今夜、夫に惚れ薬を飲ませます

ヴァレリーには年の離れた夫がいる。政略結婚だったけど、一緒に過ごすうちに夫のことを心から愛するようになった。

でも、二人の関係はまだ本当の夫婦ではなかった。
二人の年齢差は15歳。年下過ぎてそういう対象には見られないかもしれないけれど、ヴァレリーは夫との関係を進めたくて、あれこれと誘惑することにした。肌を少し見せるようなドレスを着てみたり、色っぽいナイトドレスを着てみたり。

どれもこれも効果がなくて――。

切羽詰まったヴァレリーは彼の姉に相談した。
届いたのは一本の惚れ薬だった。

◆◆◆
幼妻が一生懸命に夫を誘惑するお話。年の差が大きいので、お嫌いな方はここでバック推奨です。
内容があってないようなお話なので、ふわっと楽しんでください。

今夜、夫に惚れ薬を飲ませますのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました