避けられ令嬢、王宮魔術師を目指します〜条件付き婚約ですが割と甘々生活です〜

著者:陽海

渋々参加した夜会で公爵令嬢シルヴィア・セレスタイトは今まで見たこともないような霊を見てしまう。そしてそれはあろうことか第3王子ヴェントゥス・ウィスタリアに取り憑いていたのだった。
魔術師の家系の娘であるシルヴィアは霊を祓いその場を後にしようとしたが……何とヴェントゥスは婚約者の「フリ」を迫った。

「でしたら私を王宮魔術師にしてくださいませんか」

それはセレスタイト家の夢。見えざるものが見えるせいで避けられてきて迷惑をかけた両親にもそして自分のためにもその夢を叶えたい。ヴェントゥスはそれを聞きある条件を出す。
それは霊から殿下を完全に守れるようにすること。

シルヴィアは王宮魔術師になるため、ヴェントゥスは霊による疲れと面倒な婚約から逃れるため……
シルヴィアは夢を実現するため、婚約者のフリに魔術師の勉強と頑張るのだが……

なぜだかもっと取り憑かれてません?
しかもなんだか甘ったるいというか……殿下は何を考えてるのー!?

これは鈍感令嬢と恋愛に疎めな王子のつかずはなれず時々甘々な夢を追うお話です。

避けられ令嬢、王宮魔術師を目指します〜条件付き婚約ですが割と甘々生活です〜のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました