける、白き癒し手。
 堅牢なる鎧さえ意味をなさない、騎士殺し。
 ただただ死闘を求める、自殺願望者。

 ほかにも暴走お嬢様、爆走天使、暴虐の姫君、破滅の舞踏、などなど。

 様々な異名で呼ばれた彼女ですが、やはり一番有名なのは「狂乱令嬢」の名。
 
 彼女の名は、これより歴史書の一ページに刻まれることになります。
 英雄の名に相応しい狂乱令嬢の、華麗なる戦いの記録。

 そして、望まないまでも拒む理由もなく歩を進めた、偶像の軌跡。

 狂乱令嬢ニア・リストン。

 彼女の物語は、とある夜から始まりました。

狂乱令嬢ニア・リストンのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました