凄く可愛いのに告白されないクールな美少女に言い寄ってみたら甘々な生活が待っていた件

著者:佐々木

羽田涼(はねだりょう)は同じクラスの氷堂姫乃(ひょうどうひめの)に一目惚れした。
姫乃は美少女であるが無表情で塩対応過ぎることから氷姫と呼ばれていて誰も近づこうともしない。
でも、好きという気持ちが抑えきれない涼は教室で姫乃に告白。
逃げられてしまうが、返事を聞きたいために涼は姫乃のことを追いかける。
捕まえて何で逃げたのか問いかけると告白されたのは初めてで恥ずかしいとのこと。
こんな性格だから付き合ってもつまらないと姫乃は言うが、涼は彼女を抱き締めて絶対に離れないと言う。
その言葉が姫乃の心に響いたのか、まさかのベタ惚れ状態。
全然離れようとしないし、甘々な生活が待っていた。

凄く可愛いのに告白されないクールな美少女に言い寄ってみたら甘々な生活が待っていた件のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました