聖女認定された幼馴染みが何度旅に出てもすぐに戻って来てしまいます

著者:斎樹

それは俺達が十五歳を迎えた年の、精霊降臨祭の前日のことだった。
職業適性診断の結果、俺は案の定の《農家》だったのに対し、幼馴染みのイリスには《聖女》の適性があると判明したのだ。
このまま村でずっと一緒にいたいと訴えるイリスを説得し、俺は彼女を《聖女》となるべく送り出す。
長く険しい旅の果て、彼女は再び俺のもとへ戻って来てくれるのだろうか……

なろう初投稿です。楽しんでいただければ幸いです。

聖女認定された幼馴染みが何度旅に出てもすぐに戻って来てしまいますのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました