全てを望むあなたと、特筆して秀でたところのない私

全てを捧げよ、とあなたは言った。
隣国の若い王に嫁ぐ第六皇女の私。始まりはわかりやすい政略結婚だった。

全てを望むあなたと、特筆して秀でたところのない私のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました