虐げられた令嬢とカエル辺境伯

 リリディアは母親を亡くしてから、継母と義姉をはじめ使用人からも冷遇される日々を送っていた。
 そんなある日、彼女は父親に呼び出される。
 みすぼらしい自分を嫌悪している実父が自分を呼び出すなんて珍しい。
 何かあるな、とは思っていた。

「お前にはヴァルフォン辺境伯の元へ嫁いで貰う」

 ヴァルフォン辺境伯といえば、強力な私設軍を持ち、王の次に権力を有し、ニールデンの盾とも呼ばれている英傑のである。
 しかしその一方でカエル辺境伯と呼ばれ、顔がカエルそのもの、醜い容姿として知られる人物だった。
 
 虐げられた少女とカエル姿の辺境伯が心を通わせ、やがて奇跡を起こす物語。

虐げられた令嬢とカエル辺境伯のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました